近藤前理事長の葬儀  

近藤金治前理事長の葬儀のために
田無に直行。

昨夜の寒さに懲りた事務局長は
ホカロンとタイツの重装備で登場です。

N青年部長もそうらしいのですが、
事務局長はズボンの下には何も着ない派です。
(あ、パンツははいてます。)
子供の頃、一冬だけモモヒキをはかされたことがありますが、
こんなバレエダンサーみたいな気持ちの悪いもの、
男が着ていられるか、
と以後はいたことはなく、
ステテコも、その名前からして滑稽なので、はいたことなく、
我が家は購入したことがありません。
どうも下半身に熱があるらしく、
寝る時も足首は布団の外、
事務所は真冬でも裸足にサンダルです。

しかし、多摩方面は都心に比べ3度ほど低いようで、
昨夜は受付で震えあがり、
風邪をひくよりはマシ、とタイツを着けました。
(ももひきもステテコもないのに、
なぜタイツがあるのか、謎です)

にもかかわらず、
この日の田無方面は
風もなくポカポカと暖かく、
拍子抜けでした。

葬儀は滞りなく進み、
喪主の息子さんの挨拶も
よくまとまっていて、
父親への誇りと心情にあふれ、
立派でした。

その後火葬場までお供しました。

亡くなった翌日、
ご自宅を訪れて対面した時、
事務局長の中では
お別れは終わったつもりでおり、
一応日本男児なので、
昨日今日は、
人前で涙を見せないつもりでしたが、
火葬場で不意打ちをくらいました。
最後に棺の蓋をずらした時、
ブログが入っていますよ」
と教えてくれた方がおり、
見ると「今日の食肉組合」と書かれた
一昨日のブログ。
5年前『東京食肉新報』に掲載された
「近藤理事長の来た道」の記事を
ブログに再録したものが
プリントアウトされて、
近藤前理事長の胸のあたりに置かれていたのです。
どっと涙があふれ、もういけません。
とても恥ずかしい姿をさらしてしまいました。

お骨あげ、寺に戻ってのお清めを経て、
事務所に出たのは午後4時半でした。
ものすごく疲れており、
珍しく栄養ドリンクを途中買って飲んだほどです。
今日中に郵送しなければならない書類がありましたので、
それを作り上げました。

昨日のブログでは
組合を王国になぞらえて見えた光景を書きましたが、
今日の先王の葬儀で、
何だか、一つの時代が終わったような気がいたします。
先王の治世を引き継いだ現王も
役員定年制により5月で退き、
新たな王の時代が来ようとしています。
新王に4年間仕えたら、
執事は職員定年制で王国を去ることになります。
あと4年。
長い。
でも、実際はあっという間でしょう。
その時まで健康に気をつけて、
精一杯励むつもりです。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ