休日出勤とヘンゼルとグレーテル  

本日は休日出勤
昨年と違い、今年はやらないつもりでしたが、
新聞の発行日(15日)と連休の関係で、こうなりました。

で、めでたく新聞は終了。
明日発行となります。

夕刻からは、品川プリンスシネマのZEROシアターへ。
ZEROシアターなんて、いつ出来たかと思ったら、
前のアイマックス・シアターのことでした。
巨大な画面をわざわざ小さくして使っています。
ついに、アイマックスは品川でも沈没
新宿でだめなものが品川でうまくいくはずがなく、
やはり日本はアイマックスが受け入れられない土壌ですね。

作品はMETライブビューイングの今年の2作目、
フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」です。

クリックすると元のサイズで表示します

メトロポリタンで元日に上演した作品の中継録画。
客席が映ると、親子連れが沢山観ていました。

実は事務局長、この作品は初めて
CDさえ聴いたことがありません。

原作はグリムで、ものすごく残酷な話です。
読みたい方は、↓をクリック。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001091/files/42315_15931.html

これを大変凝った装置と衣装でやります。
新演出で、とても斬新
でも、あまり楽しめませんでした。
なぜかというと、
全体的に品がないからです。
やはり、オペラは音楽と演出の間から香りが立ち上ってくれないと

劇場は4割程度の入り。
ネットで予約したのですが、
予約の段階で席番号が出ません。
しかも当日でないとチケットがもらえず、
更に、その段階で座席がエリアでしか決まっていないという不思議さ。
あらかじめ印字してあるチケットから係が人数に合うものを探します。
ネット予約の分はある程度良い席だというのですが、
これでは当日早めに来なければなりません。
センターから外れた席しかないので、
事務局長は交渉して、
空き座席のあった後方中央を確保。
これではネット予約の意味がありません。

舞浜のシネマイクスピアリの場合は、
一週間前からネットで受け付け、
その際、エリアを選んだ上で、
座席番号が出ます。
自動的なのが難ですが、
その段階で席が悪いからとキャンセルが可能。
受け付け後は、
いつでも劇場前の機械に
予約番号と電話番号を入れれば、
さっとチケットが出てきます。
実に合理的。
それに比べると、
プリンスシネマ、相当遅れています。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ