済州島三役研修  

6/22〜24の3日間、
済州島にて三役の研修会を行い、
本日無事帰国しました。

参加者はご覧の理事長、副理事長、専務理事7名と事務局長。

クリックすると元のサイズで表示します

芹田副理事長は、ご親類に不幸があったため、
前日キャンセルとなりました。

↓ 一路飛行機は済州島へ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ これ、何だか分かりますか?

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 成田から済州島への密航者発見。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 済州島は東京より南。緯度的には福岡、高知あたりです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ ガイドの李栄玉さんが迎えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 車にも東京食肉組合のサイン。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ さっそく黒豚専門店コギクンヌンサラムドゥルへ。
韓国の食堂では、注文したもの以外に
ご覧のとおりの野菜の漬け物などが山ほど出ます。
この分はサービスで、おかわり自由。
やはり、本場のキムチはうまい。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ ここの黒豚はバークシャーではなく、済州黒豚。六白ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 肉は厚めに切られています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ お姐さんがつきっきりでお世話。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 肉はこうして、はさみでバサバサ切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 済州島は噴火で出来た島で、玄武岩で海岸線は真っ黒です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ ここは「竜頭岩」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 噴火で出来た不思議な形。
確かに竜に似てないこともないます。
近藤理事長は「亀でなくてよかった」と一言。
分からない方は「竜頭岩」の竜を亀に置き換えてみて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

「三姓穴」の見学。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ それこそ、リッシンベンでなくなよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 昔、三人の神がこの穴から生まれたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ そんないわれがアニメーションで見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

民族自然史博物館

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 昔、瓶で水を運んだ姿。
済州島には3つのものが多く、
3つのものが無いといいます。
多いのは風、石、女
無いのは乞食、泥棒、門
風、石は分かりますが、女がなぜ多いかというと、
済州島の女性は大変働き者で、
畑で働いているのは女性ばかり。
男性は家でぐうたらしているので、
女性ばかり目について、女が多いと思われた、といいます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ この石像は守り神、トルハルバン
対になって、あらゆるところの入り口に置かれています。
う〜ん、I支部長に似ている。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 宿泊したのは、KALホテル

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 夜は海鮮鍋

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 済州島は島ですから、海産物が豊富です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 無料のキムチ等がここでも付きます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ これはチヂミ。

クリックすると元のサイズで表示します

食べ歩きの旅かと誤解した方。
安心してください。
翌日は黒豚農場の見学と研修会です。

明日に続く




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ