台湾の新幹線  旅行関係

台湾の新幹線、台湾高速鉄道。
3月に台北まで開通したばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します

台湾島を南北に走る鉄道の背骨。
時速300qで、台北〜高雄間を最短90分。

クリックすると元のサイズで表示します

「月台」とは、プラットホームのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これがチケット。カード式です。隣の板橋駅までの7分間の旅。40元は約160円。

クリックすると元のサイズで表示します

日本と違うのは、↓待合室で待たされて、時間が来ないとホームに入れないこと。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これが台湾新幹線の勇姿です。

クリックすると元のサイズで表示します

中は日本の新幹線そっくり。のぞみ700系が原型です。

クリックすると元のサイズで表示します

座席は2・3の編成。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ちゃんと回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓前の座席の背中のテーブル。

クリックすると元のサイズで表示します

↓棚も、

クリックすると元のサイズで表示します

↓背広のフックも、ことごとくそっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

違うのは、ドアが押しボタン式であること、

クリックすると元のサイズで表示します

大きな荷物を置く場所があること、

クリックすると元のサイズで表示します

手を洗うところが

クリックすると元のサイズで表示します

トイレ内部にあること、くらいでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

などと探索している間に、あっという間に板橋駅に。
車内販売が来るひまもありません。

クリックすると元のサイズで表示します

この間、ずっと地下。東京駅から上野駅まで行ったようなもので、
スピード感は全く味わえませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、駅構内の広いこと。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなスペースが必要なのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

それとも、戦争が起こった時の地下壕?

クリックすると元のサイズで表示します

スケボーをしたがる気持ちは分かりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

日本ではすぐ係がとんで来るでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

構内のセブンイレブン。台北ではいたるところにセブンイレブンがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

店内では、新幹線グッズを。

クリックすると元のサイズで表示します

関東煮、つまり、おでんはどこのコンビニでも売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

もし、新幹線に乗る方は、もう一つ先の桃園までどうぞ。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ