小説『空白の家族』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

堂場瞬一による
警視庁犯罪被害者支援課シリーズの「7」。

犯罪被害者支援課とは、
文字通り、犯罪の被害者の精神的ケアをする部署。

その課員、村野は、
新任の課長のことなかれ主義と、
これも新任の若い川西の数字統計至上主義に
鬱憤が貯まっていた。

そんな時、誘拐事件が発生する。
さらわれたのは、人気子役の橘愛花。
まだ小学生だが、ドラマと映画で人気沸騰中だ。
その家族の精神的ケアのために支援課は働くことになるのだが、
村野には冷静に対処できない事情があった。
というのは、愛花の父親の仲岡が、
10年前、被害額10億に及ぶ未公開株詐欺事件の犯人の一人で、
当時、村野は仲岡と接触している。
仲岡は、進んで仲間を売り、
その結果、執行猶予判決を得たという「クズ男」だ。
執行猶予期間を過ぎ、
今は更生して、飲食店のチェーンを経営しているが、
犯罪の直後に離婚され、愛娘の愛花とは、
テレビの画面でしか会えない状態だ。

その仲岡が誘拐事件発生により、関わってこようとする。
家族は拒否するが、
5千万円の身代金を調達し、
その受け渡し役も買って出る・・・

一方、村野は、別な案件に関わっていた。
漏電による出火で、一人住まいの老女が焼死した。
しかし、夫に連絡しても「関係ない」の一言で、接触さえしない。
息子と連絡を取って、父親を説得し、
遺体を引き取らせ、葬儀を出すが、
その家族は「壊れた家族」だった。
次男が自殺したのを契機に、
母親が新興宗教に入り、
一家は断絶してしまったのだ。

愛花の家庭も、事件によって「壊れた家族」だった。

やがて、村野は、
二つの事件の共通項を見出し、
二つの線が一つに絡まってくる

面白い。
話の構成も巧み。
二つの事件の真相が見えて来るあたりはスリリング。
そして、誘拐犯逮捕の物的証拠の仕掛けがなかなかいい。

おそらく映画化されたら、
なかなかの作品になるだろう。

村野が被害者の家族から叱責されて反省を述べるセリフ。

「私は今まで、多くの被害者家族と向き合ってきました。
結果的に言えるのは、
やはり人の悲しみは理解できない、ということです。
自分が被害者にならない限り、分からないでしょう」





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ