常務会  

本日は常務会

その前に開催される三役会では、冒頭、
2週間後に行く済州島黒豚研修の説明を旅行会社から受けました。
事務局長を含め、済州島は全員が初めて。
海外旅行が初、という方も3人おり、
有意義な旅になりそうです。

常務会の議題は
寄贈肉、組織強化事業、特販事業、夏期豚価対策
などの例年の行事に加え、
青年部のあり方、エコバッグキャンペーンという青年部がらみの議題がありました。

青年部のあり方、は青年部の役員会、総務部会で検討したもので、
10日の青年部総会で決めるものです。

今回は「検討すべき課題について」という議題がありましたが、
これは、遠からず措置しなければならない諸問題をあげて、
今から共通認識を持って一緒に考えましょう、と提起するもので、
内容は

@理事長の任期制
Aギフト券の流通形態変更への対応
B保険掛金値上げへの対応
C共済年金の4年後への対応
D共助会の今後


という5点。

@は、
4年前に役員の定年制を導入して組織の活性化が達成されたことを受けて、
理事長の任期に制限をつけたらどうか、
という話。
長期政権はマンネリを生むことから、
たとえば2期4年という制限をつけて、
新陳代謝、世代交代、人心一新をはかろうとするもの。
これは近藤理事長みずからの提起で、
当事者では決定が難しいので、
来年定年で退任する自分の時に
決めておきたいという意向です。

これに常務理事以上にも任期制限を、
という案を重ねてしまったために、
議論は少し拡散しすぎたようで、
今後の議論では理事長の任期制限と
それ以外の役員のものとは分離して議論した方がよさそうです。
この件は来年2月頃までの間に総務部で議論し、
その都度、常務会に投げかけていきます。

Aは、
全肉連が「お肉のギフト券」の流通範囲を
スーパー等にも拡大していく
方向性を決定したのを受けて、
東京の組合としてどう対処していくかを検討するもの。
これは事業部で議論していくことになります。

あとの3つは全て厚生部会で取り扱う案件。

Bは、
福祉共済保険の値上げは必至なので、
その時、組合としてどこまで影響を少なくできるか、
という話。
値上げをそのまま加入者に転嫁すれば簡単ですが、
加入者の減少につながります。
そのために既に1億円の資金運用を開始しており、
それでどれだけ補えるか、
さらに一歩踏み切った措置ができるか、が検討課題。
秋のキャンペーンが始まるまでには決めなければなりません。

Cは、
組合の年金は
平成12年の千代田生命の破綻により不自由なものになっており、
年齢満了や退職以外の理由で途中解約すると
減額される「早期解約控除」が適用されます。
これは更生手続きの過程で裁判所が決めたことなので、
従う他ないのですが、
初年度20パーセントだったのが
毎年2パーセントずつ低下して
現在の19年度は8パーセント、
23年4月からはゼロ
つまり、いつ解約しても減額さることなく給付を受けることができるようになます。

この10年間、制度的にも動きが取れなかったのですが、
4年後に「早期解約控除」という枷が外れるので、
年金制度を一度見直してみよう、
という提起。
昔利率が5〜6%あった頃は有利な制度で、
当時の人は掛金が倍加した人もいますが、
今の予定利率わずか1%では加入者に不利な面もあるので、
その実態を正確に把握した上で
方向を決めようというものです。
1〜2年かける長期の議論になります。

Dは、
組合がやっている「共助会」は法律違反、というとんでもない話。
これは数年前、東京都が言ってきたことで、
出資組合でないと共助会はできないといいます。
組合の前身である商業組合の時から50年以上やっている制度で、
今頃なぜ? と不思議。
一方、加入者からお金を集めて死亡時お金を出す、
というやり方は、このままでは保険業法にも違反するそうで、
まさか法律違反を放置しておくわけにはいきません
共助会には1億円の資産があり、
これを解散して分配するなど、不可能ですから、選択肢としては排除。
従って、その資産と仕組みを生かして、
どれだけ組合員のために良い制度を持続できるか

という提起です。
これについては方向性を
秋の台湾の理事・支部長会では出したいと思います。

というわけで、
今日結論を出すわけではなく、
内容を把握するための議題です。

数年先のことを見越して情報を共有し、
十分な議論をして
どれだけ組合員にプラスの決定をできるかは大切なことです。

最後は
安井潤一郎衆議院議員
「スーパーおやじのまちづくりセミナー」への協力。

クリックすると元のサイズで表示します

組合顧問の保坂三蔵参議院議員が来賓で実施しますので、
お近くの組合員は是非参加して下さい。
時間も夜の8時から1時間、と
参加しやすい設定にしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ