映画『ピース・ニッポン』  映画関係

[映画紹介]

日本は自然に恵まれている。
それは、日本の存在する
奇跡に近いような位置が
その原因を作っている。
北過ぎず、南過ぎず、
北緯20°から46°の間という絶妙な位置が
四季の巡りをもたらす。
そして、大陸の東、南北に細長い土地が
多彩な風土を作り上げる。
春には春のよさがあり、
夏には夏の輝きが
秋には秋の趣が
冬には冬の厳しさが現れ、
その自然の変化の中で
日本人の感性が磨かれた。

そんなことを感じさせる映画が「ピース・ニッポン」だ。

クリックすると元のサイズで表示します

「日本の美しい景色を後世に遺したい」
東日本大震災を経験した日本を愛する映像作家たちの
そんな想いから、この映画は生まれたという。
「日本人がまだ知らない“本当の日本の美しさ”」をテーマに、
約8年間の製作期間を費やし、
全国47都道府県、200カ所以上で撮影した映像を、
「TAJOMARU」などの中野裕之がまとめたもの。
百年先にも、千年先にも伝えていきたい景色の数々で、
あまりに美しく、あまりに繊細な風景に
日本人なら心をつかまれるだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人の自然観に迫る「日本人の精神」
季節の変化を描く「日本の四季」
日本列島の絶景を辿る「一期一会の旅」
という3つの柱でで構成され、
全国のおなじみの、また稀少な風景を映し出す。
これがまた素晴らしい。

熊本地震のため今は見ることができない天空の道
インカ道のようなものがあったことを初めて知った。

クリックすると元のサイズで表示します

盆地からあふれる霧が町を覆う肱川あらし
本当に幸運の持ち主だけが観ることの出来る光景だ。

クリックすると元のサイズで表示します

虹色に輝く華厳の滝をはじめとする様々な滝。
北海道の雄大な釧路湿原
紅に染まる秋の瑠璃光院

クリックすると元のサイズで表示します

春には桜が全国に広がり、

クリックすると元のサイズで表示します

夏には新緑が生き物の香りを伝え、
秋には紅葉が山々を飾り、
冬には雪の白さが町を覆う。

そして、富士山が日本人の心のふるさととして、
日本列島の中央に存在する。

クリックすると元のサイズで表示します

地震や台風という自然災害に常におびやかされながら、
守ってきた自然の美しさ。
夜空と海中さえ美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

こうした美しい自然が
日本人の感性を磨き、
精神を作り、
文化を生んだのだなあ、と改めて知ることになる。
日本に生まれたことの幸福
再び感じさせてくれる映画である。

クリックすると元のサイズで表示します

小泉今日子と東出昌大がナビゲーターを担当。
今どきのドキュメンタリーとは思えぬほど
ナレーションが多い。
ひっきりなしに語りかけられる感じ。
過剰を抑え、
もう少し控え目にはならなかったのだろうか。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/yS2VS4lEOls

ドローン空撮の予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/kyrUKqHo7-Y

新宿バルト他で上映中。

タグ: 映画



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2018/8/12  23:36

 

素晴らしいいいから見とけ、って作品です 続きを読む… 




AutoPage最新お知らせ