危険な空港世界トップ10  旅行関係

世界中には、
とんでもない立地で
危険極まりない空港がある。
今回は、

どうしてそこに作ったの?
信じられない場所にある
「世界の危険すぎる空港」トップ10
を紹介。

最後にそれらの空港を動画でご覧下さい。

10位. マデイラ空港(ポルトガル)

クリックすると元のサイズで表示します

高い山と海に囲まれた上に、
短い滑走路しか持たないこの空港は、
着陸時に曲芸的な操縦を要求する、
「ヨーロッパの啓徳空港」とまで呼ばれる悪名高い空港。

9位.プリンセス・ジュリアナ国際空港(オランダ領シント・シントマールテン)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エメラルドブルーのカリブ海に面するマホ・ビーチ上空から
滑走路端のビーチを
高度20〜30m程度で通過しながら着陸する。
浜で遊ぶ人々の頭をかすめる、そのものすごさは、
最後の動画で確認を。

8位. ロスロケス空港(ベネズエラ)

クリックすると元のサイズで表示します

8位.啓徳空港(香港)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

滑走路をオーバーランして海中に突入したり、
着陸時にしりもちを起こすなどの小さな事故は多かったものの、
パイロットが緊張するためか、
着陸に失敗し市街地に突っ込むような事故は皆無。
それでも、乗客が死亡したり海中突入などの事故が
わかっているだけで8回起きている。
(現在は廃港して、船の寄港地になっている。)

6位.ジブラルタル空港(イギリス海外領土)

クリックすると元のサイズで表示します

パイロットが選ぶ危険な空港でヨーロッパの1位に選ばれている。
ジブラルタルの岩山「ザ・ロック」がそばにあり、
東側からの進入はザ・ロックの崖の横にある滑走路への進入が必要。

5位.クールシュヴェル飛行場(フランス)

クリックすると元のサイズで表示します

傾斜した短い滑走路を持つことで知られている。
空港へのアプローチは
深い谷間を通るという危険なもので、
この飛行場で離着陸する操縦士には、
山岳地帯の飛行に関する特別な免許が必要。
空港開設以来、何回かの事故も発生している。

4位.トンコンティン国際空港(ホンジュラス)

クリックすると元のサイズで表示します

2008年5月30日、
エルサルバドル国際空港からの
TACA航空390便がオーバーランして着陸に失敗した。

3位.グスタフV世飛行場(フランス領サン・バルテルミー島)

クリックすると元のサイズで表示します

短い滑走路や、ビーチや道路上を通過する進入路が特徴的。
小高い丘が多い小さな島の中で
滑走路を設定することのできる狭い平地に立地するため、
滑走路が650mしかない。

2位.ファンチョ・E・ヨラウスクィン飛行場(オランダ領サバ島)

クリックすると元のサイズで表示します

全長約400mという世界一短い滑走路を持つ商業空港。
滑走路両端は、
約20mの断崖絶壁で海へと切り落とされており、
離着陸時にオーバーランすればただちに崖から海に転落することになる。
驚くべき事に今まで一回も大きな事故が起きた事はない。
短い滑走路のためジャンボ機は着陸不可。
(現在は公式には廃港)

1位.テンジン・ヒラリー空港(ネパール)

クリックすると元のサイズで表示します

滑走路の目の前に建物が!!!
公式にわかっているだけでも9回の事故があった。
滑走路全長は460mしかなく、
短く傾斜した滑走路は
世界で最も高度な着陸が要求される空港の一つである。
ヒストリーチャンネルで放送された
「最も過激な空港ランキング」でも1位にランクされた。


これらの空港の動画は↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?v=UFzrNAU3Szo&feature=player_embedded






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ