『マイ・インターン』  映画関係

〔映画関係〕

クリックすると元のサイズで表示します

ベンは定年退職後、
妻にも先立たれ、
何も起らない生活に鬱々としていた。
そんな時、ファッション通販サイトの
シニア募集プログラムに応募し、面接に合格。
配属されたのは、
このサイトを立ち上げた女性社長のインターン(見習い)だった。

クリックすると元のサイズで表示します

最初は無視され、仕事も任されずの毎日だったが、
ひょんなことから社長の車の運転を代行することになって・・・

クリックすると元のサイズで表示します

予告編を観て、何だか観終えたようになってしまい、
観る気も起きなかったが、
評判がいいので、観てみたら、正解

若者ばかりの職場で
年の功を発揮して周囲の問題を解決してやり、
信頼を獲得し、会社の潤滑油になっていく
70歳の熟年を
ロバート・デ・ニーロがさすがのうまさで演じきる。

クリックすると元のサイズで表示します

実際は深刻な年齢なのだが、
それを感じさせない好人物をさらりと演ずる。
いつものアクの強い悪人役から
普通のおじさんを演じて、やはり抜群のうまさ。

対するアン・ハサウェイは、

クリックすると元のサイズで表示します

自身が立ち上げた会社のために
夫を専業主夫にしてしまい、
会社を大きくするためにCEO(Chief Executive Officer 最高経営責任者)を
雇うことを勧められて迷う経営者であり、
ママである女性役を上手にふくらます。

様々な出来事を通じて
経験豊かなベンの力を借り、
二人の間には友情が芽生えていく過程を納得させていく。
周囲ベンに秋波を送るマッサージ師や
社長の秘書との付き合いに悩む同僚など、
上手く配して笑わせる。

クリックすると元のサイズで表示します

ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイという
二大アカデミー賞俳優を使って、
上手に味付けされたコメディで、
終わった後、
良い素材を生かした
とても美味しい料理をたべさせてもらった、と感じられた。
脚本・監督は「恋愛適齢期」のナンシー・マイヤーズ

5段階評価の「4」

https://www.youtube.com/watch?v=eMs-qYM_AeM&feature=player_embedded

タグ: 映画



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ