スペイン・ポルトガル旅行記E トレド  旅行関係

4日目の午後は、トレドに向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

1561年のマドリッド遷都まで都として栄えた古い町で、
「古都トレド」として、町全体が世界遺産に登録されています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、プロの撮った写真。

クリックすると元のサイズで表示します

三方をタホ川に囲まれた自然の要害で、

クリックすると元のサイズで表示します

これが町の一番高い丘にあるアルカーサルと呼ばれる要塞跡。
今は、軍事博物館です。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一つ目立つ建物が大聖堂

クリックすると元のサイズで表示します

川にかかる橋。

クリックすると元のサイズで表示します

560年に西ゴート王国の首都となたったトレドは、
711年から約400年間にわたって
イスラム教徒の支配下に置かれました。

クリックすると元のサイズで表示します

1085年の再征服後も
1492年に追放されるまで
イスラム教徒は居残りました。

クリックすると元のサイズで表示します

町に入るのは、ここから。

クリックすると元のサイズで表示します

私はマドリッドとトレドは二度目。
前回の時には、このエスカレーターはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

階段で行くことも出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

かなりの長い距離をエスカレーターで登り、

クリックすると元のサイズで表示します

上からの見晴らしは、こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

町の中は細い露地が縦横に走り、
まるで迷路です。

クリックすると元のサイズで表示します

古いままの町並みで、
「16世紀で歩みを止めた町」と言われます。
奈良と姉妹都市です。

クリックすると元のサイズで表示します

ところどころ車が駐車していますが、

クリックすると元のサイズで表示します

神業的な止め方です。

クリックすると元のサイズで表示します

キリスト教徒、イスラム教徒と共に住んでいたのがユダヤ人。
従って、この町には3つの宗教文化が混在しています。
↓は、ユダヤ人街。

クリックすると元のサイズで表示します

この町で迷ったら、住むしかない、とはガイドの言葉。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人ガイドは慣れからか悪すれしており、
イヤホンガイドを通じて、
傍の人との雑談が流れ、

クリックすると元のサイズで表示します

添乗員がたまらず、
「町の説明をして下さい」
と注意する始末。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、バルセロナの日本人ガイドも
慣れきった悪い面が出ていました。
ガイドには何百回目かでうんざりしていても、
聞く方は初めてなのをお忘れなく。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、サント・トメ教会

クリックすると元のサイズで表示します

内部は撮影禁止ですが、
ここには、エル・グレコの傑作
「オルガス伯爵の埋葬」があります。
買った写真集から転載。

クリックすると元のサイズで表示します

1312年の伯爵の埋葬の時、
聖アウグスティヌスと聖ステファヌスが
亡骸を葬るために現れた、
という奇跡を描いています。
2列目の左から6番目の人がエル・グレコ自身。
手前の子供は彼の息子です。

エル・グレコは「ギリシャの人」という意味。
システィナ礼拝堂のミケランジェロの天井画を見て、
「自分に描かせれば、もっとうまく描く」
と生意気を言って、スペインに逃れて来ました。
冗談じゃありません。

↓がカテドラル

クリックすると元のサイズで表示します

スペイン・カトリックの総本山

クリックすると元のサイズで表示します

高さ90mの鐘楼。

クリックすると元のサイズで表示します

イスラム支配時代のモスク跡に建ち、
1227年に着工、1493年に完成。

クリックすると元のサイズで表示します

その前が市庁舎。
お祭りで、ガリバーのような大きな人形が飾られています。

クリックすると元のサイズで表示します

お祭りでは、
銀と金製で、
5600の宝石がちりばめられた
この聖体顕示台

クリックすると元のサイズで表示します

この幕の下を進みます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな店がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、後は、こんな建物を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

元のエスカレーターに戻って終わり。

クリックすると元のサイズで表示します

ろくな説明もせず、
サント・トメ教会をちらりと覗いただけで、
あとはカテドラルも入らずに、
町の露地をうろついて終わりとは、
手抜き観光と言われても仕方ありません。

そこで、写真集からの写真で町を紹介。

城壁

クリックすると元のサイズで表示します

アルカンタラ橋

クリックすると元のサイズで表示します

町に入る門の一つ、アルカンタラ門

クリックすると元のサイズで表示します

ブエルタ・デ・ソル門

クリックすると元のサイズで表示します

カテドラル。

クリックすると元のサイズで表示します

正面の門。

クリックすると元のサイズで表示します

門の彫刻。

クリックすると元のサイズで表示します

回廊。

クリックすると元のサイズで表示します

修道院への出入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

トランスパレンテ。

クリックすると元のサイズで表示します

丸天井に開けられた光の入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

参事会室。

クリックすると元のサイズで表示します

エル・グレコによる主祭壇画。
イエスがはりつけになる前に
衣裳を取られる様子。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、前回訪問の時に観ました。

サン・ルイスの聖書と呼ばれる手書きの写本の
第1ページの天地創造。

クリックすると元のサイズで表示します

石造りの天使隊。

クリックすると元のサイズで表示します

ステンドグラス。

クリックすると元のサイズで表示します

大聖堂の夜景。

クリックすると元のサイズで表示します

サン・ファン・デ・ロス・レイエス教会

クリックすると元のサイズで表示します

その主祭壇。

クリックすると元のサイズで表示します

その回廊。

クリックすると元のサイズで表示します

サン・セバスチャン教会

クリックすると元のサイズで表示します

サン・アンドレス教会

クリックすると元のサイズで表示します

サンチアゴ・デ・アルバル教会

クリックすると元のサイズで表示します

その主祭壇。

クリックすると元のサイズで表示します

町中に教会があるのは、
奈良の町中にお寺があるのと同じです。

アウグスチーナ・カルサーダ教会の主祭壇。

クリックすると元のサイズで表示します

アルカーサル

クリックすると元のサイズで表示します

その中庭。

クリックすると元のサイズで表示します

コメルシオ通りから見たカテドラル。

クリックすると元のサイズで表示します

市役所の夜景。

クリックすると元のサイズで表示します

トレドの夜景。

クリックすると元のサイズで表示します

トレドは素敵な町です。
一度、ゆっくり訪れてみたい。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ