スペイン・ポルトガル旅行記B タラゴナ  旅行関係

バスは、バルセロナを発って
カタールニヤ地方を南下。

クリックすると元のサイズで表示します

タラゴナまでは特に何もないので、
スペインの歴史の概要をおさらいしましょう。

120万年前には
イベリア半島に人類が居住していたことが分かっています。
有史以前の最もよく知られた遺物が
北部カンタブリア州のアルタミラ洞窟壁画で、
これは紀元前1万万5千年の物です。

クリックすると元のサイズで表示します

紀元前202年、
第二次ポエニ戦争(ローマとカルタゴの戦争)の和平で
ローマは支配を半島のほぼ全域へと広げ
ローマの支配はその後500年以上続くことになります。
原住民のケルト人やイベリア人はローマ化されてゆき、
キリスト教は1世紀に伝えられ、2世紀には都市部に普及しました。
現在のスペインの言語、宗教、法原則のほとんどはこの時期が原型となっています。

ローマの支配は409年にゲルマン系諸族が侵入して終わりを告げます。
西ゴート王国治下の589年にトレド教会会議が開催され、
国王レカレド1世がカトリック教会に改宗し、
以後イベリア半島のキリスト教の主流はカトリックとなります。

711年に北アフリカからイスラーム勢力が侵入し、
西ゴート王国は718年に滅亡。
この征服の結果イベリア半島の大部分がイスラーム治下に置かれます。
首都コルドバは当時西ヨーロッパ最大の都市となり、
最も豊かかつ文化的に洗練されていました。
他方、キリスト教勢力はイベリア半島北部の一部に逃れて
アストゥリアス王国を築き、
やがてレコンキスタを始めることになります。

レコンキスタ(再征服運動:Reconquista)は
数百年にわたるスペイン・キリスト教諸国の拡大です。
1085年にトレドを奪取し、
キリスト教諸国の勢力は半島の北半分に及ぶようになります。
1236年にコルドバが、
1248年にセビリアが陥落します。

1469年、イサベル女王とフェルナンド国王の結婚により、
カスティーリャ王国とアラゴン王国が統合されと、
再征服は最終段階となり、
1492年にグラナダが陥落。
これによって、781年に亘ったイスラーム支配が終了しました。

この年、イサベル女王が資金を出した
クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に到達しています。
イサベル女王とフェルナンド国王は中央集権化を進め、
またローマ時代のヒスパニア(Hispania)を語源とする
エスパーニャ(España)が王国の総称として用いられるようになりますた。
政治、法律、宗教そして軍事の大規模な改革が行われ、
スペインは史上初の世界覇権国家として台頭することになります。

16世紀前半にフランシスコ・ピサロをはじめとする
スペイン軍がアステカ文明、マヤ文明、インカ文明など
アメリカ大陸の文明を滅ぼします。
スペイン帝国はその最盛期には
南アメリカ、中央アメリカの大半、メキシコ、北アメリカの南部と西部、
フィリピン、グアム、マリアナ諸島、
北イタリアの一部、南イタリア、シチリア島、北アフリカの幾つかの都市、
現代のフランスとドイツの一部、
ベルギー、ルクセンブルク、オランダを領有していました。

クリックすると元のサイズで表示します

↑赤はスペイン領、青がポルトガル領。

ハプスブルク朝のカルロス1世とフェリペ2世の治世が最盛期であり、
スペインは初めての「太陽の没することなき帝国」となります。
この時期はスペイン黄金世紀と呼ばれます。

1588年のアルマダの海戦で
無敵艦隊が英国に敗れて弱体化が始まり、
様々な戦争がスペインの国力を消耗させ、衰退を加速させました。
1659年にはフランスとのピレネー条約を不利な条件で締結するなど、
スペインの黄金時代は終わりを告げました。

1939年から1975年まで
フランシスコ・フランコ総統独裁下のフランコ体制下時代でした。
1975年にフランコ将軍が死ぬと、
王政復古がなされますが、
フアン・カルロス国王は専制支配を継続せず、
スペイン1978年憲法の制定により民主化が達成され、
スペイン王国は制限君主制国家となって、今に至っています。

という駆け足の歴史ですが、
ローマの支配→イスラムの支配→王国の成立と世界制覇
→衰退→フランコ将軍独裁→王政復古
というのが大体の流れです。

木々の間から見えて来たものは?

クリックすると元のサイズで表示します

このような道を通って、

クリックすると元のサイズで表示します

この入り口を通り、

クリックすると元のサイズで表示します

けものみちを上って行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

ラス・ファレス水道橋

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ時代の水道施設。

クリックすると元のサイズで表示します

上を通れます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「タラゴナの遺跡群」という世界遺産の一部を構成。

クリックすると元のサイズで表示します

タラゴナは、紀元前218年、
イベリアで最初にローマの植民地になった町。

クリックすると元のサイズで表示します

この橋はタラゴナへ水を引くための施設で、

クリックすると元のサイズで表示します

「悪魔の橋」という別名を持っています。

クリックすると元のサイズで表示します

残っている部分は
高さ26m、全長217m。

スペインではセゴビアの水道橋に次ぐ規模です。

クリックすると元のサイズで表示します

40pの傾斜しかなく、
傾斜角0.2%を利用して、
水を供給したというから驚きです。

クリックすると元のサイズで表示します

この他、タラゴナには、
ローマ円形競技場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

水源を求め、
地形を確認し、
設計し、
建設し、
実際に水を流し、
町にがもたらされた時の
関係者の歓びはいかばかりだったでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、それらの想いも
歴史の中に埋没し、

クリックすると元のサイズで表示します

今は遺跡としてしか残っていません。

クリックすると元のサイズで表示します

はるか東の国、日本から来た観光客が

クリックすると元のサイズで表示します

「すごいね」と言いながら通り過ぎて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

橋を何も語りませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

何を想うのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

はるか時代に想いを馳せた時間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

再び窓外にカタルーニャの風景。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中ガソリンで見たお菓子。
ポッキーが、こちらでは「ミカド」と命名。

クリックすると元のサイズで表示します

ヨーロッパではコンビニは普及せず、
ガソリンスタンドがコンビニの形態を持っています。

それにしても、
コーラが3ユーロ(420円)とは。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、バスはマッサルファサールの町に。

クリックすると元のサイズで表示します

実はこの町、地図に載っていません。
「地球の歩き方」にもありません。
要するにバルセロナから
マドリッドへの中継で、
時間的な問題から、宿泊地として
トラピックスが組んだようです。

そのホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プールがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、普通。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食はホテルで。

クリックすると元のサイズで表示します

また、このサラダですか。

クリックすると元のサイズで表示します

シーフード。

クリックすると元のサイズで表示します

隣にカルフールがあることは、
事前に諸旅行記を読んで知っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

広い。

クリックすると元のサイズで表示します

何でもある上に、

クリックすると元のサイズで表示します

安い。

クリックすると元のサイズで表示します

魚売り場に

クリックすると元のサイズで表示します

肉売り場。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ソニーも頑張っています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、

クリックすると元のサイズで表示します

寿司用の米。

クリックすると元のサイズで表示します

海苔巻きのキット。

クリックすると元のサイズで表示します

海苔も売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

キティちゃんも。

クリックすると元のサイズで表示します

コーラは、ここでは110円と安い。

クリックすると元のサイズで表示します

その他の飲料も適正価格。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上の方に置かれた缶は、いつ売られるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

スペインですから、生ハムです。

クリックすると元のサイズで表示します

すごい量です。

クリックすると元のサイズで表示します

スライスを買い求めて、
ホテルで食べましたが、
あまりしょっぱくなく、美味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人にはなじめないスタイル。

クリックすると元のサイズで表示します

カートも大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

レジ。

クリックすると元のサイズで表示します

カルフールと共にが更けていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

明日はクェンカへ。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ