アイスランドの旅2・オーロラを観ました  旅行関係

済州島に行っていた娘は、
今日戻るはずが、
台風の影響で飛行機が飛ばず、
1泊追加になりました。
やれやれ。


さて、アイスランドの3日目は、移動日。
ミヴァトン湖からホープンまで400q、
約8時間の旅です。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは、↓の大型バス。
運転手さんはベテランの上手な方で、安心して乗っていられました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅行は阪急交通社のトラピックス
最少催行人数15名のところ、
34名でしたから、
旅行会社としては、効率の良い旅行となりました。

内訳は11組がご夫婦の参加、
2組が女性の友人同士、
8人が一人参加で、男性6、女性2で、
男女比が共に17人で、1:1というのも珍しい。
年齢を聞いたわけではありませんが、
見た目で、8割方が高齢者。
確かに10日間の旅行というのは、
勤めている方にはなかなか難しく、
やはり定年退職者が沢山を占めることになります。

アイスランドに来ようなどという人は、
あちこち旅行をして来た方が多く、
中にはヨーロッパ四十数カ国を全部制覇して、
アイスランドが最後、という方や
ヨーロッパはあと3カ国を残すのみ、
という方もいます。
世界遺産を既に100個という方も。
自営業の方で、
2カ月に1回の頻度で御夫婦の旅行を繰り返し、
年間500〜600万円を使っているという方も。
20年も続けているというから、
1億円旅行に使っていることになります。

そういう旅行三昧の方でも、
アイスランドは最後の最後に来る場所のようです。

さて、バスは、
↓のような光景が窓外にずっと続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

アイスランドは1億年前の火山の噴火で出来た島で、
基本的に大地は溶岩で出来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

月面と似ている、
ということで、

クリックすると元のサイズで表示します

アームストロング船長らが
アイスランドで訓練をしたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは頻繁にトイレ休憩で、
お土産物屋やスーパーに止まります。
↓は、荒野の中にある土産物店。

クリックすると元のサイズで表示します

店頭には、犬と羊が置物のように。

クリックすると元のサイズで表示します

耕作器械は何に使うのか。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根には芝生が。

クリックすると元のサイズで表示します

直前に放送された「世界ふしぎ発見!」で、
「アイスランドの伝統的な家で
屋根に使われているものは?」

という質問に対する答えがこれ。
森林がなく、
木材が貴重なアイスランドでは、
このような工夫がされました。
断熱効果があるだけでなく、
根を張ると丈夫になる、
という利点もあります。
ノルウェーでも同様なものを見ましたから、
ヴァイキング時代の伝統なのかもしれません。

↓その側にあった教会。

クリックすると元のサイズで表示します

山岳地帯を抜けると、
緑が増えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

羊たちが沢山。

クリックすると元のサイズで表示します

草が足りなそう。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食を食べたレストラン。

クリックすると元のサイズで表示します

作家グナル・グナルソンの家を改造したそうで、
2階が記念館になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

執筆したデスクも保存されています。

クリックすると元のサイズで表示します

なにやら発掘もされたらしく、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな展示も。

クリックすると元のサイズで表示します


途中、ハトルオルムススタズゥル森林公園に立ち寄りました。

クリックすると元のサイズで表示します

木屑で遊歩道が出来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

森林がごく少ないアイスランドで、貴重な森林。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、人の気配がありません。

クリックすると元のサイズで表示します

アイスランドでは何百年も前に山林が絶え、

クリックすると元のサイズで表示します

全ての木が切り倒されたと思われていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

懸命の保護活動が続けられているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

森林公園は、ラーガルフリョゥト湖に接しています。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり大きな湖で、波が高い。

クリックすると元のサイズで表示します

このような細長い形の湖です。

クリックすると元のサイズで表示します

湖に虹が出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは東海岸をフィヨルド沿いに進みます。
トイレ休憩で立ち寄った港町の景色。

クリックすると元のサイズで表示します

夕焼けが広がる頃、

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルに到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ホープンの町からは離れた場所、
回りに何もないところにぽつりとホテルが。

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい夕焼けが広がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

食事は、だちょう肉の燻製に

クリックすると元のサイズで表示します

また鮭です。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食が済む頃、
空にオーロラの気配。

クリックすると元のサイズで表示します

出ました、出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ほんのわずかな光で、
カメラには写るまいと思ったのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

デジカメが見事に補正してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、このツァーに参加したのは、
このオーロラを見るため。

クリックすると元のサイズで表示します

↓のパンフレットの説明に惹かれたため。

クリックすると元のサイズで表示します

これなら、
真冬にノルウェーなどに行かずに済む。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで期待のオーロラ。

クリックすると元のサイズで表示します

カーテン状の立派なものではありませんでしたが、
出てよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

やがてオーロラは消え、
夜中に何度も起きて、空を見上げましたが、
もう出ることはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ