『アベンジャーズ』  映画関係

高山病で食欲のなかったチベットから帰国、
さぞ体重が減っているだろうと
体重計に乗ると、77.8キロ。
出発時(76.9キロ)より増えている!
不思議なことがあるものだ。

その2日後、
大腸内視鏡検査でお腹の中を空っぽにしたことから、
食べる量を減らしたところ、
みるみるうちに体重が減少し、
長年の目標であった74キロを通過して、
72.4キロまで。
3週間で5キロ減ったことになる。
やれば出来るんだな、と思った次第。

しかし、この時点で、
親戚筋から「電話の声が元気がない」と指摘された。
確かに声がかすれるし、
第一、腹に力が入らない。
一挙に減った反動らしい。

そこで、一食、まともに食べてみたところ、
腹に力が入り、
声がちゃんと出るようになった。

以前、行きつけの床屋のご主人が
ダイエットでやせた時、
覇気がなくなってしまった、
という話を聞いたことがあるが、
それと同じか。
急激な体重減少は気を付けろということかもしれない。


今日の夕焼け。

クリックすると元のサイズで表示します

きれいなものを観ると、気持ちが穏やかになりますな。

クリックすると元のサイズで表示します


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

地球の危機を救うために、
アメリカン・コミックのヒーローたちを
一つに集結し、
「アベンジャーズ」として、
ことに当たらせる、
という卓抜なアイデアを見事に造形してみせた映画。

集められたヒーローたちは、
アイアンマン、
キャプテン・アメリカ、
マイティ・ソー、
ホークアイ、
ブラック・ウィドウに
超人ハルク。
といった面々。

それぞれ心の傷を抱えている彼らは、
一つのチームとして戦うことを拒む。
しかし、地球侵略の計画は着々と進行し・・・

というわけで、
最後は一丸になって敵と戦うわけだが、
この最後の45分間の展開がすごい。
マンハッタンを舞台に、
大戦争が始まる。
CGやりまくりで、
どんな映像も可能だ。

これだけのメンバーを集めながら、
それぞれに活躍の場を与え、
見せ場を用意したジョス・ウェドン監督の手腕は見事。
ところどころ笑える場所もある。
特にハルクがロキを叩きのめすところなど、笑える。

「アバター」「タイタニック」に続いて、
短期間のうちに
世界興行成績歴代第3位に入ったのもうなずける面白さだ。

アメコミの映画化の荒唐無稽さに拒絶反応のある方は無理だが、
夏の暑さを吹き飛ばす
娯楽のひとときを過ごしたい方にはお勧めする。

なお、エンドクレジットの後、
おもわず吹き出す映像が用意されている。

5段階評価の「4」。

タグ: 映画



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ