小説『誘拐児』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

プロローグで、
終戦翌年(昭和21年)の夏に起こった、
5歳の男の子の誘拐事件が描かれる。
身代金百万円は有楽町のカストリ横町で受け渡しという指示で、
刑事たちが張り込むが、
闇市摘発の混乱の中、身代金は奪われ、
子供も帰ってこなかった。

それから15年後
下條弥生という女性が惨殺される。
彼女の住んでいたアパートには、
家捜しした痕跡が残っていた。
弥生を殺した犯人は、
何か弥生に脅迫されていて、
そのネタを家捜しで探し出そうとした、
との推論が成り立つ。

物語は、殺人事件を捜査する刑事たちの動きと並行して、
谷口良雄と恋人幸子の動きが描かれる。
良雄の母親が最近病死したが、
死の間際に母親がある事実を良雄に告げており、
良雄はそのことで悩んでいたのだ。
幼い時の記憶が良雄を苦しめる。
良雄は幸子と共に、母親の過去を洗い始める。

となれば、察しの早い読者は、
良雄が15年前の誘拐された児童であることが推測できる。
しかし、なぜそうなったのか、
良雄の過去への探索が続く。

一方、刑事たちは、
殺された弥生が、
事件前、仕事をやめたがっていたことに行き着く。
仕事とは、家政婦だが、
なぜか金回りが良くなったようなのだ。
そして、刑事は、弥生が
病院の付き添い婦の代理として、
谷口良雄の母親の介護を担当した事実をつかむ。
弥生も母親から何かを聞き出したのではないか・・・

そういうわけで、昔の誘拐の未解決事件が
15年後の殺人事件で一つにつながる

と、なかなかの着想。
刑事の動きと良雄らの動きを並行する手法もなかなかいい。
第54回(2008年) 江戸川乱歩賞受賞作で、
筆者の翔田寛氏は、既にデビューしていたプロの作家だという。
江戸川乱歩賞は、プロ、アマを問わないのだ。
1958年生まれだから、戦後世代だが、
作品の背景にある、戦後の混乱期のことがよく織りこまれている。
闇市、飢え、復員兵、米軍からの横流し、隠退蔵物資、
カストリ雑誌、第三国人の台頭など
時代を象徴する事柄が描写されているのが見どころの一つ。

                                        

映画『白い牛のバラッド』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

イラン映画。

テヘランの牛乳工場のラインで働きながら
耳の聞こえない幼い娘ビタを育てるシングルマザーのミナは、
1年前に夫のババクを殺人罪の死刑で失っていた。
今なお喪失感に囚われている彼女は、
一緒に住もうという義父や義弟の誘いを頑なに拒んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなミナが裁判所から呼び出しを受け、
信じがたい事実を告げられる。
ババクが処刑された殺人事件の真犯人がみつかったという。
夫は冤罪で死刑にされたのだ。
賠償金が支払われると聞いても納得できないミナは、
死刑判決を下した判事たちへ
謝罪を求めるが門前払いされてしまう。
更には謝罪を求める新聞広告まで出す。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな時、夫の古い友と称する中年男性レザが訪ねて来る。
レザはババクから借金をしていたと告げ、
そのお金、1000万トマン(30万円位)を返済してくれた。
レザを家に入れたことを知った大家に退去を命じられたミナは
新居を探すが、不動産屋に行っても
未亡人には貸せないと断られてしまう。
助けの手を差し伸べてきたのはレザで、
彼はミナに新しい住まいを提供し、
掃除業者やボイラー業者なども手配して、
ミナとビタの生活の支援をしてくれた。
息子を亡くして精神的にまいってしまったレザに同情したミナは、
レザと同居するが、
レザの優しさに触れて、
ミナとビタ、レザの3人は家族のように親密な関係を育んでいく・・・

実は、レザにはある重大な秘密があり、
そのことは映画の中盤で観客には明かされる。
ここから、ミナが何時そのことに気づくかが、
サスペンスを生む。

義父は賠償金目当てとビタの親権を求めて訴訟を起こし、
レザの応援もあり、裁判には勝つが、
そのことを根に持った義父によって、
レザの秘密が暴露される。
この場面のカメラの動きがなかなかいい。
衝撃に撃たれたミナはある決心をするが・・・

冒頭、コーランの第二章雌牛の章67節の文言が引用される。
それは、
雌牛を犠牲にせよと神が言ったというモーセに対し、
民が反発したという一節で、
刑務所の壁に囲まれた中庭に
「白い牛」が立ち、それを人々が壁際で眺める
意味ありげなショットが度々登場する。

クリックすると元のサイズで表示します

牛は生贄の牛で、
冤罪で死刑となった夫や、
贖罪を意図するレザや
社会の囚われの身である女性たちを象徴するらしい。

コーランの引用から分かるように、
背景に宗教的暗喩があり、
罪と刑罰、赦しと償いを
神を介在して見つめる。
と同時に、
イランの厳罰的な法制度や
差別的な法律や風習を描く。
なにしろ、未亡人の社会的地位があんなに低いのだ。

なお、イランでは、政府の検閲より
正式な上映許可が下りず、
3回しか上映されていないという。
何がいけなかったのか。

ベタシュ・サナイハマリヤム・モガッダムの共同監督・共同脚本。
マリヤムは主役のミナを演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

レザを演ずるアリレザ・サニ・ファルの沈鬱な表情が心に残る。

クリックすると元のサイズで表示します

ラストは観客によって解釈の余地を残す。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/lEyHMaPRauI

TOHOシネマズシャンテで上映中。

タグ: 映画

ウクライナ問題  政治関係

ついに、ロシアがウクライナに侵攻した。

クリックすると元のサイズで表示します

国際社会が認めない「力による現状変更」をしたわけだ。
発端はウクライナのNATO(北大西洋条約機構)加盟で、
ロシアは横っ腹にナイフを突きつけられたように思ったわけだが、
それはウクライナ国民が決めることで、
ロシアが云々することではない。
                                        
侵攻を西側諸国は一斉に非難したが、
強権国家、独裁国の常で、意に介しない。
西側諸国は戦争をしたくなく、
まして、全面戦争に拡大して、
第3次世界大戦になることを恐れているので、
軍を派遣するわけにはいかない。

あとは経済制裁だが、
これは自国経済への影響もあるので、
足並みの乱れがある。
中国がロシアを支援し、
輸出入で助ける可能性もある。
天安門事件の時も
西側諸国は当時の中国政権に厳しい声明を出し
制裁を課したが
時とともに元通りになった。

国連は機能しない
国連安全保障理事会は、ウクライナ情勢を巡る会合を開き、
ウクライナに軍事侵攻したロシアを非難し、
武力行使の即時停止と撤退などを求める
安保理決議案を採決した。
米欧など11か国が賛成したが、
常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。
第2次世界大戦の戦勝国5カ国 (米英仏中ロ) に拒否権を与えるという、
制度的欠陥が出たわけだ。
当事国は採決に参加できない、
とでも改正しなければ、
常任理事国がらみの案件は
全て拒否権で葬られる。

国連は何もしない。
米国もNATOも軍は派遣しない。
経済制裁も有効ではない。
これでは、プーチンの戦略的勝利であり、
欧米の負けになりかけてる。

このままロシアのウクライナ侵攻を認めてしまうと
ヒトラーのチェコスロバキア侵攻を認めた
「ミュンヘン宥和」と同じになってしまう。
あの時、イギリス首相のチェンバレンは、
戦争を回避させた英雄として、
本国帰国で大賞賛を受けた。
そして、ナチスドイツのポーランド侵攻で
第2次世界大戦が始まる。

それにしても、
プーチンの頭の中はどうなっているのか。
安定した世界秩序をどう思っているのか。
今時、「領土的野心」を発揮するなど、
時代錯誤も甚だしい。
冷戦時代に逆戻りする気か。
ソ連時代の夢を追っているとしか思えない。
狂った独裁者を持った国は、不幸だ。

ウクライナは反ロシア感情がもともと非常に強いので、
傀儡政権を作ったとしても
ロシア軍を駐留しておかないと、すぐに転覆するだろう。
それで、ロシアはウクライナに軍を駐留し続けなければならない。
他国への侵略は、それほど割りに合わないものなのだ。

あとは、ロシア国内の平和勢力が結束して、
プーチンを倒すことだが、
どうなるか。

ところで、ウクライナ問題の進展を
注意深く見守っている国がある。
中国だ。
ロシアのウクライナ侵攻が成功するかどうかで、
台湾侵攻の時期が早まるかもしれない。
事実、中国は、
ロシアのウクライナ侵攻の事実を認定していない。
台湾の併呑が成功すれば、
尖閣も沖縄も危ない。
   
ウクライナは独立国家であり、
親ロシア派との紛争も内政問題。
それに乗っかって軍事侵攻するなど、
明らかな侵略行為だ。
こんな屁理屈で侵略行為が許されるなら、
沖縄だって、北海道だって危ない。
ある日突然ロシア軍が北海道に上陸して来て、
「ロシアが支配する北方四島に対し、
安全保障上の問題がある。」
とか屁理屈で、北海道に軍事侵攻して制圧するかも知れない。
中国も、沖縄にいる中国人を保護する、と言って
軍隊を派遣し、実効支配するかもしれない。
その時も世界は軍事力でロシアや中国を
排除することは躊躇するだろう。

1994年、
米英ロが「ブタペスト覚書」を締結した。
それは、ウクライナが当時世界3位の核兵器を
放棄して非核化するかわりに
領土の安全と独立的主権が保証されたもの。
これは、国連安保理も保証した国際的合意であった。
それが28年経って破られたのだ。
つまり、ウクライナは核兵器を保持しておくべきだったことになる。
他国は他国を守る事は出来ず、
侵略者から自国を守るのは自国民しかない。
今回のロシアの侵略によって
自国を守るには、軍事力が必要だという事を証明した。

結局力の強い者の無法行為には
誰も手を出せないということがはっきりした。
これが当たり前に通用するなら、
各国は核武装をすることでしか自国を守れないことになる。

日本は第9条さえ守っていれば、
平和は来ると思っている人が多い。
改憲議論は国会で進まない。
そうしている間に、
北海道や沖縄、九州は、
中国領になっているかもしれない。
その時、世界の国々は、
「日本、お気の毒」と言って、
何もしないだろう。

憲法を改正し、
軍隊を認め、
自衛のための戦争行為を認めることだ。
早く気づけ、日本。




対談集『この世の偽善』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

歯に絹着せぬ、2人の老賢人の対談集。
戦後、甘くなってしまった日本人の心根に潜む偽善をぶった切る。

宣伝文に、次のようにある。

日本人は長年「もの分かりのいい人」を演じてきた。
弱者保護や被害者救済など一見、
弱い者の側に立つふりをし、
政治家は票欲しさに「ばらまき」政策を行なっている。
その結果、わが国は過去最多の214万人を超える
生活保護者を擁する「よい国」になった(2012年)。
しかし、彼らは本当に自立できない人たちなのか。
いまの日本は本当に職がないのか。
そう問うことは禁じられている。
ボランティアについても、
人の世は、一ついいことをしようと思うと、
必ず不都合と苦悩が出てくる。
人生にも「あれか、これか」という形の歯切れのいい選択はない。
メディアは社会や国家の批判はしても、
本質的につきまとう人生の不都合や不自由を見せない。
これが「日本の偽善」である。
「権利」という言葉は、誰かのため、何かのために自分が我慢し、
犠牲になることがある、という想像力を失わせてしまう。
一所懸命働いて税金を納める、
まずそこから始めるべきではないか。 


目次は次のとおり。

第1章 何もかも幼くなった
第2章 日本は「夢のお国」
第3章 「ごっこ」遊びの終わり
第4章 生活保護者が多すぎる
第5章 愛は礼を失せず
第6章 「もの分かりのいい人」の罪悪
第7章 人は何とか生きていける


標的は、中国、韓国、原発、高齢者医療、生活保護、
マスコミ、言葉狩り、日教組、民主党、
戦後教育、腰抜け役人、ことなかれ主義、
理想論、人道主義、平等主義、奇麗事などなど。

世界120数カ国を見た曽野さんは、
「日本は夢の国だ」という。

私はこれまで多くの途上国を見てきましたが、
日本は停電も断水もない、
内戦もありません。
泥棒も少なく、階級差別もほとんどない、
世界でも稀な国です。
ヨーロッパもアメリカも、インドも南米も
こんなものではありません。
まことに日本は地球上にあって
天国に近い豊かで平等な国なんです。

私がいまの子供たちが不幸だと思うのは、
「夢のお国」に生まれ育ちながら、
その幸せを実感できないことです。
それは子供だけでなく、
子供を教える立場の大人でさえそうなのです。

なのに、格差がどうの、貧困がどうの、
という風潮。
なぜ日本人は、自分の国を誇れないのか、
日本を貶める勢力が
日本の発言者を占めているのか。

曽野「私がいちばん嫌いなのは、
生命も懸けない、
最低限のカネも出さない、
それでいて「弱者」を助けなければならないと言ったり、
抗議行動や示威行動をすることです」
金「そこには、自分が卑怯だという自覚がないんですね」

金「まずもって自国の歴史を知らなければ
他国や地域への理解や尊敬の念は生まれないでしょう。
日本は、将来立派な国民になってもらわなくちゃいけないち
子供たちに、
自国の歴史を教えない国になっているんです」

曽野「大まかに言って、世界の国家は三つに分けられると思います。
政治国家、商人国家、職人国家です。
シンガポールは商人国家です。
アメリカやロシアは政治国家で、中国もそうですね。
では日本はどれかというと、
私は職人国家で生きるほかないと思うんです」
金「ものづくりを大切にする国ですね」
曽野「ええ。ものづくりというのは、とどのつまり辛抱なんです」


池田成彬の挿話。
アメリカに留学して、貧困の中にいた時、
見るに見かねて援助しようというアメリカ人が現れた。
しかし、池田は
「貧乏が理由で他人からカネをもらっては物乞いになる」
と言って断ったという。
その観点から、
生活保護者についても、
その数の多さを切る。
病気の人や母子家庭を援助してもいいが、
働ける人が生活保護を受けることは、
恥と思わなければならない。

ホームレスという人たちも、
農村や飯場に行けばいいのに、という声を紹介する。
農村は人手が足りなくて困っているし、歓迎される。
飯場は、仕事がキツイからといって日本人が敬遠しているかわりに
外国人労働者が増えている。
少しでも辛い仕事は嫌、
都会を離れるのは嫌。
ということは、まだ仕事を選り好みしていられる状態だから、
本当には困っていないってことじゃないのか。
などということは、大きな声では言えない。

健康保険には、曽野さんは年間50万円支払っている。
それだけ医療費がかかっているわけではないが、

他人の分を負担できることは光栄だと考えているから、
少しも不満はないんです。


こういう考え方の人が増えたら、
どんなに素敵な社会ができるだろう。
よく高額所得者が、
税金を沢山取られていると、不満を言うが、
曽野さんの発言を聞いて恥じるがいい。
頑張って働いて沢山税金を払って、世の中に貢献する。
それを「光栄」と思うか「損だ」と思うか。
それはその人の人間性だ。

曽野さんは言う。

この世で、人間が他者に要求してはいけないものが三つあります。
「自分を尊敬しろ」と言うこと、
「人権を要求する」こと、
「自分に謝れ」と他人に言うこと、
この三つです。


250ページを越える紙面が、
金言で埋め尽くされている。
しかも、その人物が
80歳を越えた高齢の女性。
そのことを日本人は恥じなければならないだろう。


映画『アンチャーテッド』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「アンチャーテッド」は、
ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントから発売されている
プレイステーション用のアクションアドベンチャーゲームのシリーズ。
2007年から2016年にかけて計5作が発売、
1本のスピンオフ作品がある。
シリーズ世界累計出荷数は
4170万本を超え、
2009年にはゲーム界のアカデミー賞とも呼ばれる
“AIASゲーム・オブ・ザ・イヤー”を受賞。

クリックすると元のサイズで表示します

本作は、そのゲームの実写映画化

そんなゲームのあることなど、
私は全く知らなかった。
それでも、楽しめた。

映画が始まってすぐに
飛行機から落ちた荷物の上での
ものすごいアクションが展開する。
一体どうやって撮ったのか、
まあ、CGに決まっているのだが、
度肝を抜かれる。

で、話は15年前にさかのぼり、
イギリスの探検家、フランシス・ドレイクの末裔である
兄弟の生き別れの話となって、
すぐに、現在のニューヨークになる。
バーテンダーとして働く、
ネイサン・ドレイクは、
器用な手さばきを生かした泥棒でもある。
その腕をトレジャーハンターのビクター・サリバンに見込まれ、
一緒に50億ドル相当の財宝を探さないかと持ち掛けられる。
サリバンが兄について知っていることもあり、
行動を共にすることになる。

まず、鍵となる十字架を手に入れるための
オークションでの
財宝を狙うサンティアゴ・モンカーダ率いる組織との争奪戦。

クリックすると元のサイズで表示します

十字架を手に入れた二人は、
バルセロナへ。
そこで地下の秘密都市を十字架の鍵で開け、
地図を手に入れると、
フィリピンの島々へ。
そこで、マゼランに関係する海賊船を見つけ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

男の子というのは、
一度は秘密の財宝に憧れる。
私も男の子だったことがあるので、
わくわくした。

その秘宝への憧憬をアクションで包む構成が憎い。
バルセロナの地下にある秘密の場所だの、
空飛ぶ飛行機上でのアクション、
最後は宙づりになった海賊船まで出て来る。
新味はないが、その仕掛けに圧倒される。

ネイサンを演ずるのは今最も旬のトム・ホランド

クリックすると元のサイズで表示します

サリバンはマーク・ウォールバーグ
サンティアゴにアントニオ・バンデラス
いい顔ぶれを揃えた。
花を添える女性陣にソフィア・アリタティ・ガブリエルら。
監督は、「ゾンビランド」シリーズなどのルーベン・フライシャー

「アンチャーテッド」とは、
海図、図表、グラフ、などとの意味の「chart (チャート)」に、
否定の意味の「Un- (アン)」と、
過去形や受け身の「-ed 」を付けて
「Uncharted (アンチャーテッド)」、
つまり、「地図にない場所」を意味する。
                   
5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/Me5Cgw32R2E

拡大公開中。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ