日本は「成功例」  政治関係

今日の新規感染者は、全国で50人(!)。
うち5人は空港検疫。
東京はわずか6人。

感染拡大しているヨーロッパ諸国に比べ、
劇的に感染数が減少している日本の状況について、
英ガーディアン紙は、
「瀬戸際からの復活:
 日本が新型コロナの驚くべき成功例になった理由」

と題する記事を掲載し、
日本の感染対策を褒めている。

減少の理由については、
ガーディアン紙も断定的な理由づけを行なっていないが、
ただ、2つの要因が大きく影響した可能性があるとみている。

1つ目は、ワクチン接種の浸透。

しかし、日本より多い接種率の国で感染拡大している事実が、
この要因が絶対的でないことを示している。
ただ、たとえば韓国ではワクチンの調達や冷凍管理や
1回目2回目の間隔が延びたなど、
問題があったのに対して、
日本のワクチン管理と運営は完璧であったことは指摘していい。

2つ目の要因として、
マスク着用への抵抗感の少なさが幸いした可能性があるという。

ガーディアン紙は
「諸外国が屋内その他でマスク着用義務を緩和する一方、
多くの日本人は思い切ってマスクを外すことを
想像しただけでも身震いしている」

と述べる。
確かに欧米諸国が緩和が始まった途端、
マスク無しの人が増加したが、
これだけ減少しても、
日本ではほぼ全員がマスクを着用している例を見ても、
こちらの方が説得力がある。

英国紙は、
日本の状況から、イギリスが学べる点は多いと指摘する。
「日本の主要メディアでは
ネガティブな記事がヘッドラインを飾りがちだが、
データを比較すれば他のG7諸国よりも
日本はおおむねうまくパンデミックに対処している」

との評価だ。

これに対して、ネットの書き込みの意見が的をついている。

○在英ですが、これはもうどう考えても、
日本がワクチン接種が進んだのに
マスクを取っていないからとしか思えません。 
しかも日本は野外でもマスクしているではないですか。 
イギリスは接種していない若い世代がフェスティバルで感染して
家庭内に持ち込み、
8月終わりから始まった18歳以下若い世代の接種は1回のみだし、
12〜16歳も一回のみだし、
こちらは全然と言っていいほど進んでいません。 
7月19日の規制撤廃以来
マスクする人はほぼいなくなりました。
学校のクラスの半分が陽性でも濃厚接触でも
隔離しなくて良くてマスクもしません。
日本人だって好きでしているわけではないのに。
「日本人は昔からマスク慣れてるでしょ」
とか言われると頭にきます。

○ワクチン接種が進んだ事が主な減少理由になるんだろうけど、
やはり日本はマスクに尽きると思う。
緊急事態宣言が解除されてからでも、
マスクをしてない人を見たことが無い。
ほんとに、み〜んなマスクしてる、スゴイ。
あと手洗いだったり、挨拶がお辞儀の文化な所も、
やはり良いかと思います。

総合的な効果だと指摘する声も多い。

○やっぱり日本人は真面目なんだと思います。
今やどんなお店にもアルコール消毒剤と体温計は置いてある。 
感染者が少なくなってもマスクは外さない。 
地味な事だけど基本の基をきっちり守る国民性のおかげかな。

○ワクチン接種やマスク常時着用の浸透はもちろんですが、
最終的には、トイレや浴室、洗面所周りの清潔さが、
他国に比べ、格段に上回っている事が
感染率を下げている要因なのでは?

○マスクやソーシャルディスタンス等、
基本的な感染対策は真面目な日本人は以前から実施していました。
それに加えてワクチンの接種率が急速に上がったことが
感染収束の切り札となりましたね。
もともと高齢者は接種率が高かったので感染者数が少なかったが、
若年層への接種率が上がってからは収束度合いが顕著となりました。
他国である英国がまともな分析をしてくれているのに、
日本の専門家もどきの人達が謎とか言ってる。

○基本的に日本人は欧米諸国に比べて何事も慎重というのは効いてそう。
欧米はワクチンしたからパーティーやろう!
マスクなんていらない!ハグも出来るぜ!
といったノリなんでしょうね。
あと家で靴を脱ぐ、トイレでスリッパ履き替える、
といった習慣が効いているのが大きいのでは?
トイレの床に大量のウイルスがあるという報告があるから、
外もトイレもリビングも寝室も同じ靴だとヤバそう。

○手洗い・マスク・うがいをして、ワクチンを普及させる。
不要にあちこち触らない。
個人でできることは個人でする。
会合を減らして大人数が集まる事をしない。
これだけでかなり感染症対策になるということでしょうね。
教育水準が平均して高かったのも良かったのでしょう。

○結局海外のようにロックダウンなんかをしても
短期的には意味があるけど長期的に考えたら意味がない。
ワクチン接種を少しづつでも増やし、
日本人が地道に感染対策をしてきた結果じゃないの?
なんだかんだ批判されながらも政府の功績だと思うけどね。

〇日本人気質がもたらした結果だと思いますね。
国外ではコロナ対策が解除になるとマスクしない消毒しないなど、
全く普通の生活に戻って再度感染拡大しているように感じますが、
日本人は緊急事態が解除になっても
マスクしない人などほとんど見かけないし、
居ても他から白い目で見られますね。
それと、人から移されるのも嫌だが人に移すのも嫌だと言う考え方
(「人に迷惑かけてはいけない」という、
日本人に染み付いた体質)
これも大きいのではないでしょうか、
ワクチンどうしようと言っていた人も
人に移すと悪いからって接種に行ってました。
それだけではなく色んな要因があって
日本は劇的に減少したのでしょう。

マスコミの報道姿勢への批判も沢山だ。

○諸外国に比べてはるかにコロナに成功しているのに、
マスコミはコロナ大失政などと捏造している。
とりあえず誰かバッシングしやすいものをバッシングして
金儲けしている。

○マスコミは海外の日本に批判的な報道だけをピックアップする。
日本がまるで駄目かのように報道するので注意。
菅首相に対するいわれなき批判も多かった。
もちろん全てがうまくいっているわけではなく問題もあるが、
ことさらネガティブな政府批判報道ばかりする
マスコミに騙されている部分も大きい。
日本の報道は批判し注目を集めたいだけでレベル低い。
捏造に近い報道も多いので注意したい。

○日本のマスメディアは、日本のコロナ対策について
重箱の隅をつつくようなことばかりで、
全体的な評価をしていないように思う。
野党も文句ばかりで、全く何の役にも立たなかった。
マスメディアと野党は、少し反省すべきではないか。
特に、枝野とテレビ朝日の玉川。
自民党政権は、枝野や玉川などの雑音を無視し、
専門家の意見に基づいた対策をとったから、成功に近づいている。

ここへ来て、菅前総理の功績評価がうなぎのぼりだ。

○菅政権は仕事を野党の妨害の中、
国民のために仕事をしてくれた。
本当にありがとう。
現場で働く看護師ですが、周りからもそう言う意見を多く聞きます。
マスコミは政権批判する医療者しか取り上げない。
ほんと最前線で働く人に失礼極まりないとは思わないんですかね?

○菅政権の功績だろう。
結果論と言われるかもしれないが、批判する側も結果論だし。
バカみたいに騒いで政府批判ばかりやっていた宇都宮の医者とか、
それを無定見に引用して過激な見出しで売ってたマスコミ連中とかは
絶対反省もせんのだろうな。
マスコミ連中と目立ちたい連中には格好のイベントだったのだろうと思うが、
こういう奴らにどれだけ世の中足を引っ張られたかと思うと
腹立たしいばかり。
バカはいつの世にもいるが、
バカの拡声器でしかないことがよくわかったマスコミだけでも
無くなってもらいたい。

○『驚くべき成功例』に導いたのは、
さんざんにマスコミに叩かれた菅前首相に他なりません。
そして、その成功をもたらしたのは、
第2次安倍政権登場以来、
以前にもまして強固になった日米関係がもたらした大量のワクチン確保と、
日本人の防疫意識の高さ以外に理由はありません。
もし今も民主党政権が続いていたら、
決してこのような結果にはならなかったでしょう・・。
惜しむらくは、横浜市長選があと1カ月遅かったら、
立憲などが推すパワハラ市長が誕生することも無く、
菅政権も支持率を回復しただろうに、と思わざるを得ません・・。

○あれだけ皆、菅総理を攻撃していたのに、
彼のおかげでワクチン接種が驚異的なスピードで進んだ。
一番大変な時に、地道に対応をしてきた菅さんの努力は後世にも残るもの。
野党やマスコミは文句をいうだけ。現実的な対案は全くない。
政府、自民党は良くやったと思う。

○菅政権は、実がなる前に倒れてしまった。
目先のことに拘らず、結果的に一番良い方法を選んだ人達の成果。
他のことはともかく、そこは正当な評価をすべきだな。

○結果からみれば、轟々たる非難をうけながらもオリパラを敢行し、
努力の効果が現れるのが退陣後になってしまったが
ワクチンをト確保し、医師会を抑え込んで、
超法規的な措置(看護師・歯科医師でも接種できるようにした)でコロナを、
うそみたいに劇的に、抑制してしまった。
この結果からみれば菅さんの功績は多大。
その成果を大々的に宣伝することなく、
総理の地位にしがみつかず、
最後は捨身で自民党を支配していた二階さんを抱きこんで心中することで
政治的影響力を潰してしまった。
これが「本当の政治」というものですね。






AutoPage最新お知らせ