パソコン交換・その後  身辺雑記

一昨日は、郵便局に4回も通ってしまいました。
というのは、メルカリに夜中に出品したものが
一つは10分で売れ、
もう一つは朝方売れ、
更に出品して1カ月ほど経過したものが2つ、
立て続けに売れたからです。
迅速対応をモットーにしているため、
その都度梱包して出しに行き、
戻ると、次のが売れている、
という有り様で、
ついに4回郵便局に。

22品出品したうち、
21品が売れました。
勝率9割5分5厘。
すごくありません?
出品内容が良かったのか、
それとも値決めが良かったのか。

しかし、最後に残った1品が
「ロジャース&ハマーシュタイン ミュージカルCD 10枚セット」とは。
今の人はロジャースとハマーシュタインを知らないのか。
仕方なく出品削除し、
他のものと編成を変えて出品することにしました。


さて、先日、パソコンを買い換えたことを報告しましたが、
その後の報告を。

注文して10日ほどしてパソコンが届き、
さっそく配線をつなぎ、セットアップ。
添付されていた取扱説明書を見ながら、
その通りにすると、
やがて正常に動くようになりました。

しかし、お年寄りと女性では、
この作業、なかなか大変だな、と思いました。

次に「OASYS V10」のCD−ROMをインストール。

クリックすると元のサイズで表示します

これもあらかじめネットで取得した手順どおりに進めました。
それが「えっ」となったのは、
キーボードドライバ(キーボードを動かすためのプログラム)
のインストールのために、
Japanist10のCD−ROMが必要となっているのです。
Japanistというのは、日本語入力ソフトで、
これがなければ、親指シフトのキーボードが使えない。
しかもJapanist10は既に製造中止で、
富士通でも売っていないし、
アマゾンにも楽天にも価格ドットコムにもありません。
試しにメルカリを調べてみると、
2点出品されていますが、とっくに売れています。

今回「OASYS V10」のCD−ROMでインストールしたのは、
Japanist2003というもので、
今度のWindows10用に開発されたのが、Japanist10。
途方にくれて、あとはOASYS専門店のアクセスに頼むしかない。
ところが、昔お世話になったアクセスは、
店舗経営をやめてしまい、今は会員制に移行。
その上、新会員の募集はしていないという。
なんとかならないかとメールを送りましたが、
なしのつぶて。

仕方なくローマ字入力に移行。
ソコソコ打てるものの、慣れないせいで、
親指シフトの速さは出ません。
それでもなんとかやっているうちに、
あることに気付きました。
「キーボードの種類」のところに
「Japanist2003」の表記が。
切り替えてみて、
親指シフトのキーボードをつなげてみると、
有効だ!
なんと、Japanist10の力を借りなくても、
Japanist2003は、
Windows10の上で動くのだ。

というわけで、無事、
親指シフトで迅速に作業できるようになりました。

もう一つの課題は、フロッピィディスクドライブ。
今までも、OASYS専用機で作った文書をフロッピィで
パソコンに取り込んで印刷していました。
それが出来れば、今までと全く同じ作業効率が確保出来ます。
しかし、フロッピィディスクドライブを動かすにも、
ドライバ(動かすプログラム)が必要なのです。
だが、そのドライバが見つからない。
ようやく富士通のサイトでそれらしきものを見つけ、
インストールしてみると、
動くことは動くが、ドライブが
OASYSのフロッピィを認識してくれません。
「媒体不良。フロッピィを交換してください」と出ます。
今回のパソコンについての問い合わせ先に電話してみると、
色々調べた結果、そのフロッピィドライブは
Windows10XPまでのもので、
Windows10では対応できないという。

そこで、Windows10に対応したドライブをネットで購入。
しかし、同じ結果です。
このドライバで初期化したフロッピィなら可能かもしれない、と思い、
新品のフロッピィをネットで探すと、高い。
そこでフロッピィを求めて秋葉原へ。

クリックすると元のサイズで表示します

高校生時代、よく通ったものです。
ここでは、「再生テープ」という
オープンリールのテープが売られていました。
放送局から放出されたテープで、
番組が録音されていおり、安い。

クリックすると元のサイズで表示します

行ったのは「ラジオ会館」。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、中古の音響機器などを専門に扱う店があり、
そこへ行けばフロッピィを1枚単位で売っていると思ったのです。
甘かった。
ラジオ会館、様変わりしていて、
フィギュアだのカードを求める、
おたくの牙城となっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そこで大手量販店へ。
しかし、店員に
「フロッピィありますか」
などと恥ずかしくて訊けません。
それでも訊いてみると、端末を調べてくれて、
「在庫はありません」とのこと。

仕方なくネットで1枚購入して、
初期化してみると、
やはり出来ません。

ここでOASYS専用機との連動は断念
しかし、専用機についているプリンターで
印刷することはできるので、
それで対応することにしました。
インクリボンはとっくに製造中止と思われるので、
感熱紙を探すと、
こちらはまだメーカーが作っているらしく、
買い求めることが出来ました。
試しに印字してみると、なんとかいける。
しかし、専用機は20年も使っているものなので、
何時壊れても不思議はないく、
重要なものは印字しておく必要がありそうです。

そういうわけで、
今のデスクの景観。

クリックすると元のサイズで表示します

パソコンとマウスは新しいもので、
ディスプレイとキーボードは継続。
右にあるのが、
もう20年も使っている、ワープロ専用機。
専用機が壊れるまでは、この体制で行くことにします。               





AutoPage最新お知らせ