映画『ギルティ』(リメイク版)  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

このブログでも紹介したデンマークの映画↓を

クリックすると元のサイズで表示します

ハリウッドででリメイク。
それも、ジェイク・ギレンホールというスターを起用しての本気のリメイク。
監督は、「トレーニングデイ」「イコライザー」の一流監督アントワーン・フークア
いやがおうにも期待が高まる中、
10月1日からNetflixで配信
その前に少数の映画館で限定公開。

内容はオリジナルほとんどそのまま、
緊急通話センター(911。日本で言う119番)の
室内だけで展開されるサスペンス。

クリックすると元のサイズで表示します

つまらない通報でうんざりしている警察官が
緊迫感のある女性の電話に、
背後に聞こえる男性の声から
「誘拐されたのではないか」とピンと来る。
車の所在場所をおおまかに把握して、パトカーを向かわせる。
一方、電話の女性の家に警官を向かわせると、
子供が二人取り残されており、
うち一人が傷つけられていた。
また、女性と一緒にいると思われる男性(元夫)を判明させ、
車が向かっている場所を割り出し・・・
と、一本の通報電話をもとに、
犯罪の防止に役立てるが・・・

という基本線は全く同じ。

大きな変更は場所をロサンゼルスにし、
大規模な山火事が発生中という設定にしたこと。
それにより、警察が動きが取れず、
視界も不良という状況を作り出す。

もう一つの大きな変更は、主人公のキャラクターで、
冷静沈着なオリジナルの警察官に対し、
リメイク版は、心身共に病んだ男に設定している。
主人公は喘息持ちで吸引機に頼っているし、
離婚状態で娘に会いたいと希望しているがかなわない。
携帯電話の待ち受け画面に娘の写真を載せている。

翌日に控えた裁判のからみはリメイク版の方が分かりやすい。
誘拐事件を通じての主人公の心変わりも明確だ。

また、傷ついた子供は、
オリジナルでは死ぬが、
リメイク版では命をとりとめる

という違いがあるが、
オリジナル版、リメイク版共に、
緊急連絡室の中、
終始主人公にカメラが向けられているという状況は同じ。
というか、緊急通話センターに限定した映画作りに魅力を感じて
リメイクしたのだろう。

しかし、パトカーが疑いのある車に接触する場面などが
2回ほど挟まるのは、
基本からの逸脱。
主人公の想像の世界での出来事とも取れるが、
余計な描写だ。

緊張感が解けず、
終始サスペンスが持続する両作品だった。
映画の長さはオリジナルが1時間28分、
リメイク版が1時間31分とほぼ同じ。

イーサン・ホーク、ポール・ダノ
声だけの出演をしている。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/V46bZlRyvFA

オリジナル版の感想ブログは、↓をクリック。

映画「ギルティ」(オリジナル版)

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ