映画『ケイト』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

全編日本を舞台にしたB級アクション映画。

ケイトは幼くして親を失い、
暗殺組織の親玉、ヴァリックによって
子供の頃から暗殺者としての訓練を受け、
今では、並外れた技術を備えた完璧な仕事人になっている。

今日もヴァリックの指示を受け、
大阪の倉庫街で、
一人の男を狙撃しようとするが、
その時、標的の側には、その娘がいた。
ケイトは任務遂行をためらうが、
「撃て」と催促され、仕方なく標的を射殺する。
目の前で父親の頭が破壊され、泣き叫ぶ少女。

10カ月後。東京に舞台が移る。
ケイトは、仕事を辞めたいとヴァリックに相談するが、
ヴァリックは、東京で最大の勢力を誇る
ヤクザの組長・木嶋を仕留めるのを
最後の仕事として指示する。
ビルの屋上で標的を待つケイト。
実は、大阪でケイトが殺したのは、組長の弟だった。
標的の組長が現れるが、
引き金を引こうとする時、
突如身体に異変が起こり、失敗してしまう。

というのは、バーで知り合った男と一夜を共にした時、
を盛られていたのだ。
奪った車で事故を起こしたケイトは、
病院で目覚め、
医師から急性放射線症候群と診断され、
余命1日と宣告される。

ケイトはバーで出会った男の居場所に乗り込み、
毒を盛ったのが、木嶋組の佐藤という男の指示だと知る。
今度は、料亭に乗り込み、
佐藤から木嶋の居場所を聞き出そうとする。
こうして、次々と人の連鎖を辿り、
組長の木嶋に辿り着こうとするが、
その途中、木嶋の姪・アニと行動を共にすることになる。
その少女こそ、
ケイトが大阪で暗殺した時に居合わせた少女だった。

罪悪感に囚われながら、
アニと一緒に木嶋の元に向かうケイト。
そこで、ケイトは驚くべき真実を知るのだった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

という、ストーリーを述べたが、
穴だらけの内容で、
まあ、どうでもいい。
見どころは、ケイトのアクションで、
日本のヤクザたちと対峙して、
一歩も引かない。
銃を撃って撃って撃ちまくる。
殴って殴って殴りまくる。
余命1日という縛りの中で、
モルヒネを自分で打ちながらの復讐行動。
アニと芽生える共感。

そして、ハリウッドが描写する日本が興味深い。
とにかく外人から見たら、日本という国は
ヤクザが支配する魔窟であるようだ。
ケイトはヤクザ同士の抗争に巻き込まれ、
歌舞伎町あたりの裏通りは
得体の知れない飲食店が並び、
猥雑で不潔
ヤクザが会食する高級料亭は能舞台がある設定で、
真っ白な障子に鮮血が飛ぶ。
タワーマンションの最上階に住むヤクザに
よほどセキュリティが甘いのか、
やすやすと辿り着く。
銭湯は全身に刺青したヤクザであふれ、
その上、全員、ふんどしで入浴している。
ケイトが盛られた毒は、放射性物質。
そんなもの、どうやって持ち運ぶんだ。

映画に描かれる、
不思議な国・ニッポン
車で走る東京の夜景が美しい。
撮影地は日本だけでなく、
タイやアジア、更にロスでもある。

日本人俳優が有名無名併せて沢山登場する。
内山君まで出て来る。
みんなヤクザ役。
國村隼が組長を演じ、
浅野忠信が組長の座を狙う幹部。
最後に二人が日本刀で対決し、
國村隼が浅野忠信の首を斬り落とす。
浅野、本当に死んだんじゃないかと心配するくらいリアル。

ケイトには、メアリー・エリザベス・ウィンステッド

クリックすると元のサイズで表示します

「エイリアン2」のシガニー・ウィーバーを彷彿とさせるカッコ良さ。
アニには、日本人ではないミク・マルティノー

クリックすると元のサイズで表示します

ヴァリックには、ウディ・ハレルソン

クリックすると元のサイズで表示します

監督はセドリック・ニコラス=トロイアン

タイトルはまず日本語で出て、英語に変わる。

9月10日からNetflixで配信
世界的に視聴数が高いらしい。
こうして、日本のイメージが間違って伝わっていく。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/cI29gr24aHM

タグ: 映画

ネコあれこれ  様々な話題

世の中には、「ネコ派」と「イヌ派」がいるが、
最近はネコ派の方が優勢らしい。
テレビのコマーシャルもネコの姿が圧倒的に多い。

我が家はネコ派で、
子供の頃からネコが身近にいた。
娘の「親離れ」に備えて、
カミさんのためにネコを飼ったが、
それまで飼った経験の無かったカミさんは、
こんなにネコが可愛いとは思わなかったと言っている。
それが分かるのか、
先代ネコも今のネコもカミさんに一番なついている。
どうもカミさんを「母親」だと思っている節がある。

クリックすると元のサイズで表示します

ネットにもネコに関する記事が沢山ある。
その中でいくつか拾ってみよう。

○猫が好く、慕われる人に共通する5つの事

1.静かな人

猫には圧倒的に静かな人が好まれる。
急激な動きや大きな音を苦手とする傾向があるからだ。

2.声が高めな人

猫は、声が高い人の方が好みのようだ。
低い声は敵対する動物のうなり声を連想してしまうかららしい。
逆に高い声は、子猫など保護するべき存在と感じるため、
好むといわれている。
猫に話しかけるときは、
柔らかく高めの声にすると安心してもらえる。

3.ナデナデが上手

ナデナデ上手な人の方が慕われるる。
「この間気持ちよかったから、また撫でて」。
撫でるときに併せて優しく声かけも行うと、より絆が深まる。
猫が喜ぶ鉄板の撫で場所は、顔周辺。
気持ちがよいと目を閉じうっとりとした表情を見せる。

4.猫の気持ちを察することのできる人

言葉は交わさずとも雰囲気などで感じとることが大切。

5.適度な距離を保てる人

猫は飼い主さんなど人との触れ合いも大切にするが、
一方で自分の時間も大切にする生き物。
四六時中ベタベタされると、ストレスをためてしまう。
そのため、適度な距離を持って付き合える人の方を好むのだ。
猫が甘えたいときはたくさん甘えさせてあげ、
そっとしておいてほしいときにはそのようにしてくれる。
そんな人を、猫は慕ってやまない。

クリックすると元のサイズで表示します

○猫に嫌われる人の特徴

声:
大きな声の人、高音すぎるの声の人、
手を叩く癖がある人、足音がうるさい人、
低い声の人
は猫に嫌われる傾向がある。
特に猫に嫌われる男性はこの特徴を有していることが多い。

表情:
表情が険しい人、いつも怒ったような顔をしている人。
人同士でも近づきにくいが、それは猫も一緒。
怖い顔の人よりもニコニコ笑って優しくしてくれる人のほうが好きなのはもちろん、
猫に好かれやすい人は優しい表情をしている人が多い。

男性:
男性より女性のほうが猫に好かれやすいという傾向がある。
その理由は男性のほうが声も大きく低いのと、
表情が固い人が多い。
更にに猫は男性の汗の匂いが苦手。

クリックすると元のサイズで表示します

○猫に嫌われる行動

大声を出したり、大きな音を立てる
いきなり撫でる
無理矢理抱っこする
追いかける
尻尾や肉球など触れたくない場所を触る
急に動く
怒鳴る
猫の目を見つめる
猫を見下ろす
猫をベタベタと触る
隠れてる猫を無理に外へ出す
猫がのんびりしてるところを邪魔する
強いニオイの香水を付ける
タバコを吸う、柑橘系のニオイを付ける

クリックすると元のサイズで表示します

○猫に好かれる5つのコツ

1.優しく話す、静かに話す
2.動作はゆっくりと、なるべく動かない
3.猫にあまり構わない
4.猫のペースに合わせてあげる
5.ゆっくりと高めの声で話す

クリックすると元のサイズで表示します

○猫が好きなタイプ
 ・自由気ままな猫を放っておいてくれる人
 ・近くに来るまでじっと待っていてくれる人
 ・話し方が穏やかで物静かな人
 ・物腰が柔らかく動きがゆっくりな人
 ・無理に触ったり抱っこをしない人
 ・威圧感の無い人
 ・怒ることが少なく優しい人

○猫が嫌いなタイプ
 ・自分の都合で猫にかまう人
 ・猫を追いかけまわす人
 ・声が大きく騒がしい人
 ・動きが予想できず雑な人
 ・無理に触ったり抱っこをする人
 ・体が大きく威圧感のある人
 ・気性が激しくよく怒る人

クリックすると元のサイズで表示します

○心を掴んだ証拠!猫がなついた時にする仕草

1.尻尾がピンと立っている

尻尾をピンと垂直に立てている時は
「うれしい・甘えたい・遊んでほしい」と思っている。
尻尾を立ててスリスリしてくる時は、おねだりモード。               
2.ニオイを付けてくる

猫は縄張り意識の強い動物。
顔まわりや尻尾から分泌される自分のニオイを、
壁や柱にスリスリとこすり付けて回る。
ニオイ付けは人間にもしてくるが、気に入った相手にしか行わない。
愛着を込めて「この人はアタシ(ボク)のもの!」とスリスリするのだ。

3.全てをさらけ出す

猫に限らず、動物は睡眠中や排泄中などに警戒心を強くする。
野生時代なら外敵に攻撃されやすい無防備な状況なので。
すべき場面で、仰向けになって熟睡したり、
目の前でトイレを使ったり、
人の視線を全く気にせず食事をしたり、というように、
猫がとてもリラックスしているなら、
それは完全に心を開いている証拠。
全てをさらけ出して「アナタのことは敵視していません」とアピールしている。

クリックすると元のサイズで表示します 

○心を開いている猫だけがする仕草・行動4つ

1.お腹を出す

お腹を見せてくれるようになったら、猫から信頼されている証拠。
お腹は一番弱い部分なので、
敵だと思っている相手に見せることはない。
目の前でコロリと床に寝転んでお腹を出す時は、
猫がリラックスして甘えたい気分の時。

2.お尻を向ける

リラックスしている猫が、お尻をこちらに向けてくるのは、心を開いている時。
お腹と同じ急所であるお尻を向けるということは
猫が信頼を寄せている証拠なのだ。

3.フミフミをする

お乳を揉み出すように前足の2本を交互に動かす姿がフミフミ。
フミフミを身体や寝ている布団でするようになったら、
猫から親と思われている証拠。
猫が納得するまで、思う存分フミフミをさせてあげよう。

4.一緒に寝る

猫は心を開かなければ人間と一緒には寝ない。
寝ている時は敵から襲われやすくなる時なので、
信頼して自分の身を任せられる人でなければ近くでは眠らない。
ただし身体の上に乗ってくるタイプは、
人間より少し優位な立場にいると思っているかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

○猫が「反省の気持ち」を伝えている時の仕草・行動5つ

1.目を合わせない

何となく逸らしてしまう時は「いけないことしちゃったニャ」と思っている時。
少しだけ時間を置いてから、声がけしてえげるとよい。

2.大人しくしている

存在感をなくすようにしているのも反省をしている時。
人間との距離感をどのようにして埋めようか考えているところだ。

3.グルーミング

グルーミングは猫の「転位行動」の一つ。
反省し、気持ちを落ち着けようとしてグルーミングが多くなる。
反省しているのだと考えてあげることだ。

4.あくびや伸び

あくびや伸びも同じく転位行動で、反省をしている時。
あくびや伸びをすることで血行の巡りを良くし冷静になろうとしている。

5.甘えてくる

猫は反省している姿を「甘え」という形で表現するかもしれない。
猫がおねだりするようにスリスリしてきたり、
膝に乗ろうとしてきたりするならば許して欲しいと全身で表している。
反省時間が長すぎると猫も忘れてしまうので、
加減の良いところで許してあげることだ。

クリックすると元のサイズで表示します
                                        
○「猫ファースト」な飼い主が起こしがちなトラブル5選

1.肥満にしてしまう

猫ファーストな飼い主さんは、
おやつを与えて甘やかしてしまうことがある。
それが適度なら問題ないが、過剰になると愛猫を肥満にさせてしまう。
ぽっちゃりにはデメリットがいっぱい。
足腰に負担がかかったり病気になりやすかったりする。
いくら愛猫がおねだりしてくるからといって、
与える量はしっかりと管理することだ。

2.猫依存症

猫がいないとダメになってしまう「猫依存症」。
仕事をしていても今何をしているのか気になってしかたがない、
愛猫がなくなったらと考えると取り乱してしまう。
猫ファーストはよいけれど、それで依存的になってしまうと危険。
愛猫以外に興味が向くものを積極的に探そう。

3.寿命が短くなる

おやつの与えすぎで病気になってしまうことがある。
糖尿病や高血圧、尿石症など。
それだけではなく、体のあちこちに負担がかかり、寿命に響いてくる場合も。
猫の健康管理は飼い主さんの役目。
おやつの量はもちろん、体重を定期的に測るなどして、
チェックすることが肝要。

4.分離不安症になってしまう

猫ファーストにより飼い主さんのあまりに熱い愛情を受けると
「分離不安症」になってしまう可能性も。
分離不安症とは、飼い主さんなど、
猫が愛情を向けている対象が見えなくなると不安におちいる精神的な症状。
留守番中に粗相や破壊行動などの問題を起こすことがある。
愛猫をかわいがるのはよいのですが、適度がよい。

5.全くしつけられなくなる

猫のいうことをなんでも聞きすぎていると、
やりたい放題の猫が出来上がってしまう可能性がある。
なんでもOKにしているとそれが当たり前になるので、
我がまま放題の猫に育ってしまう。


[最近は、↓のような姿を「ネコが落ちている」と言うらしい。]

クリックすると元のサイズで表示します


写真集『海人』と『鯨人』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

インドネシアのレンバタ島のラマレラ村の
伝統鯨漁を捉えた写真集。

映画「くじらびと」を撮った
カメラマンの石川梵(いしかわ・ぼん)さん↓が、

クリックすると元のサイズで表示します

カメラに収めた画像の数々。
B4判の大型本だから、
写真が大きく迫力満点。
2ページを使った見開き写真はB3判で、
更に迫力が増す。

膨大な写真を撮ったと思われるが、
その中で選別した珠玉の写真が69枚
写真にはキャプションを付けず、
最後にまとめて写真の説明がついている。

クリックすると元のサイズで表示します

木製の手作りの船を押して出航する様子、
船の上で鯨の姿を求めて待機する様、
鯨を発見して近づき、
船の上からダイブして銛を突きたてる姿、
尾びれを叩いて抵抗する巨大な鯨。
鯨を縄で引き寄せ、包丁でとどめを刺そうとする。
海面が血で染まり、鯨が最後の抵抗をする。

クリックすると元のサイズで表示します

鯨を浜にあげ、村人総出で解体する。
浜辺でミサを上げて鯨に感謝する村人たち。
岩から海に飛び込んで銛打ちの練習をする少年。
村人の老人のしわだらけの手。
そして、村人たちの年輪は人生を感じさせる顔、顔、顔・・・

クリックすると元のサイズで表示します

地球のどこかで行われている
生の営みを描いて、
胸に染み通る写真集である。



クリックすると元のサイズで表示します

「鯨人」は、石川梵さんが、
昔ながらの鯨漁をしている人々がいる、
という噂を聞きつけ、
インドネシアのラマレラ村に行き着き、
鯨漁を写真と映画におさめるまでの忍耐を記す本。
新書版。

写真集「海人」と映画「くじらびと」との
3点で完成品となる。

なにしろ、シンガポールから
ジャカルタ経由でバリ島に飛び、
バリのデンパサールから飛行機でフローレス島のマウメレへ。
およそ3時間。
バスで島の東端のラウントゥカまで4〜5時間。
定期船でレンバタ島レオレバへ。
レオレバから週1便の船で
5時間かかってラマレラ村へ。

そこで、村人の家に泊まって、
鯨が来るのをひたすら待つ。
機会を逃さないように、
浜で待機。
先にいたベルギー人のテレビカメラマンから、
中学校の卒業式の撮影に行っている間に、
鯨が来て、せっかくのチャンスを逃した、
という話を聞いていたからだ。
実際、石川氏が所用で日本に帰国した翌日、
鯨が来た、ということもあった。

こうした忍耐の日々を克服して、
鯨漁の撮影を果たした裏話が読める。

石川氏がこの島を最初に訪れたのは1991年。
鯨漁撮影に7年を費やし、
「海人」の刊行が1997年9月、
「鯨人」の刊行が2011年2月。
そして映画の公開が2021年9月。
気の遠くなるような道のりである。

映画「くじらびと」については、↓をクリック。

映画「くじらびと」


映画『ギルティ』(リメイク版)  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

このブログでも紹介したデンマークの映画↓を

クリックすると元のサイズで表示します

ハリウッドででリメイク。
それも、ジェイク・ギレンホールというスターを起用しての本気のリメイク。
監督は、「トレーニングデイ」「イコライザー」の一流監督アントワーン・フークア
いやがおうにも期待が高まる中、
10月1日からNetflixで配信
その前に少数の映画館で限定公開。

内容はオリジナルほとんどそのまま、
緊急通話センター(911。日本で言う119番)の
室内だけで展開されるサスペンス。

クリックすると元のサイズで表示します

つまらない通報でうんざりしている警察官が
緊迫感のある女性の電話に、
背後に聞こえる男性の声から
「誘拐されたのではないか」とピンと来る。
車の所在場所をおおまかに把握して、パトカーを向かわせる。
一方、電話の女性の家に警官を向かわせると、
子供が二人取り残されており、
うち一人が傷つけられていた。
また、女性と一緒にいると思われる男性(元夫)を判明させ、
車が向かっている場所を割り出し・・・
と、一本の通報電話をもとに、
犯罪の防止に役立てるが・・・

という基本線は全く同じ。

大きな変更は場所をロサンゼルスにし、
大規模な山火事が発生中という設定にしたこと。
それにより、警察が動きが取れず、
視界も不良という状況を作り出す。

もう一つの大きな変更は、主人公のキャラクターで、
冷静沈着なオリジナルの警察官に対し、
リメイク版は、心身共に病んだ男に設定している。
主人公は喘息持ちで吸引機に頼っているし、
離婚状態で娘に会いたいと希望しているがかなわない。
携帯電話の待ち受け画面に娘の写真を載せている。

翌日に控えた裁判のからみはリメイク版の方が分かりやすい。
誘拐事件を通じての主人公の心変わりも明確だ。

また、傷ついた子供は、
オリジナルでは死ぬが、
リメイク版では命をとりとめる

という違いがあるが、
オリジナル版、リメイク版共に、
緊急連絡室の中、
終始主人公にカメラが向けられているという状況は同じ。
というか、緊急通話センターに限定した映画作りに魅力を感じて
リメイクしたのだろう。

しかし、パトカーが疑いのある車に接触する場面などが
2回ほど挟まるのは、
基本からの逸脱。
主人公の想像の世界での出来事とも取れるが、
余計な描写だ。

緊張感が解けず、
終始サスペンスが持続する両作品だった。
映画の長さはオリジナルが1時間28分、
リメイク版が1時間31分とほぼ同じ。

イーサン・ホーク、ポール・ダノ
声だけの出演をしている。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/V46bZlRyvFA

オリジナル版の感想ブログは、↓をクリック。

映画「ギルティ」(オリジナル版)

タグ: 映画

根拠のない話  政治関係

北朝鮮による拉致被害者に関して、
立憲民主党の生方幸夫という議員がした発言が問題になっている。
                                   
9月23日に千葉県松戸市で行われた会合で、
「拉致問題は本当にあるのか。ないんじゃないか」
などと発言。
その上、
「なんでしたっけ。小さな女の子。高校生か中学生かで…」
と横田めぐみさんの名前まで失念。
参加者から「横田めぐみさん」と指摘され、
「横田さんが生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も」
「客観的情勢から考えて、
生きていたら(北朝鮮は横田さんを)何で帰さないのか。
生きているなら帰すではないですか。
帰さない理由は全くない」

さらに、
「日本から連れ去られた拉致被害者というのは
もう生きている人はいない。
政治家は皆そう思っている」

改めて参加者から
「横田さんは生きていないということですか」
と問われた生方氏は、
同様の見解を繰り返した。
「生きていないですね」

拉致被害者の支援団体などから抗議を受けると、
発言を撤回、支援団体に行って謝罪。
自身のツイッターで、
勉強不足と思い込みからそのような発言をしたと再度謝罪し、
立憲民主党千葉県連会長の職を辞任する意向を示した。
また、10年12日、生方氏は議員を辞職し、
次の衆院選での公認を辞退する意向を固めたが、
衆議院は10月14日に解散されるため、
実際には議員辞職ではない。

この発言に対し、めぐみさんの母親の横田早紀江さんは
「こんな日本人がいることに驚いた」
と言っているが、そのとおり。
勉強不足だと。
国会議員が勉強不足で済むわけはない。
思い込みって、どんな思い込みなんだ。

人は様々だから、
心の中で思うのは仕方ない。
しかし、人前で意見として言う以上、
根拠と証拠が必要だろう。
生きていないという証拠はあるのか。
「生きているなら帰すではないですか。
帰さない理由は全くないし」
というのも認識不足。
なにしろ相手は核とミサイルで世界を恫喝している
ヤクザの国だ。
まともな感覚が通用しないのだ。
そして、
「政治家は皆そう思っている」
「自民党の議員も」
というのなら、その根拠を示さなければならない。

このような、根拠のない発言が多すぎる。
自民党の総裁選を巡る報道もそうだった。
派閥同士のあれこれを書いても、
根拠を示さないから、推測記事と言われても仕方ない。
情報源の秘匿を盾に、
その根拠を示さない。
「こうではないか」
「こうであったら面白い」
「こうであったら記事になる」
で書かれては、読まされる方はたまらない。
一番ひどいのは、
「岸田が総裁選に出たことを後悔している」というもので、
何回も総裁選に立候補し、何カ月も前から計画していて、
実際勝利をおさめた人が後悔?
何を根拠に。

マスゴミの政治記者の質が劣化しているとしか言いようがない。

根拠と証拠の希薄といえば、
最近、日本の感染者数が減少していることについての韓国の報道も同じ。

第5波が済んで、
日本の感染者数は激減。
昨日で、全国の感染者数は611人、
東京の感染者も77人と、
通年でも最低レベルにまで減少した。

一方、韓国の感染者は、
たとえば、10月10日は1297人、
このうちソウルの感染者は511人。

韓国と日本の一日の感染者数が逆転したのは9月24日で
日本の2093人に対して韓国は3273人。
ソウルと東京の感染状況が変わったのはそれもよりも5日も早い9月19日で、
東京の565人に対してソウルは583人と18人も多かった。
韓国は日本の人口の半分だから、
比率的にはもっと高い。

一時期、韓国は「K防疫の勝利」と言っていたが、
今は見る影もない。

その日本の感染者激減に韓国がまた難癖をつけている。

韓国の左派論客として知られる金於俊(キム・オジュン)氏は
ラジオ番組で、日本の感染状況について
自民党政権が10月31日投開票の衆院選で勝利するため、
PCR検査数を減らし感染者数を抑制しているとの持論を展開した。
金氏は「1カ月で感染者が10分の1になるなんてことはない。
そんなやり方があれば世界はとっくにコロナを撃退している」
「政府が詐欺行為を働いてはいけない」と非難。
「日本メディアも(日本政府の不正を)指摘できずにいる」
とした。
しかし、主張の根拠は何も示せない
つまり、憶測でものを言っているにすぎない。

大手メディアでも中央日報(日本語電子版)が
「検査者の減少による『錯視効果』ではという指摘もある」
と報じた。
日本の感染減を素直に受け入れられないのだ。

感染者数の公表に政府が手加減することが出来ないのは、
感染者数は、各都道府県で集計したものを
総合的に集計しているだけだという実態を知れば、
すぐ分かることだ。
まして、感染者数を減らすために
PCR検査を抑制せよ、
などという指示が政府が都道府県に出していたら、
すぐに情報が漏れて、
一大スキャンダルになる。

つまり、政府が「不正集計」をしているという主張には、
何の根拠も証拠もない

では、なぜそんなことを言うのか。
自国の感染数が増えているのに対して、
日本が減少していることを
認めたくないからだ。
それには、政府が不正集計をしている、
と結論づける。
根拠も証拠もなくても、言ったもの勝ちだ。

そこには、「非礼」だとかいう概念はない。
また、自分がそうだから、人もそうだ、という
思考が働いている。
わが子が万引きしたと聞けば、
「そんなことをするはずがない」というのが普通の親の気持。
しかし、親が万引きをした経験があれば、どうなるか。
「したかもしれない」と思う。
韓国が日本の集計に疑いを持つということは、
常日頃、そういう不正をしているという証左に他ならない。

そして、言えるのは、
「韓国人は性格が悪い」ということ。
他の国の成功を素直に喜べず、
難癖をつける。
ほとんどいちゃもんのレベル。

そういう友人はつまはじきにされるだろう。
何度でも言う。
韓国人は性格が悪い。
性格の悪さは一生直らない






AutoPage最新お知らせ