映画『シンデレラ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

9月3日から Amazon Prime Video で配信されたミュージカル

題材は古いが、現代的にアレンジされている。
シンデレラ(エラ)は、王子様を待っている女性ではなく、
ドレスデザイナーとして自立することを強く望んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

王子は伝統やしきたりに囚われない現代的な若者だし、
王権にこだわらず、
王座は、政策通の妹に任せ、
シンデレラと共に世界に飛び出していく。

クリックすると元のサイズで表示します

監督はケイ・キャノン
シンデレラをつとめるのは、カミラ・カベロ

クリックすると元のサイズで表示します

王子はニコラス・ガリツィン

王様にはピアース・ブロスナン
王妃にはミニー・ドライヴァー

クリックすると元のサイズで表示します

意地悪な継母に「アナと雪の女王」のイディナ・メンゼル

クリックすると元のサイズで表示します

シンデレラに魔法をかける蝶の精にビリー・ポーター
という豪華版。

クリックすると元のサイズで表示します

馬車を守るネズミの化身の一人に、
この映画のプロデューサーを兼ねるジェームズ・コーデンも登場する。

歌はマドンナの「マテリアル・ガール」他、
既成の曲が使われ、
ミュージカルシーン、ダンスシーンは、
伝統に囚われず斬新。

クリックすると元のサイズで表示します

全てにおいて新感覚のミュージカル

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/ycs_17mMcAw

「シンデレラ」のミュージカルは、
オスカー・ハマーシュタインとリチャード・ロジャースのものが有名だが、
このたび、
「オペラ座の怪人」のアンドリュー・ロイド・ウェバーによる
新作オリジナル・ミュージカルがロンドンで上演されることになった。

クリックすると元のサイズで表示します

先のアカデミー賞で脚本賞(「プロミシング・ヤング・ウーマン」)を受賞した
エメラルド・フェネルが脚本を担当。
こちらも期待できそう。


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ