ああ菅総理、そして立憲民主党  政治関係

菅総理が、自民党総裁選に出馬しないと表明して、
政局は全く違う様相を呈している。
遠からずやって来る衆議院選挙で、
野党は菅総理を責め立てて勝利、
ひょっとすると政権交代も、
と夢想していたが、
その夢は吹っ飛んでしまった。

政局は自民党総裁選の帰結一点にしぼられ、
次期総裁の人物次第では、
自民党圧勝の見通しを立てる人さえいる。

自民党の支持率は、
他の野党を差し置いて上昇しており、
その点で、菅総理を「自民党の救世主」とさえ言う人もいる。

考えて見れば、菅総理は不幸な巡り合わせだった。
火中の栗を拾った対コロナに対しては、
誰がやっても及第点はもらえない。
次々と新たな局面が生じ、
その対応は予測不能。
予測できないから、後手後手の印象を与える。
デルタ株による感染爆発など、
専門家でも見越している人は少なかった。

世界を見回しても、
初期対応を素早く展開した少数の国を除いて、
どの国も同じ状況だった。
だからといって、政権が倒れたという話は聞かない。
この未知の災厄に対して、
誰がやっても同じ、
だと分かっているからだ。

しかし、日本では、コロナ禍の怨嗟
菅総理一人に向けてしまった。
世界の他の国と比べてみれば、
日本の施策はまだましだと言えるのに。

その中で、
菅総理の不運は、
自民党総裁の改選と、
衆議院議員の任期が迫っていたこと。
期限を切られてしまったのだ。

もちろん菅総理にも問題がある。
致命的な発信力の低さは、
頼りない、という印象を与えてしまった。
私など、なぜ国民に向かって正論を吐かないのかと
不思議に思う局面が多々あった。
文字を読むのではなく、
自分の言葉で、熱い想いを伝えたらよかったのに。

総合的にいえることは、
危機の時、非常時の指導者ではなかったということだろう。
平時の時ならば、
立派な宰相として使命を全うした人かもしれないのに、
100年か200年に一度の災厄とめぐり会ってしまったのだ。

しかし、追い込まれた結果とはいえ、
引き際は間違えなかった。
安倍さんの時も思ったが、
自分が身を引くことで、
将来の道を開く、ということは確かにあるのだと思う。

困難な局面にあっても、
五輪の開催を実行したことは、
もっと讃えられていいと思う。
投げ出すことによってもたらされる
日本の信用失墜を防いだのだ。

新総裁(新総理)が誰になるかは、今のところ不明だが、
世代交代が進むような人物になってほしいと思う。

ところで、
戦略の変更を余儀なくされた野党だが、
最近、枝野幸男代表が、
次期衆院選で政権交代を実現した場合、
「枝野内閣」の初閣議で直ちに決定する7項目の政策
というのを発表した。

その内容は,次の通り。

@2021年度補正予算の編成
A新型コロナウイルス感染症対策司令塔の設置
B2022年度予算編成の見直し
C日本学術会議人事で任命拒否された6名の任命
Dウィシュマさん死亡事案における監視カメラ映像ならびに関係資料の公開
E「赤木ファイル」関連文書の開示
F森友・加計・『桜』問題真相解明チームの設置


@ABはいいとして、
C以下の4項目は何だ?

ある記者は、この話を聞いて、
よくできたフェイクニュースだと思い、
事実と聞いて、めまいを覚えたという。

一体、政権を何だと考えているのか。
国家観や未来像は提示できないのか。
外交、防衛、教育、福祉はどうしたいのか。
あまりに器の小さい問題提起ばかり。

しかも、森友・家計・桜など、
とっくに政治的には終っている問題を
蒸し返す。
つまり、過去にこだわり、
未来を指向しない

韓国と同じではないか。

そして、政権のあら探しをし、
足を引っ張っていれば、
国会議員でいられるという甘さがミエミエだ。
政権を本気が取れると思っていないのだろう、
と分かってしまう。

コロナ禍の中でも、
立憲民主党の支持率は上がらなかった。
当然だろう。
国民は、
国の未来をどうしてくれるのかを求めているのに、
それに応えない。
応える能力がないのだとしか思えないのだから。





AutoPage最新お知らせ