映画『少年の君』  映画関係

[映画紹介] 

クリックすると元のサイズで表示します
                                   
進学校に通う高校3年生の少女チェン・ニェンは、
大学進学のための全国統一入学試験を控え、
勉学にいそしむ毎活だった。

ある日、一人の同級生がいじめを苦に校舎から飛び下り自殺をし、
その遺体が生徒たちのスマホで撮影されていたことから、
自分の上着を脱いで、遺体にかけてやる。
しかし、そのことをきっかけに、
チェンは新たないじめの標的となってしまう。
成績が良いことへのやっかみもあり、
また、自殺の背後にいじめがあったことを
通報したこともいじめに拍車をかけた。

チェンは下校途中、
集団暴行を受けている少年・シャオベイと出会う。
共に孤独を抱えた二人は次第に心を通わせていく。

クリックすると元のサイズで表示します

優秀な高校生とチンピラの恋という、
ある意味、手垢が着いたありきたりな題材が、
どうしてこうも瑞々しく美しく感じられるのだろう。
それは、監督のセンスとしか言いようがない。
アップと引きとの絶妙なバランス。
写すべきところを写さないぎりぎりのところで描写する
抑制の効いた演出。
終わり近く、
拘置所で面会した二人が
一言の言葉を交わすことなく、
泣き笑いをする場面。
ラスト、2台の護送車で、
まるで隣にいるかのように対話する二人の顔にかかる日の光
冒頭とラストに二度出て来る、
教師になったチェンが英語の文法を説明しながら、
失った過去の光をなつかしむ。
そして、自分と同じ境遇の女の子に、
同じ「守り人」がいることを示唆する。
哀切なラストだ。

クリックすると元のサイズで表示します

背景にあるのは、貧困と格差といじめ
チェンは母子家庭で、
母親は詐欺まがいの商売をしていて、
クレームと借金取りに責められながら、
チェンの学費を稼いでいる。
アパートの壁には、そのことを非難するビラが貼られる。
学校にも家庭にも心休まる居場所がどこにもない追い詰められた状況。
その境遇から抜け出すためにも、
チェンは良い大学に進学しなけれはならないのだ。

一方シャオペイは
父母を知らず、施設で育った。
地域の暴力団の下っ端でケチなシノギをしている。

チェンがいじめにあっていることを知ったシャオペイは、
チェンを守ってやろうとし、
チェンの通学路を見守り
自分の住居に泊めてやることもする。
しかし、肉体の接触はない。
そして、ある事件が起こり、
二人だけの秘密が交わされる。

まさに映画が監督のセンスの産物であることを感じさせる仕上がり。
観客は、一瞬も画面から目を離すことが出来ず、
二人の運命を凝視する。
そして、二人への共感が観客の心を掴む。

学校の個人の机に参考書が山積みされていたり、
全国統一大学入試のために
決意表明するところなど、
中国の学歴社会のすさまじさをかいま見る。

本国では、殆ど宣伝が行われないまま公開されたにもかかわらず、
クチコミで劇場数が増え、
250億円近い興行収入を叩き出しという。
香港アカデミー賞ともいわれる香港電影金像奨では
作品賞・監督賞・主演女優賞を含む8冠を達成し、
先のアカデミー賞では国際長編映画賞にノミネートされた。

監督は「インファナル・アフェア」(2002)の名優エリック・ツァンの息子の
デレク・ツァン
チェンを演ずるのは女優チョウ・ドンユイだが、
公開時27歳で高校生を演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

まるでこの役を演ずるために生まれてきたような演技。
シャオペイは元アイドルのイー・ヤンチェンシー

クリックすると元のサイズで表示します

この二人の演技が素晴らしい。
音楽も効果的。

今年出色の作品。
お薦め

5段階評価の「5」

予告編は↓をクリック。

ル・シネマ他で上映中。

タグ: 映画

オリンピックと主催国の犠牲  様々な話題

作家の百田尚樹氏が28日、
ツイッターでテレビ朝日「モーニングショー」を痛烈に批判した。

28日の「モーニングショー」で、
米国を破り金メダルを獲得したソフトボール日本代表選手を出演させて
インタビュー。
羽鳥慎一アナは「本当に素晴らしいプレーでした」などとたたえた。

これに噛みついたのが百田氏。
「まず最初に、
『皆さんの活躍の場を奪うために、
五輪開催に反対して、すいませんでした』
と謝ってから、インタビューしろや」

さらに
「『五輪反対と選手応援は別』というのが、
五輪反対を唱えていたメディアやエセコメンテーターの言い分だが、
こんな欺瞞はない!
彼らは選手たちの活躍の場を奪う為に、
なりふり構わず開催に反対してきた。
メダリストを応援するなら、
まず自身の発言を総括してからにせよ!」

と強い口調で批判した。

百田氏のツイートに対し、
ネットでは次のような意見が書き込まれている。

○これはその通り。
モーニングショーとバイキングは
選手に謝罪してからインタビューするべき。
選手から拒否されても良いレベル。

○本当に同じことを思いました。
今朝のモーニングショーは
トップニュースでコロナ感染が増えて危ない危ないと言ってましたが、
いつもならここでオリンピック批判が出るところ出ず、
どうしたと思ったらソフトボール代表が出演。
どのツラ下げて出演依頼したのかあきれ果てました。
人には火のような批判を浴びせ、
自分の筋が通らない時は知らんぷり。
人に厳しく自分に甘いのはマスコミの特徴です。

○これは本当にそう。
開催しなければメダル獲得のチャンスも当然無かったわけで。
どう開催するか知恵を出し合ってたのならまだしも、
中止派はほとんどの人は、やるなの一点張りだった。
その先陣を張っていたモーニングショーは、
ここでこそ報道しない自由を発動して
オリンピックを扱わないでほしい。
あと、TBSのサンデーモーニングも。

○どの放送局にも言えることだが、
選手に「このコロナ禍でオリンピックができることに感謝します。」
と言わせるのは本当に卑怯。
自分たちはオリンピックに入った途端に手のひらを返している一方で、
選手の立場につけ込んで自分達の免罪符代わりに
選手からコロナ禍に絡めたコメントを求めているようで本当に醜い。

○その通り。
寝ても覚めても五輪批判を繰り返して、
五輪アスリートの活躍の場を潰しにかかっていた。
そのくせ自分たちは五輪のオフィシャルパートナーに成ってたり、
五輪の放映権はチャッカリ確保していた。
正確に言えば、マスコミは五輪批判を政権批判に利用していただけ
菅内閣潰しの為に五輪アスリートたちの活躍の場を奪おうとしていた。
その欺瞞は絶対に許してはならない


ところで、
創業以来最大の赤字を出した朝日新聞をはじめ
厳しい経営が続く新聞業界は、
期待したスポンサー企業の広告が入らず困惑しているという。

朝日新聞は「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」
といった社説を掲載するなど、
その後も反五輪の主張を繰り返してきた。
こうした五輪批判をするメディアへのCMや広告は
国民の共感を得られないという判断が企業側にある。
大手新聞社の幹部がこう嘆く。
「通常ならスポンサー企業が連日
ご祝儀広告をがんがん載せてくれるはずでした。
ところがほとんど入らず新聞業界は大打撃です。
朝日新聞の五輪批判がスポンサー企業に好感されるはずがありません。
企業の朝日新聞への反発が他の新聞社にも直接響いてきているんです。
広告の出稿は電通の仕切りですから、
1社に広告が出せなければ他社も横並びになるんです」


開会前、各種世論調査では、
オリンピック開催反対の声があふれていた。
しかし、今はオリンピック歓迎の雰囲気だ。
                                        
私は、開会式の放送で、
日本人の意識が変わった
のだと思っている。
それまでは、
いろいろ不祥事があって、わずらわしい、
自分には直接関係ないし、
税金も使われるようだし、
いっそのこと、やめちまえばいい、
と軽い気持で捉え、
世論調査で「開催反対」に一票を投じていた人々が、
開会式の各国選手団の入場行進を見て、
改めてオリンピックの意義を認識したのだろう。
入国さえまともに報じられなかった選手団が
一堂に顔を揃え、
大きな国も小さな国も
知っている国も知らない国も
こんなにも沢山の若者たちが集っていることに驚嘆した。
そして、その若者たちが、
オリンピックの日まで精進し、
努力を重ねてきたことに思いをはせた。
世界中の若者たちが技を強さを速さを競う
唯一の世界祭典
その主催国ニッポンとしての責任を感じたに違いない。

その後の日本選手の活躍ぶり。
選手たちがインタビューで異口同音に、
「オリンピックを開いてくれてありがとう」
という言葉を聞いた時、
彼ら若者たちが、
どれほどオリンピックをめざして努力を重ねてきたかを初めて知った。
そして、運営に携わる人々のことも。
各国選手団の受け入れをし、部屋を配分し、
連絡し、運搬し、試合を運営し、記録し、
どれほど大勢の人が
この行事を成功させるために努力してきたか


「中止」を軽々しく言うことは、
そうした人たちの努力を無にすることだったのだ。
一体いつから日本人は、
努力している人たちのことを思いやることが
できなくなってしまったのだろう。

あやうく我々は、
大きな間違いを仕出かすところだった。
コロナ対策で政府の対応にいろいろ不満はあっても、
そうした困難を越えて、開催を決断したことは、
間違っていなかった、
と国民はみんな悟った。
目が覚めたのだ。

だから、今頃になって、
選手を褒めたたえることに参加する
番組に対しては違和感をおぼえている。

今日の産経新聞で、
東京国際大学特命教授の村井友秀という方が、
「犠牲が尊敬を生むオリンピック」
という一文を寄せている。

クリックすると元のサイズで表示します

抜粋すると、

オリンピックは、個人が世界一を目指して戦う
世界選手権ではない。
貧しい国も金持ちの国も
世界中の国が参加できる世界の祭りである。

各種競技の世界選手権に参加する選手は
勝利すれば個人の名誉であるが、
オリンピックの出場選手は国民の代表であり、
代表選手の勝利は国民の名誉になる。

だから国民は代表選手と一体化し、
選手が勝てば我がことのように喜ぶ。
 
                     
というオリンピックの特色をあげ、
祭りの意義につなげる。

日本に限らず世界中で、
祭りは地域の中から
その年の祭りを担当する家(総代)が選ばれ、
選ばれた家が寺社に多額の寄付をし、
様々な経費を負担することになっている。
祭りを担当する家は寄付をすることによって権威を保ち
地域社会を維持する。
総代は地域のためにやっているのであり、
金儲けではない。
総代は地域のために犠牲を払うから尊敬されるのである。

今回のオリンピックは日本が総代になった。
日本がやるべきことは
「主催国として大会を開き
世界の国々に対する義務を果たす」(菅義偉首相)ことである。
世界中の普通の人は、
金を儲けた人ではなく
他人のために犠牲を払った人を尊敬する。

世界の祭りを守るために、
日本人が払った犠牲が大きければ大きいほど
世界の尊敬も大きくなるだろう。
「大会が可能になるのは、
日本人が粘り強さと逆境に耐え抜く能力を持っているからである。
日本人の美徳に感謝したい」とバッハ会長は述べた。

日本人が犠牲を恐れずに
世界の祭りを守ることができれば、
「困難な状況でもオリンピックを実行できる
日本人の優秀さを世界にアピールする機会になる」(南米サッカー関係者)

納得する一文だ。

オリンピックが終った後、
無観客で入場料収入が得られなかった結果の
負担をどこがするかでまたもめるだろう。
しかし、そもそも、
我々は金儲けのために開催したのではない
IOCの金儲け主義などどうでもいい。
犠牲を払ってでも、
世界の平和の祭典を開催する責任を果たそうとしたのだ。
国民にそのしわ寄せがこようとも、
世界の祭りを守ったという
満足感で、
そのマイナスを乗り越えていこうではないか。


短編集『コロナと潜水服』  書籍関係

[書籍紹介]
                                 
クリックすると元のサイズで表示します

奥田英朗による、ちょっと不思議な話6篇。
「小説宝石」に掲載された作品を収録。                 

海の家

小説家の村上浩二は、妻の不倫が原因で、
一時的に家を出ることにした。
避難先に選んだのは、
葉山の御用邸近くの古民家。
秋には取り壊しが決まっている家なので、
期間限定で安く借りられたのだ。
死んだようになっていた家だったが、
村上が庭の草刈りや壊れたところの修理をしているうちに、
生き生きと蘇ってきた。
しかし、誰もいないはずの場所から子供の足音が聞こえ、
その古民家には、
7歳で亡くなった小さな子どもの霊が住み着いているらしい。
やがて浩二は、その子に命を救われることになる・・・

相続税の問題で、
取り壊さざるを得ない一帯の
古き良きものが失われていく悲しみを描く一篇。

ファイトクラブ

家電メーカーに勤める邦彦は、
希望退職に応じなかったため、
「追い出し部屋」へ異動になった。
工場の警備の仕事だ。
しかし、警備会社も入っており、
とりたててやることがない。
同じように早期退職に応じなかったために
ここに島流しにあった4人の同僚も、
会社の仕打ちに耐えながら、
定年までの時間をすごしていた。
物置で昔会社にボクシング部があった頃の
装備を発見した邦彦たちは
勤務時間が終った後、
仲間らとボクシングの真似事をしていたところ、
嘱託社員だという男が現れ、
指導をしていくようになった。
コンテナの陰から現れ、
終ると、いつの間にかいなくなっている不思議な男。
その男の指導で邦彦たちの技量はどんどん上がった。
そして、ある事件がきっかけで、
その正体が分かる時が来る。

占い師

フリーアナウンサーの麻衣子は、
プロ野球選手の恋人・勇樹がいる。
プロポーズを待っていたが、思うような展開にはならない。
成績が上がり、人気が出て来ると、
他の女たちが群がるようになり、
取られるのではないかと心配になる。
女社長に紹介された占い師に会いに行くと、
その若い占い師は、麻衣子の心理を見抜いてしまう。
そして、成績が下がるように呪文をかけると、
恋人はスランプに陥り、周囲から女の姿が消える。
しかし、心配になって、また占い師に会い、
成績が上がるように祈ると、
オールスターで本塁打を3本打って、復活する。
しかし、また、周囲に女が群がり・・・

という中で、麻衣子は、自分が勇樹に何を求めていたかという、
自分自身の真実の姿に目覚めることになる。
そして、その占い師の正体は・・・

コロナと潜水服

会社員の康彦は、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務になった。
5歳の息子と過ごすうち、
息子が不思議な力を持っていることに気が付いた。
コロナ感染の危険をあらかじめ察知するのだ。
偶然かと思っていたが、何回も繰り返すうちに、
本当ではないかと思えるようになる。
しかし、康彦は、感染者と接触し、自分の体調もおかしくなる。
そこで、妻が防護服代わりに見つけてきたのが、
古い潜水服で、それを着た康彦は
周囲の注目を浴びて・・・

パンダに乗って

広告会社社長の直樹は、会社経営の節目に、
自分へのご褒美として初代フィアット・パンダの購入を決意。
昔からあこがれていた車種だが、
さすがに中古は希少だ。
ようやく新潟の販売店で見つけ、
休みを取って引き取りに行く。
しかし、自宅へ戻ろうとしているのに、
カーナビの案内に従うと、
次々に奇妙な場所に連れて行かれる。
それは若くして亡くなったパンダの持ち主の
思い出を辿る旅だった。
そして、最後に行き着いたのは・・・

5篇のうち3篇が
想いを残して亡くなった人の想念が描かれる。
そして、全てがハートフルなエンディングで、
読後感はすこぶるいい。

コロナの時代、
奥田英朗の小説を追ってみるのもいいかもしれない。


映画『ビジョン』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「共謀家族」のブログで紹介したとおり、
この映画はインド映画のリメイク。
元々マラヤーラム語の映画で、
その後、いくつかの言語でリメイク。
同じインドでのヒンディー語版リメイクが、この作品「ビジョン」
原題はオリジナルと同じ「DRISHYAM」。
Netflixで視聴。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーリーは、「共謀家族」と同じで、
過って人を殺してしまった妻と娘の罪を隠蔽するため、
映画マニアの父親が犯罪映画から得た知識を生かして
アリバイ工作をする話。

興味がある方のためにインド版と中国版の違いを列挙すると、

○インド版の方が中国版より49分ほど長い
だが、それほど冗長とは感じない。

○父親の職業は中国版がインターネット回線業者なのに対し、
インド版はケーブルテレビ会社
だから、映画を日常的に観る設定。

○ドラ息子の脅迫は、
キャンプで娘のシャワー室での裸体を盗撮されたもの。
娘は犯されてはいない。

○中国版では父親は出張中だが、インド版は夜勤で映画を観ていた。

○埋めるのは墓ではなく、家の庭
その作業は母娘で行い、
父親は後で知ることになる。

○ドラ息子の乗って来た車が黄色いのは同じ。
インド版では「韓国車」と言っている。

○中国版は娘が父親に反抗しているが、インド版ではそれはなし。

○壊れたスマホのSIMカードを他の携帯に入れ、
トラックの荷台に投げ込んで、捜査を攪乱する。

○母親は州警察の監察長官で女性。
中国版より冷酷さが強調されている。

クリックすると元のサイズで表示します

○父親がドラ息子の車を運転しているのを目撃する警官は、
悪徳警官で、地域住民から金を巻き上げている、という設定。
そのことで、父親と確執があり、
だから依怙地になって父親を犯人に仕立てようとする。

○中国版では、家族揃ってムエタイを見に出掛けるが、
インド版は尊師の説教を聞くために出掛ける。
(実際は日にちがずれているので、説教は聞いていない)

○中国版より母娘の動揺が激しい。

クリックすると元のサイズで表示します

○長女は捨て子を拾って養女にしたことになっている。
また、父親が4年で学校を退学していることがしばしば出て来る。
警察長官はそれで見下した態度を取るが、
後で認識を改める。

○中国版は出張先での行動を利用するが、
インド版は家族旅行は数日後なので、それはなし。

○アリバイ工作を見破る過程は、インド版の方がていねい
同時に、父親のアリバイ工作もずっとていねい。

クリックすると元のサイズで表示します

○警察長官の夫は中国版は議員で市長選に立候補しており、
それが後で暴動にあい、
捜査終了の鍵となるが、
インド版での夫はビジネスマン
したがって暴動はなし。

○警察局長の造形は、インド版に軍配。
母親の強さと女の弱さがよく出ている。

○ドラ息子の父母との最後の対決は中国版、インド版共にあるが、
ラストは違う
映画の冒頭が、新しい警部が赴任し、
新築の警察署の建物に入るのだが、
その冒頭はラストのための布石。

○ラストは皮肉に満ちている。

○主人公が語る次のセリフにテーマが集約。
「家族が何より大切なんだ。
家族のためなら、どんなことでもやれる。
そういう瞬間には、善も悪もないんだ」


○父親が観た映画と父親のアリバイ工作との連動は、
中国版、インド版共に生煮え。

タグ: 映画

韓国テレビ・国際的非礼  様々な話題

韓国のことを書くと、
ブログの紙面が汚れるので、
できるだけ書かないようにしているのだが、
目に余るので、書く。

というのは、東京オリンピック開会式の生中継放送。
韓国テレビ局「MBC」が、
選手の入場行進の際、
ワイプ画面に
世界地図で国の位置や
今までのメダルの獲得数などを出すのは、
NHKよりすぐれている、と前に書いたが、
その画面に、その国の話題を写真と共に出したのが、
今問題になっている。

たとえば、ウクライナ選手団の紹介
チェルノブイリ原子力発電所の写真
を表示した。↓

クリックすると元のサイズで表示します

他に、
エルサルバドル選手団の紹介では、ビットコインの広告写真、
ハイチ選手団の時には、「大統領の暗殺により政局は霧の中」という字幕と共に、
現地の暴動写真を表示、
チャド選手団には、「アフリカの死んだ心臓」、
ルーマニア紹介には、映画「ドラキュラ」の一場面、
シリア選手団には、「内戦が10年継続中」、
マーシャル諸島の説明は、「米国の元核実験場」、
イギリス領バージン諸島は、「グーグル創業者の結婚式場」、
ツバルは、「地球最初の温暖化の被害国」、
スーダンは、「長年の内戦で不安定」

日本には、
「世界的経済大国 
周辺国との外交摩擦が深まる
アジアで唯一冬季五輪を2度開催」
と意外にもおとなしい。

クリックすると元のサイズで表示します

更に、コロナワクチン接種率まで表記。
接種率の低い国を批判するのか。
いろいろ事情はあるだろうに。
何より、接種率が低いことへの同情はないのか。
                                        
このように、各国選手団の入場に際し、
その国の過去や現在の失敗を強調するとは、
悪意があるとしか思えない。

さすがに韓国人の反発を呼び、
韓国テレビ局「MBC」をロシア出身の韓国文化人が猛批判した。
ロシア出身で韓国に帰化し、
現在は放送業界で人気コメンテーターとして活躍する
イリヤ・ベルリャコフ氏もMBCを糾弾。
自身のツイッターで
「米国のときに9・11テロの写真を入れるのか? 
いったい、どれだけ無知ならば
爆発した原子力発電所の写真を入れようと思うのか」
と激怒しながら今回の問題を追及した。

これこそ、韓国人の「性格の悪さ」が現れたものと言えそうだ。

更に唖然とするのが、
東京五輪開会式に「旭日旗演出」があったと問題視したという。

それが、下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来ると、
気が触れたとしか思えない。

更に、
MISIAが歌った国家「君が代」にもケチを付けた。

「開会式には“軍国主義の象徴”君が代が・・・」(KBS ニュース)
「スポーツを通じた平和といいながら・・・
“帝国主義の象徴”君が代論争」(ニュース1 )
「論争不可避・・・五輪開会式で
日帝国主義の象徴・君が代が鳴り響く」(スポーツ韓国)
「『帝国主義の象徴』君が代でオリンピックに火ぶた」(朝鮮biz )

まるで君が代を流したことが間違っているかのような書き方だが、
開会式において主催国の国歌が歌われるのは、
開会式式典の一項目として、五輪憲章に定められている。

それを、韓国メディアは、
「君が代は天皇を称える内容を盛り込んでおり、
日本帝国主義の象徴のひとつ」
と異論をとなえている。

他国の国歌にケチを付けるとは、もう発狂したとしか思えない。
外交的礼儀や尊重という考え方はないのか。
そんなことを言われる日本国民の気持ちは考えたことがないのか。
一体、何時まで日本国民は、
こうした非礼を耐えなければならないのか。

日本に対してなら、いつものことだが、
今回のことは、他の国に対しても非礼を繰り出した。
他の国に対する礼儀という概念はない
ことを世界に示したに等しい。
「性格が悪く」「気が触れた」ような国民に、
何を求めても無理だという気がする。

今回のMBCの行為には、
青瓦台(大統領府)に国民請願が上がっているという。

青瓦台国民請願ホームページに上げられた
「MBC五輪開会式中継に対する調査をお願いします」
というタイトルの請願文は、
「MBCは公営放送の地位にもかかわらず
だれもが大変な渦中にもそれぞれ国のために努めている選手らと
関係者を励ますことはできないにしても
各国のワクチン接種率や
特定国の傷になる資料写真を掲示したことで
国際的な非難を韓国国民が抱えることになった」

と指摘。
続けて
「各種法律違反に対して調査し、
法律違反が確認されれば放送製作者だけでなく
MBC経営陣まで厳罰し
公営放送の正常化をお願いしたい」

と強調した。

24日午後3時基準で2600人以上の同意を受けた。
まだ韓国にも、まともな感覚の人はいるらしい。

これに対して、MBCは謝罪。
「当事国に対する配慮と考えがとても不足しており、
チェック過程も不十分だった。
事案の深刻性を認識し、映像資料選別と字幕整理
およびチェック過程全般を徹底的に調査した上で
結果に基づき厳正な後続措置を取りたい」

と明らかにしたという。

しかし、
他国に礼儀を欠いた行為をしたという事実は残る。
ここに、韓国と韓国人の国際感覚が露呈されたと共に、
その「性格の悪さ」と、
「狂った体質」
「ほとんどビョーキ」
であることが明らかになった。
                                        
日本は無視、が正しい姿勢。





AutoPage最新お知らせ