ドラマ『ザ・クラウン シーズン2』  映画関係

[ドラマ紹介]
                          
クリックすると元のサイズで表示します

シーズン1を紹介したのが、
昨年の6月7日ですから、↓

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20200607/archive

1年以上経ってのシーズン2。
その間に娘はシーズン4まで到達し、
すっかりイギリス王室に詳しくなってしまいました。

なにしろ、一シーズン分を観るのに10時間近くかかり、
かなり密度の濃い内容ですから、
おいそれと手を付けるわけにはいかず、
こんなに間があいてしまいました。

シーズン2は、
2017年12月8日から配信開始で、
エリザベス女王の1956年から1963年までの
およそ7年間
を描く。

第1話 誤算 

フィリップは、男だらけの海軍の船で
女王の名代としてイギリス連邦歴訪の旅に出る。
1956年、
エジプトはスエズ運河の権利を英仏から奪って国有化を宣言、
イギリスはフランス、イスラエルと組んでエジプトに侵攻する。
首相のイーデンは苦悩する。

クリックすると元のサイズで表示します

第2話 男の世界

エジプトに戦争を仕掛けたイギリスは
国際社会の批判を受けて撤退を余儀なくされる。
イーデンは体調を崩し、静養する。
フィリップはメルボルンオリンピックの開会宣言など公務をこなす。
一方、フィリップの親友で秘書官の
マイク・パーカーの妻は離婚を申し出る。
そんな中、エリザベスはクリスマス・スピーチで好評を博する。

クリックすると元のサイズで表示します

第3話 リスボン

イーデンは辞職し、
マクミランが後継首相となる。
外遊中の女性関係で妻に離婚されたマイク・パーカーは
王配付秘書官を辞職する。
外遊中の女性関係の話はエリザベスにも伝わる。
二人の不和の噂を抑えるため、
エリザベスはリスボンまで出かけてフィリップを迎えるが、
フィリップの王室内での処遇に対する不満は減じることなく、
エリザベスはフィリップに英国王子の称号を与える。

クリックすると元のサイズで表示します

第4話 2人だけの秘密

エリザベスとフィリップは結婚10周年を迎える。
ソ連は人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功し、
傷心のアメリカにイギリスは協力する。
マクミランは妻の不倫に悩む。
マーガレットは写真家アンソニーと出会う。

第5話 操り人形

エリザベスは訪問先の自動車工場で、
労働者を見下すスピーチを読んでしまう。
それは時代遅れの主席秘書官
マーティン・エイディーンの書いたものだった。
その内容を男爵でありジャーナリストでもある
オルトリナム卿により、雑誌で批判される。
「貴族が女王を批判」と話題になり、
テレビ番組でももてはやされる。
世界は君主制から共和制に移行しており、
君主制の危機を告げるもので、
「服従の時代は終った。あとは平等だ」と。
エリザベスはオルトリナムと秘密の会見をし、
6箇条にわたる提案をされる。
会見は秘密にされたが、
その結果、1958年、バッキンガム宮殿が
一般市民に公開される。
それを見ていた皇太后が言う。
「こうして次第に知らないうちに消えていくの。
私たちの権威が、絶対制が、神聖な王権が」
「この国の君主制は屈辱と犠牲と譲歩に耐えぬいて
どうにかここまで続いて来た。
最初の敵は諸公、次に商人、今度はジャーナリスト。
私たちが儀礼や先例に固執するのも無理のないことよ。
もうそれしか残っていないんだもの。
徐々に力を失い、何者でもなくなる。
操り人形よ」

オルトナリムの提案は
最終的に大半が実行に移された。
宮殿は後に
20世紀の君主制を救ったのは、彼だと認めた。
1963年、オルトリナムは称号を放棄し、平民となった。

第6話 暴かれし過去

パリで退屈な生活を送る伯父ウィンザー公
母国に帰郷し公職を要求する。
キリスト教徒として、伯父に赦しを与えたいエリザベスであったが、
秘密文書により、かつてナチスと親密だったことを知り愕然とする。
しかも、ヒトラーとの間に王に復帰する陰謀まであったというのだ。
エリザベスはウィンザー公と対決し、
以後、英国への入国を禁ずる。
退位の時の条件として、
女王の承認がなければ、入国は出来ないのだ。
エリザベスは赦せなかった自分を悔い、
丁度来英していたアメリカの伝道師ビリー・グラハムに相談する。
グラハムは「赦すことの出来ない自分を赦すように」
との言葉を与える。

クリックすると元のサイズで表示します

第7話 結婚の儀

かつての恋人タウンゼントから、
恋人が出来て結婚する意思を告げる手紙を受け取ったマーガレットは、
写真家アンソニーのプロポーズを受諾する。
しかし、アンソニーは醜聞まみれの人物だった。
エリザベスは第三子(次男)のアンドルー王子を出産し、
マーガレットの結婚を許可し、結婚の儀が行われる。
(のちに二人は離婚)

クリックすると元のサイズで表示します

第8話 親愛なるケネディ夫人

英国連邦の結束にほころびが生じ、
ガーナは社会主義化し、ソ連に接近していた。
ケネディ米大統領夫妻が来英し
バッキンガム宮殿を表敬訪問し、
人々はファーストレディのジャクリーン夫人に魅了される。
しかし、その後、ジャクリーンが沢山の人との食事の場で、
英国王室と女王をけなしていた(これは事実)という情報が
エリザベスにもたらされる。
エリザベスはライバル意識に目覚め、
政府の反対を押し切ってガーナを急遽訪問し、
大統領とダンスまで踊って(これも事実)、
イギリス連邦離脱とソ連共産圏への接近を食い止める。

クリックすると元のサイズで表示します

翌年、ジャクリーンはエリザベスを訪ね(これも事実)、
自分の発言は薬物影響下にあったと告白して謝罪する。
このくだりでケネディ大統領はクソ男と描写される。
そして、ケネディ暗殺の後、
エリザベスは王室の慣例を破って、
王族が死去した際にのみ鳴らす
ウェストミンスター寺院の鐘を
異例で鳴らすよう命じ、哀悼の意を示す。

クリックすると元のサイズで表示します

第9話 父として

エリザベスは息子のチャールズをイートン校に入れようとするが、
フィリップはスコットランドの
ゴードンストウンに通わせることにこだわる。
そこはフィリップの母校であり、
ドイツからやって来たフィリップの思い出が染み込んでいた。
しかし、その記憶は、いじめを含むもので、
姉の飛行機事故など、苦渋に満ちたものだった。
内気なチャールズはゴードンストウンに馴染めず、
耐久レースに失敗し、フィリップを怒らせる。
イートンへの移籍を主張するエリザベスに
離婚を持ち出して脅迫するフィリップだった。

第10話 謎の男

エリザベスが妊娠して体調が思わしくない中、
プロヒューモ事件が起きる。
これは、1962年、
マクミラン政権の陸相であったジョン・プロヒューモが、
ソ連側のスパイとも親交があったモデル兼売春婦に
国家機密を漏らした事件。
マクミラン政権の崩壊につながり、
「20世紀最大の英政界スキャンダル」とされる。
この事件の関係者の一人、整骨医のウォードから
フィリップは治療を受けていたため、
フィリップの関与も疑われる。
ある写真に写った後姿の「謎の男」ではないかと。
マクミランは辞職し、
エリザベスは「政治家というのは、簡単に仕事を放り出すのね」と言う。
王冠を放り出せない自分との比較だろう。
エリザベスはフィリップに疑惑をぶつけ、和解する。
1963年、エリザベスは第4子(三男)のエドワード王子を出産する。

クリックすると元のサイズで表示します

という7年間。
エリザベスとフィリップの結婚生活が
かならずしも円満なものではなかったことが随所に現れる。
しかも、放送当時、エリザベスもフィリップも存命。
イギリス映画制作陣の決意と志がうかがえる。
なにしろ、フィリップは、女王の陰に隠れた鬱憤を抱く、
クソ男として描かれているのだ。
日常生活のエリザベスがカーディガン姿でいる光景も見ることが出来る。
一人でバラの剪定をしていたりする。
王族も辛いな、という印象。
特に第5話は、
日本の「開かれた皇室」にも繋がる、皮肉に満ちた内容。

シーズン1でも書いたが、
英国演劇俳優の層の厚さと底力を感じさせる。
と共に、脚本、演出、美術全てが素晴らしく
ドラマ史上燦然と輝く。

シーズン2は、エミー賞において
ドラマ部門監督賞、ドラマ部門主演女優賞、
歴史ドラマ部門衣装賞、歴史ドラマ部門キャスティング賞、
1 時間のシングルカメラ部門撮影賞を受賞した。

シーズン3からは俳優が一変。
エャザベス役は、
クレア・フォイからオリヴィア・コールマンに引き継がれる。

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ