ゴールデン・グローブ賞/テレビ部門  映画関係

第78回ゴールデン ・グローブ賞授賞式
2月28日にロサンゼルスにて開催された。
(日本時間は3月1日)

「ザ・クラウン」「クイーンズ・ギャンビット」が複数の賞に輝き、
Netflixの強さが証明された授賞式だった。

クリックすると元のサイズで表示します

「ザ・クラウン」は、
英国王室の人間関係を
生々しく実名でドラマ化したもので、
日本では、まず不可能な作品。
脚本、演出、俳優の演技は申し分なく、
イギリスの演劇界の層の厚さを感じさせてくれる。

「ザ・クラウン」は4シーズン目で、
チャールズ皇太子とダイアナ妃の下り。

ドラマ部門の作品賞
女優賞(エマ・コリン=ダイアナ役)

クリックすると元のサイズで表示します

男優賞(ジョシュ・オコナー=チャールズ皇太子役)

クリックすると元のサイズで表示します

助演女優賞(ジリアン・アンダーソン=サッチャー首相役)

クリックすると元のサイズで表示します

を獲得。

クリックすると元のサイズで表示します

「クイーンズ・ギャンビット」は、
ミニシリーズ/テレビムービー部門の作品賞
主演女優賞(アニャ・テイラー=ジョイ)を獲得。

クリックすると元のサイズで表示します

「ザ・クラウン シーズン4」の予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/R7iz69eI-2A

「クイーンズ・ギャンビット」の予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/EC5EqT70Cgg

このブログでも、
「ザ・クラウン(シーズン1)」と
「クイーンズ・ギャンビット」を紹介していた。

読みたい方は、それぞれ↓をクリック。

「ザ・クラウン(シーズン1)」

「クイーンズ・ギャンビット」

特に「ザ・クラウン」は、
私の生涯で観たテレビドラマの中で最高の作品だ。





AutoPage最新お知らせ