映画『フナン』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

このブログでは、
カンボジアのクメール・ルージュ支配下の民衆を描く映画を
いくつか紹介しているが、
本作もその一つ。
描く手法はアニメーション。

まず、内戦前のカンボジアのある一家の一日が描かれる。
クンとチョウ、そして息子のソヴァンと祖母。
愛し合い、労りあう、平和な家族だ。

クリックすると元のサイズで表示します

1975年4月、
クメール・ルージュ(ポル・ポト派)が首都プノンペンに侵攻、
一家はプノンペンを追われ、
農村に送られて強制労働させられる。

クリックすると元のサイズで表示します

革命組織(オンカー)による監視の日々。
そうした中、移動中に3歳の息子ソヴァンと
離ればなれになってしまったチョウは、
何とかソヴァンと再会しようとするが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

監督・脚本はフランス生まれで、
カンボジアにルーツを持つドゥニ・ドー
自分の母親の体験を元に作ったという。
フランス・ルクセンブルグ・ベルギー・カンボジアの合作。
言葉はフランス語。

カンボジアの悲劇は、
一つの思想に凝り固まった狂信者たちが国を治めると、
民衆がどれほど悲惨な思いをするかという
人類史における壮大な実験だが、
あまりにも大きな犠牲を払った実験といえよう。
虐殺、粛清は日常茶飯事、
罪のない犠牲者の数は200万にも及ぶと言われる。
それも、全て裁判抜きの理不尽な強制死刑だ。
思想や宗教が国を支配すると、こういうことになる。
しかし、今だにそういう国は世界に沢山ある。
回教圏がそうだし、北朝鮮が最も最悪、
中国も共産党一党独裁で、その色を濃くしつつある。

そういう意味で、
人類が語り継がなければならない歴史の一つを                   
このような形で残したことに敬意を表する。

クリックすると元のサイズで表示します

人が人を支配する恐怖と残酷さと愚かしさが
カンジアの自然の中で描かれる。
あまりに美しい風景のもと、
行われる理不尽な殺戮。
そのコントラストが見事に訴えかけて来る。

クリックすると元のサイズで表示します

最後、タイへの脱出をはかる一家の姿に
涙を禁じ得なかった。

クリックすると元のサイズで表示します

エンディングで流れる
レベッカ・ファーガソンの歌が素晴らしい。

題名のフナンとは、
カンボジアやベトナム南部で栄えた
古代国家フナン(扶南)のこと。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

エビス・ガーデンシネマ他で上映中。


同じ題材を扱った映画の紹介ブログは、↓をクリック。

「キリング・フィールド」

「消えた画」

「最初に父が殺された」






AutoPage最新お知らせ