小説『人生は並盛で』  書籍関係

[書籍紹介] 
              
クリックすると元のサイズで表示します
                  
小野寺史宜のいつものお仕事小説、
と思ったら、意外に凝った構成を持った作品だった。

舞台は牛丼屋
駅から離れた、カウンター席が20にテーブル席が4という
小規模店舗だが、それでもバイトの数は20を越える。
店長は流行っている駅前店と兼任で、
いつもシフトに苦労している。

第1話 肉蠅
は、30歳の中年ママ店員・恵と、
体重75キロのデブの大学生店員・日和のバトルを描く。
恵は手抜きをし、いやな仕事は他人に押しつける。
その上、若い店員と浮気をしている。
浮気のためにシフトの変更も日常茶飯事。
対する日和は、要領が良く、仕事も完璧。
いやな仕事も進んでする。
唯一の欠点は、太っていることへの劣等感。
二人は目に見えない冷戦を繰り広げ、
日和の画策で恵は辞めさせられる。
更に日和の陰謀で浮気もばれ、離婚させられる。

第2話 そんな一つの環
は、不思議な一篇。
主人公が頻繁に変わるのだ。
たとえば、ある女性の行動を描いていたかと思うと、
信号のところで行き交った小学生の行動を追うようになる。
小学生が家に帰ると、
居候をしていたフリーターと接触し、
今度はそのフリーターの後を追う。
一行空きもなく、
いつの間にか小説の視点が別の人物に移る。
ただ、その時の中心人物の名前が
フルネーム(漢字)で書かれており、
それ以外の人物名がカタカナで書かれているので、
それが分かる仕組み。

というわけで、

ナンパされる女性
→学校帰りの小学生
→宿なしの35歳のフリーター
→海外旅行から帰って来たカップル
→その婚姻届けを受け取る市の職員
→その女性と旧知で、三人デートをした男二人
→その二人がバイクをひき逃げしたのを目撃した男
→その妻
→その浮気相手の青年
→青年が勤めるレストランで女と別れたサラリーマン

と引き継がれ、
最後のサラリーマンが待つ相手が
トップのナンパされる女性であることが分かる。

映画で言えば、カメラがある人物を追っていたのに、
擦れ違った途端に別の人物の後を追う、という感じ。
ワンカットでやったら、さぞ面白い展開になるだろう。
題名は忘れたが、
前にそういう映画を観たことがあるような気がする。
                                        
第3話 弱盗
は第1話、第2話から1年後で、
日和が働く牛丼屋で深夜行われた弱盗事件を描く。
「弱盗」とは、強くないからで、「強盗」ではない。
話の展開で、
その事件に関わった人間が
第2話の中に登場した人物たちであることが分かる。
弱盗は35歳(36歳)のフリーターだし、
牛丼屋の店長は、カップルの一人、
深夜の牛丼屋に居合わせた目撃者は
最後に出て来たサラリーマン。
その上、ナンパされる女性は、
男二人のひき逃げの被害者で、
サラリーマンは初めて、
ひき逃げのことを知り、
女性がサラリーマンとの
5年越しの約束を果たそうとしていたのだと知る。
それ以外に、第2話の登場人物が何らかの形でからんで来る。

世界が網の目のように織られ、
関係している、ということを筆者は言いたいのだろうか。
そして、最後の「弱盗」事件は、
警察沙汰にならず、
人の善意によって、
落ち着くべき所に落ち着く。
日和の恋人の学生バイトが重要な働きをする。
最後は小野寺史宜らしい世界。
どことなくほっこりするような、
牛丼屋を巡るお話。

3話構成が
最初から仕組まれていたことが分かり、
その仕掛けの妙に、
なかなかの満足感を得られる小説だった。


映画『シラ・ド・ベルジュラックに会いたい!』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

エドモン・ロスタンによる戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」の誕生秘話
と言っても、史実ではなく、創作コメディ。

1897年のパリ。
劇作家のエドモン・ロスタンは、
ここ数年失敗作続きで窮地に陥っていた。
友人の名女優サラ・ベルナールの紹介で、
名優コンスタン・コクランの新作を引き受けることになるが、

クリックすると元のサイズで表示します

実在の人物のシラノを主人公にというアイデアは提供したものの、
全く脚本は白紙状態。
初日は3週間後という切迫した状態の中、
アイデアが浮かばなくて、四苦八苦していた。

そんな時、友人の俳優のレオが衣装係のジャンヌに恋をして、
彼女を口説くラブレターの文句にアドバイスを求められる。
レオに代わって出した恋文の返事が良かったために、
エドモンはレオに成りすましてジャンヌと文通を始めると、
エドモンに閃きが訪れ、
大きな鼻の醜男シラノが
従姉妹のロクサーヌへの秘めたる愛を告白できなかったところに、
ロクサーヌに恋する美男のクリスチャンの
愛の告白を代弁し、恋文を代理で綴る、
という着想を得る。

クリックすると元のサイズで表示します

あとは上演までの間に次々と問題が発生し、
それを切り抜けていく、という話になる。
たとえば、スポンサーが女友達を出演させなければ、
資金を出さないとごねたり、
大根役者の息子を良い役で出演させろとか、
事務所が抱き合わせで新人を出演させろとかの横紙破り。
これは、今に通じる話。
主演女優がセリフが多すぎると文句を言ったり、
決闘シーンが得意な俳優が決闘シーンを入れろと言ってきたり、
その上、コクラン自身が借金で出演不許可にされたりしそうになる。
ジャンヌとラブレターを交換していたため、
エドモン自身が妻に浮気を疑われたする。

そうしたあれやこれやで、かなり面白い。
作者の実体験
創作に反映する様を描いた経緯が興味深い。

舞台の成果は素晴らしく、
ラストシーンで裏方が感動のあまり、
幕を降ろすのを忘れる始末。

クリックすると元のサイズで表示します

観客も熱狂し、
「シラノ」の初演は大好評で、
12月28日の初日から500日間、
400回のロングランで、
以降今日に至るまで、
世界各国で繰り返し上演されている。

という名作誕生秘話を扱った
2016年に上演され好評だった舞台劇を
脚本を書いたアレクシス・ミシャリク自ら監督を務めて映画化。

クリックすると元のサイズで表示します

シラノ・ド・ベルジュラックは実在の剣術家、作家、哲学者、理学者だが、
肖像画のように、鼻が少し大きいものの、
異様に大きいわけではない。

クリックすると元のサイズで表示します

きっとシラノはあの世で苦笑しているだろう。

戯曲は5幕構成で、
そのことを知っていた方が
多少なりとも鑑賞の助けにはなるかもしれない。

恋する人への恋情を
他の人物に託して告白する、
という切ないシチュエーション
男心の琴線に触れるものがあるらしく、
1世紀たった今も上演され続けている。
特に、終幕で瀕死のシラノが
ロクサーヌがクリスチャンから貰った恋文を
夕闇の中にもかかわらず暗唱することで、
ロクサーヌが真相に気づくあたりは、
演劇の醍醐味
(観客が知っている内容を登場人物が何時気づくか)
と言える構造で、
観客の涙を誘う。
本作でも、
この場面は舞台ではなく、
実際の修道院にするなど、
演出的にも工夫している。

映画も何度も繰り返し映画化されている。
最も有名なのは、1950年のホセ・フェラー主演作で、
アカデミー賞の主演男優賞を受賞。
1990年ジェラール・ドパルデュー主演作は、
アカデミー賞の主演男優賞候補になった。
ドパルデューなら、付け鼻メイクは要らないのではないか。

クリックすると元のサイズで表示します

1987年には、舞台を現代に置き換えた
スティーヴ・マーティン主演の「愛しのロクサーヌ」がある。

日本では、1922年に翻訳され、
1931年、帝国劇場で初演。
その後、繰り返し上演されている。
翻案ものでは、
1926年(大正15年)、
新国劇が「白野弁十郎」として、幕末の会津藩の話に変え、
1929年、小石栄一監督、月形龍之介・若水絹子・風間宗六で映画化もされている。
また、1959年の「或る剣豪の生涯」は、戦国時代に置き換えられ、
稲垣浩監督、三船敏郎・司葉子・宝田明が出演で映画化されている。

1973年にはブロードウェイで「シラノ」としてミュージカル化。
1993年にはオランダで「シラノ・ザ・ミュージカル」としてミュージカル化、
日本でも2001年に上演。

エンドクレジットで、
歴代名優が演じたシラノの映像が披露されるので、必見。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/2NAuP1_Qcwc

ヒューマントラストシネマ有楽町他で上映中。

タグ: 映画

国際線搭乗記  耳より情報

コロナ禍で「鎖国」状態だった日本が、
少しずつ航空路線を開きつつあるが、
その国際線、現状はどうなっているか、
その搭乗記を、
そのままでは掲載できないので、
かいつまんで紹介しよう。

日本政府は香港への渡航について
レベル3の中止勧告を出していたが、
11月1日からレベル2の
「不要不急の渡航はやめてください」に引き下げた。
これにより香港への渡航は可能となったが、
香港側では今でも入境制限をかけており、
永久居民など必要なビザ、資格を持っている人に限っている。
筆者の武田信晃氏は、香港在住のため、
入国資格がある。

成田発香港便は、
キャセイパシフィック航空が火、木、土曜の週3便、
日本航空が日、水曜の週2便、
全日空が金曜1便の、
合計週6便
つまり、月曜日を除き毎週1日1便、
どこかの航空会社が香港行きを飛ばしていることになる。

筆者が乗ったのは、11月18日の
成田9時35分発、香港13時55分着日本航空便。
キャセイ、JAL、ANAで一番安かったので購入。

成田空港へは京成電鉄を使用。
成田方面に向かう朝の列車は結構、混んでおり、
通勤ラッシュで、途中からは結構3密状態。
多くが成田空港で働く人たちで、
飛行機がほとんど飛ばなくても、
多くの人が成田空港で働いているのだ。

この日、第2ターミナルからは1日たった13便しか飛んでいない。
行き先は、香港のほか、大連、デリー、シンガポール、
ニューヨーク、フランクフルト、ドバイなど。
それでも、筆者が前回に搭乗したときは1日4便だったから、
大分世界とつながり初めていることを実感。

チェックインの際、パスポート、香港の身分証明書、
そして香港のホテルの予約確認書を提示。
香港は中国本土、マカオ、台湾から入る人を除き、
入境者全員が14日間、
ホテルでの強制隔離が義務付けられているため、
ホテルの予約確認書が必要。

クリックすると元のサイズで表示します

チェックイン、出国手続きは、
人がいないので非常にスムーズ。
職員は、手持ち無沙汰状態。

搭乗口に向かう途中、
オープンしていた店舗は、
口紅などを売る免税店と電器店など。
シャネルは開いていたが、エルメスは閉店中。
お土産を買う人はほぼ皆無。

クリックすると元のサイズで表示します

搭乗口では、一部の椅子に
警告文を書いたステッカーが貼られていたが、
そもそも人がいないので、そんな心配をする必要はなし。

搭乗時の優先搭乗も、
搭乗人数が少ないので、意味はあまりない。

使用機体は、
総座席数195のボーイング787−9「ドリームライナー」。
普段なら座席数の多いB777を使う路線だが、
燃費がよく、機体が小さい「ドリームライナー」を使う。

搭乗者は約40名
これでも多めで、
前週は10人のときもあったそうだ。
航空会社が赤字覚悟で飛ばす理由について、
航空関係者によれば、
将来の発着枠確保の関係から
フライトを継続して飛ばしているのだという。
非常時だから、そんな枠確保のルールは無しにすればいいのに。

B787−9のエコノミークラスの座席配置は2−4−2。
前後の座席は、1列空け。
しかし、それもなにしろ搭乗人数が少ないので、あまり意味はない。
筆者の席(窓側)の前後左右には誰もいない。

フライトアテンダントに話を聞くと、
「今月は3本フライトが入りました。
これでもここ数カ月よりは多いんですが、
普通のときと比べると、
1 カ月あたりのフライト時間数は半分にも満たないですね」
と。

窓の外を見ると、駐機場が満杯という初めて見る光景。

クリックすると元のサイズで表示します

機内で驚いたのは、フライトアテンダントが
エコノミーの乗客にも名前を呼びながらサービスしていたこと。
ファーストクラスやビジネスクラスの客をもてなすとき、
個人名を言いながらサービスをするのだが、
まさかエコノミーで「タケダ様」と呼びかけられるとは思いもしなかった。
こういう心遣いは嬉しい。

機内食は1種類のみで、
「チキン・オア・フィッシュ」などという選択の余地はなし。
今回は、チキン、炒飯、味噌汁、カステラ、アイスクリームなど。

搭乗客が少ないので、
座席を2つ自由に使える。
自分の座席の画面で映画を観つつ、
隣の座席の画面にフライトの現在地を表示させることも可能。
トイレも使う人がいないので清潔。

飛行機は、ほぼ定刻通りに香港国際空港へ到着。
そして筆者は、検疫プロセスへと向かった。

というのが、国際線の実情。
航空会社がよくつぶれないもんだと思う。

今、映画館に行くと快適なのは、
一つ置きに客が座らされるているので、
必ず隣が空席なこと。

飛行機の座席も、
隣が空席だったりすると、
「ラッキー」ということになる。
長い国際線で隣がいるといないでは、ストレスが違う。

昔は、よくゲートで座席を調べてもらい、
空いてる中央の4人席に移動したり、
窓側の3人席に移動してもらったりしたが、
最近は複数の航空会社のコードシェア便が増え、
座席の調整をする上、
航空機自体も中型機が増えたので、
大体満席で、そういう便宜もはかってもらえなくなった。

一度、国内線で、着陸時強風のため着陸を断念、
他の空港に不時着し、
その時点で仕事(会議)に間に合わなくなったので、
そのまま羽田に引き返したことがあったが、
その時は、300人ほどの機内に客は3人だった。
国内線なので、何のサービスもなかったが、
良い経験をしたと思った。
(航空券は払い戻し)


小説『半沢直樹 アルカカンと道化師』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

池井戸潤による半沢直樹シリーズの第5作目。
時系列的には
シリーズ第1作『オレたちバブル入行組』の前日譚にあたる。

東京本部の審査部調査役だった半沢直樹は、
業務統括部長の宝田信介と対立し、
人事部の計らいで、ほとぼりが冷めるまでの間、
大阪西支店の融資課長として赴任していた頃の話。

半沢は支店長の浅野匡経由で
大阪営業本部の伴野篤からオファーを掛け、
老舗美術出版社・仙波工藝社の買収案件の交渉の場に同行する。
業績不振の仙波工藝社の足元を見たような
伴野の失礼な申し出に仙波社長は買収話を拒否する。

後日、半沢は同期の渡真利忍から、
仙波工藝社の買収先は、
新進IT企業・ジャッカルであると聞く。
ジャッカルの社長・田沼時矢が
世界的に有名な絵画コレクターであったことから、
美術に関連した買収話であるとも思われたが、
負債を抱える美術出版社を
破格な高額で買収しようとする意図が掴めなかった。

半沢は、資金繰りに苦しむ仙波工藝社を救済すべく
二億円融資の稟議を作成し承認を待つ。
しかし、大阪営業本部からは、
仙波工藝社が5年前にある会社の
計画倒産に加担した疑惑があることを理由に
稟議が突き返される。

その裏には、ジャッカルの社長・田沼が熱望する
仙波工藝社の買収話を、
何としてでも成立させようとする
大阪営業本部次長の和泉康二と
彼の同期入行の仲間・宝田、
大学の後輩にあたる大阪西支店長の浅野たちが
結託して圧力をかけて稟議を突き返させ、
資金繰りに困った仙波工藝社が
買収話に応じるように仕向ける陰謀があった。
M&Aを推進する頭取の意向もあって、
浅野は取引を成立させ、ポイント獲得を目論んでいた。

半沢たちは仙波工藝社に赴き、
融資の拒絶理由である5年前の計画倒産への
関与疑惑を仙波社長に確認するが、
その中で、計画倒産の張本人である仙波の伯父が、
仙波工藝社のビルの中に
「宝物」が内包していると示唆していたことが分かる。

それは、仙波工藝社のビルに昔勤めていた
今は亡きモダンアート界の寵児・仁科譲の
代表的なモチーフ「アルルカンと道化師」で、
仁科との親友関係の不遇の画家・佐伯陽彦にも関係するものだった。
ジャッカルの社長・田沼が買収に固執する理由は、
その「アルルカンと道化師」の絵が
関わっているのではないかと半沢は推理するが・・・

アルカカンとは、道化の一種。
アンドレ・ドランの「アルカカンとピエロ」が↓。

クリックすると元のサイズで表示します

左側の人物がアルカカン。

テレビシリーズの「半沢直樹」を観ていた視聴者は、
その続き、と思って読むと戸惑うだろう。
なにしろ、はるか前の話、
おなじみの人物は親友で情報通の渡真利忍(とまりしのぶ)のみで、
大和田は出て来ないし、
中野渡頭取はまだ頭取でなく、名前しか登場しない。

話そのものも、
中小出版社の買収話で、
スケール的にも小さい印象。
しかも、何十年も前の
画家同士の友情話となれば、
少々趣が違う。

ただ、良い銀行員、悪い銀行員、経営の苦しい中小企業、
裏に隠された意図のあるIT企業社長と、
構成戸作品定番の構図はいつもどうり。
それにしても、銀行の幹部というのは、
いつもこんな陰謀を巡らしているのかと心配してしまう。
対決する場である査問委員会と全店会議も
少々現実味に欠ける展開。

そういう意味で、
半沢直樹モノにつきものの爽快感はない。
シリーズの中でも、
下の方にランク付けられる出来といえよう。

仙波社長が伯父の妻・政子に
資金融資の担保の相談に行った時のやり取りが興味深い。
仙波工藝社の財務諸表を見て政子は「あかんな」と断言する。
編集部の整理を提案する政子に、
仙波社長が
「どの編集部も歴史があるし、社会的異議がある」
と言うと、
政子は次のように断定する。

「そんなふうに思うてる以上、望みはないな」
「社会的意義がある雑誌がなんで赤字なんや。
みんなが必要としている雑誌なら当然、黒字になるはずや」


正論。


映画『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

2回続けて、ユニークなアニメを紹介。

「ミッシング・リンク」とは、
進化の過程での失われた鎖、
ここでは、類人猿から人類へと進化する過程で、
その中間をつなぐ未発見の生物のこと。

19世紀末、
神話と怪獣研究の第一人者を自称するライオネル・フロスト卿は、
新発見で名を上げ、貴族クラブに入りたい願いを持っていた。
一通の手紙に誘われて行ったアメリカの太平洋岸北西部奥地の森で
二足歩行する奇妙な生物と遭遇する。
彼は言葉を話し、読み書きも出来る。
手に入れた新聞や本で学んだのだという。
そもそもフロストの受け取った手紙は、この生物が出したのだという。

クリックすると元のサイズで表示します

フロストは、彼は猿から人への進化の鎖の隙間を埋める
「ミッシング・リンク」ではないかと色めき立つ。
しかし、「リンク」と名付けられた彼は、
たった一人の種であることに孤独を覚えていた。
「僕を連れて行って。ひとりぼっちはいやなんだ」。

そこで、フロストは、
手掛かりとなる地図を手に入れ、
雪男(イエティ)伝説のある
ヒマラヤに同種の生物がいるのではないかと推理し、
リンクを連れ、元恋人のアデリーナと共に、ヒマラヤに向かう。
人類の歴史を変えさせまいする貴族クラブの追手が迫る中、
ヒマラヤ奥地の理想郷シャングリラに到達するが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

これ、手書きアニメでもなく、
3Dアニメでもなく、
ストップモーション・アニメ
人形を少しずつ動かしてコマ撮りするという、
気の遠くなるような手作業で作る。

メイキングを観たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/QlbAPOdQN6w

作ったのは、ストップ・モーションの雄、ライカ・スタジオ
あの日本を舞台にした傑作
「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(2016)を作ったスタジオだ。
あまりにスムーズな動きに、
実はCGではないかとの疑いも浮上するが、
エンドクレジットで実際の撮影現場が紹介される。
ただ、人形以外の背景などはCGと合成しているようだ。

キャラクター設定が面白い。
とぼけた味のフロスト卿、勝気なアデリーナ、
見たことのない姿形ののリンク。
そして、シャングリラの首領。
その間で交わされるやりとりがユーモラスで、
しばしば笑いを誘う。

それと見事な背景描写。
その造形はリアリズムを越えて美しい。
全体の冒険談は、
アニメ版インディ・ジョーンズの趣。
全体的に明るい色調で、目に楽しい。

監督はクリス・バトラー
ヒュー・ジャックマン、ザック・ガリフィナーキス、
ゾーイ・サルダナ、エマ・トンプソン
らが声の出演をしている。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカでは興行成績がふるわなかったが、
原因は子供を主人公にしなかったからではないかという。
なんのなんの、これは、大人が主人公の、
大人が楽しめるアニメなのだ。

その結果、先のゴールデングローブ賞では、
「アナと雪の女王2」「トイ・ストーリー4」を押さえ、
アニメーション部門受賞
(アカデミー賞は、ノミネート止まり)

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/KHMhvLuLYHo

新宿バルト他で上映中。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の紹介ブログは、↓をクリック。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ