映画『シカゴ7裁判』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

1960年代末の
ベトナム戦争を巡る暴動事件の裁判を描く作品。
このような現代史を扱う作品を好む
スティーヴン・スピルバーグが監督を引き受ける予定だったが、降板、
その後、ポール・グリーングラスやベン・スティラーの名前が挙がるも、
結局、「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞、
「マネーボール」や「モリーズ・ゲーム」でもノミネートされた
脚本家として実績のあるアーロン・ソーキンが監督した。(脚本も)

クリックすると元のサイズで表示します

1968年8月28日、
シカゴで民主党の全国大会が開かれており、
大統領選の候補者たちが
ベトナム戦争にどう対処すべきかという問題を議論していた。
同じ時、会場近くのグランド・パークでは、
ベトナム戦争に反対する活動家・市民1万5千人がデモのために集結し、
一部の参加者が民主党大会の会場に押しかけようとして警官隊と衝突。

クリックすると元のサイズで表示します

双方合わせて数百名の負傷者を出し、
暴動を扇動した容疑で告訴されたデモ参加者7人は
シカゴ・セブンと呼ばれるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します

本作はこの裁判の様子を見事に活写する。
強権的な裁判長、自由奔放な被告たちの不規則発言、
何度も法廷侮辱罪が適用され、
中には、さるぐつわを噛まされる被告まで現れる。
被告側に立つとみなされる陪審員には脅迫がされ、
陪審員は隔離、長期の裁判に耐えることになる。
若手の検事は元々被告たちに同情的で、
どうしても言葉の端々にそれが現れる。
また、温厚な弁護士は被告たちを擁護し、
しばしば法的侮辱罪に問われる。
当初8人だった被告団の一人が
分離裁判になる過程もていねいに描かれる。
そして、裁判の終盤、
発言を許された被告が取った行動は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

実に面白い。
深刻な内容なのに、
ユーモアもあり、
エンタテインメントとして成立している。
登場人物が生き生きと描かれており、
2時間があっという間に過ぎる。
これは、脚本と監督の成果であると共に、
俳優たちの功績でもある。
なにしろ、顔ぶれがすごい。

サシャ・バロン・コーエン(ゴールデングローブ賞主演男優賞受賞)、
エディ・レッドメイン(アカデミー賞主演男優賞受賞)、
フランク・ランジェラ(トニー賞主演男優賞受賞)、
マーク・ライランス(アカデミー賞助演男優賞受賞)、
ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世
ジョン・キャロル・リンチ
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ジェレミー・ストロング
果てはマイケル・キートン(ゴールデングローブ賞主演男優賞受賞)まで登場する。

クリックすると元のサイズで表示します

本来9月25日に公開する予定だったが、
新型コロナウイルスの流行が一向に収束しない事態を
重く見たパラマウントは
本作の劇場公開を断念し、
5600万ドルでNetflixに配信権を売却。
(制作費は3500万ドル)
従って、Netflixオリジナル作品ではない。
10月16日にNetflixで配信開始
先立って10月9日に少数の劇場で公開。
アップリンク吉祥寺他で上映中。

評判は高く、来年のアカデミー賞の旋風になる可能性大。
少なくとも、作品賞や監督賞、編集賞や脚本賞、主演男優賞、助演男優賞
のノミネートは堅いだろう。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/FDCjq44keS0





AutoPage最新お知らせ