映画『ある画家の数奇な運命』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

物語は3つに分かれる。
まず、1937年、ナチス時代のドイツの優生保護の話。
ドレスデン郊外に住むクルトは、
美しい叔母エリザベトと一緒に美術館に行くが、

クリックすると元のサイズで表示します

現代美術を頽廃芸術と決めつけられ、傷つく。
叔母は理解を示し、クルトを励ます。
そのエリザベトは、
遺伝による精神病と診断されて強制的に入院させられ、
劣化遺伝子の根絶のために断種手術をほどこされたばかりでなく、
ガス室で安楽死させられる。
その決定をしたのは、病院長のゼーバントだった。
ゼーバントは、ソ連高官の娘の難産を助けたために、
高官の庇護を受け、戦犯の訴追をまぬがれる。

クリックすると元のサイズで表示します

2つ目は、成人したクルトの美術学校での日々。
服飾科の学生で、エリザベトと面影が似ているエリーと恋に落ちる。
そのエリーの父こそ、
エリザベトを処刑に向かわせた張本人のゼーバントだったが、
クルトはそんなことは知らない。
エリーは妊娠するが、
クルトの父親が敗残者だったことを知ったゼーバントによって、
嘘の診断をされ、妊娠中絶させられてしまう。
ゼーバントの中には、優生思想は生き続けていたのだ。
クルトは、東ドイツの社会主義リアリズムの絵ばかり
描かされるのに嫌気がさし、
ベルリンの壁が建てられる直前に、
エリーと共に西側に脱出、
デュッセルドルフで美術大学に入学する。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからが第3部。
クルトの芸術活動。
既に「絵画は死んだ」と言われている中、
キャンバスに固執するクルトは、
写真を拡大して描く技法が注目を浴びる。
その絵を見たゼーバントは驚愕する。
なぜなら、その絵こそ、
死んだエリザベトとゼーバントの因縁を描いた作品だった・・・

実在のドイツの芸術家である
ゲルハルト・リヒター(88歳)がモデルであるという。

クリックすると元のサイズで表示します

彼が東西ベルリンが分断される直前に西側に移住したのは事実。
写真から絵を起こす手法も、リヒターの技法を踏襲している。
リヒターは生存する芸術家の作品として、
最も高い価格がつく人。
映画化の条件は、人物の名前は変えて、
何が事実か事実でないかは、分からなくすること。
だから、映画のどこまでが本当で、
どこからが創作なのかは誰にも分からない。

監督・脚本はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
あの傑作「善き人のためのソナタ」(2006)で、
アカデミー賞外国語映画賞を取った監督だ。
本作でも、2018年度の
アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。
クルトをトム・シリング
ゼーバントをセバスチャン・コッホが演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

戦前のナチス時代の優生主義の犠牲になった女性のあわれさに
胸がしめつけられる。
その犯罪の張本人のゼーバントを
知らぬうちに義父にしてしまったクルト。
その過去の事実がいつ判明するのかと思ったら、
なるほど、と思わせる展開。
復讐物語ではないが、
ゼーバントへの復讐が、無意識のクルトによって、
芸術をもって行われるのは、素晴らしい趣向だ。
また、エリーが子どもを生むことで、
父親への復讐も果たされている。

3時間8分の長い作品だが、
緊迫感が途絶えることなく、
退屈せずに見れた。

ラストで、
美しい叔母がした行為を
クルトが再現する。
なかなかのラストシーンである。

「ある画家の数奇な運命」は日本でつけた題名で、
ドイツ語原題は「Werk ohne Autor」 (著者なしの作品)
英題は「Never Look Away 」(決して目を逸らさないで)。
映画の中でエリザベトがクルトに言う言葉である。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/6ZOMMMG2fEU

TOHOシネマズシャンテで上映中。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ