映画『ミッドナイト・スワン』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                              
新宿のニューハーフショークラブのステージに立つ
トランスジェンダーの凪沙(なぎさ) は、

クリックすると元のサイズで表示します

育児放棄された親戚の少女・中学生の一果(いちか)を預かる。
預かることを迷惑事と思っている凪沙は、
一果が学校で問題を起こしても、自分は行かない、
と無責任な態度を取り、
「子どもが嫌いだ」とも言い放つ。

一果は、場末のバレエスクールを見つけ、
秘かにアルバイトをしながらそこで練習に励むが、
バレエの教師は、一果の才能を見出していた。

バレエスクールの友達に連れられたアルバイト先で
問題を起こしたため、
バレエスクールのことは凪沙にばれるが、
一果の夢に触れた凪沙は、
仕事を増やしてでも一果を応援しようとする。

そうしている間に、凪沙と一果の間に
何とも言えない絆が生まれるのだった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

と、粗筋を書くと、
何だかファンタジーな話のように見えるが、
描写は現実的で陰鬱
ショーパブや美少女撮影会や性倒錯クラブなど
あまり描かれない業態の描写もリアルだ。

そうした目を背けたくなるような現実の中、
社会の影の部分に追いやられてきた凪沙と
実の親の育児放棄によって孤独の中で生きてきた一果の
二人の想いが次第に深まっていく様が胸を打つ。

やがて、コンテストを通じて、
実の母親の強さを見せつけられた凪沙は、
タイに渡り、性転換手術を受ける。
それは、一果の母親になりたいという願望の表われだったが、
一果の実家を訪ねた凪沙は親族から拒絶される。

そして、中学卒業という契機で、
一果が自由になれる日が来るが・・・

こうした暗い現実を突き抜ける、
一果の夢であるバレエシーンが美しい。

特に、コンテストの踊りが、
足の故障でバレエをあきらめざるを得なかった親友のりんの
親戚の結婚式での踊りと重なるシーンは、
はっとさせられる。
夢をあきらめた人と、夢に向かって進む人の対比。
優れた演出だ。
その場面の最後のあの展開は、
どうやって撮影したのだろうか。

凪沙を演ずる草なぎ剛

クリックすると元のサイズで表示します

一果を演ずる新人・服部樹咲の演技が

クリックすると元のサイズで表示します

画面に厚みを加える。
草なぎ剛の面相は、
こういうトランスジェンダーがいたら不気味だろうな、
という風体で、哀れを誘う。
最後は普通の就職をしようとし、
肉体労働まで始める凪沙を演ずる草なぎは
役と同化し、なかなかの演技力を見せる。
バレエ教師役の真飛聖がいい。

クリックすると元のサイズで表示します

他に水川あさみ田口トモロヲ

ここで気づいたが、
稲垣吾郎の「半世界」
香取慎吾の「凪待ち」
そして、草なぎ剛の本作と、
ことごとくキノフィルムズの作品。
元SMAPメンバーのこの三人は、
まだCM以外、テレビでは不遇だが、
この若者たちの才能を生かそうとする
キノフィルムズの姿勢は評価していい。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、描写不足の部分もある。
りんの足が故障する場面は必要だし、
コンテストで客席から母親が現れる下りは意味不明。
更に、海岸に出かけた一果が凪沙を置いて、
入水自殺を思わせる行動を取るのも?がつく。

クリックすると元のサイズで表示します

題名は、凪沙がショーパブで踊る「白鳥の湖」、
一果がコンテストで踊る「オデット姫」の踊りに繋がる、
いい題名だ。

脚本・監督は内田英治
今年の日本映画の収穫の一つ。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/qFWyZt8xG78

TOHOシネマズ日比谷他で上映中。


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ