映画『シカゴ7裁判』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

1960年代末の
ベトナム戦争を巡る暴動事件の裁判を描く作品。
このような現代史を扱う作品を好む
スティーヴン・スピルバーグが監督を引き受ける予定だったが、降板、
その後、ポール・グリーングラスやベン・スティラーの名前が挙がるも、
結局、「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞、
「マネーボール」や「モリーズ・ゲーム」でもノミネートされた
脚本家として実績のあるアーロン・ソーキンが監督した。(脚本も)

クリックすると元のサイズで表示します

1968年8月28日、
シカゴで民主党の全国大会が開かれており、
大統領選の候補者たちが
ベトナム戦争にどう対処すべきかという問題を議論していた。
同じ時、会場近くのグランド・パークでは、
ベトナム戦争に反対する活動家・市民1万5千人がデモのために集結し、
一部の参加者が民主党大会の会場に押しかけようとして警官隊と衝突。

クリックすると元のサイズで表示します

双方合わせて数百名の負傷者を出し、
暴動を扇動した容疑で告訴されたデモ参加者7人は
シカゴ・セブンと呼ばれるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します

本作はこの裁判の様子を見事に活写する。
強権的な裁判長、自由奔放な被告たちの不規則発言、
何度も法廷侮辱罪が適用され、
中には、さるぐつわを噛まされる被告まで現れる。
被告側に立つとみなされる陪審員には脅迫がされ、
陪審員は隔離、長期の裁判に耐えることになる。
若手の検事は元々被告たちに同情的で、
どうしても言葉の端々にそれが現れる。
また、温厚な弁護士は被告たちを擁護し、
しばしば法的侮辱罪に問われる。
当初8人だった被告団の一人が
分離裁判になる過程もていねいに描かれる。
そして、裁判の終盤、
発言を許された被告が取った行動は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

実に面白い。
深刻な内容なのに、
ユーモアもあり、
エンタテインメントとして成立している。
登場人物が生き生きと描かれており、
2時間があっという間に過ぎる。
これは、脚本と監督の成果であると共に、
俳優たちの功績でもある。
なにしろ、顔ぶれがすごい。

サシャ・バロン・コーエン(ゴールデングローブ賞主演男優賞受賞)、
エディ・レッドメイン(アカデミー賞主演男優賞受賞)、
フランク・ランジェラ(トニー賞主演男優賞受賞)、
マーク・ライランス(アカデミー賞助演男優賞受賞)、
ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世
ジョン・キャロル・リンチ
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ジェレミー・ストロング
果てはマイケル・キートン(ゴールデングローブ賞主演男優賞受賞)まで登場する。

クリックすると元のサイズで表示します

本来9月25日に公開する予定だったが、
新型コロナウイルスの流行が一向に収束しない事態を
重く見たパラマウントは
本作の劇場公開を断念し、
5600万ドルでNetflixに配信権を売却。
(制作費は3500万ドル)
従って、Netflixオリジナル作品ではない。
10月16日にNetflixで配信開始
先立って10月9日に少数の劇場で公開。
アップリンク吉祥寺他で上映中。

評判は高く、来年のアカデミー賞の旋風になる可能性大。
少なくとも、作品賞や監督賞、編集賞や脚本賞、主演男優賞、助演男優賞
のノミネートは堅いだろう。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/FDCjq44keS0


GO TO トラベルA葛城北の丸・その1  旅行関係

これが、ホテルの送迎バス。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

市街地からやがて山道に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

35分でホテル正面に。

クリックすると元のサイズで表示します

葛城北の丸(かつらぎ・きたのまる)。

クリックすると元のサイズで表示します

門をくぐると、

クリックすると元のサイズで表示します

中はこのようになっており、

クリックすると元のサイズで表示します

木の向こうに、

クリックすると元のサイズで表示します

本陣のような入り口が。

クリックすると元のサイズで表示します

横から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

体温測定。

クリックすると元のサイズで表示します

マスクをしていないと、ちゃんと認識します。

クリックすると元のサイズで表示します

スリッパに履き代えます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここがロビー。

クリックすると元のサイズで表示します

ピアノがあります。
実は、このホテル、ヤマハグループです。

クリックすると元のサイズで表示します

庭が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全体図。

クリックすると元のサイズで表示します

平面図。

クリックすると元のサイズで表示します

建物は、歴史ある古民家を移築したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマハが音・音楽で培った「感性」と「文化」が宿り
四季折々の自然と土地の文化体験を愉しめる日本の美しい宿。

クリックすると元のサイズで表示します

このホテルを所望したのは、娘で、
「ファンタジー・オン・アイス」が
近隣で公演された際、
羽生結弦選手らが
貸し切りで投宿した宿。

クリックすると元のサイズで表示します

高くて手が出ませんでしたが、
GO TO トラベルキャンペーンの恩恵で泊まることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちが泊まった部屋は、
夕食・朝食付きで9万4500円。
それが30パーセント引きで6万1425円に。
更に2日間だけ使える地域共通クーポンが1万4千円ついて、

クリックすると元のサイズで表示します

実質4万7425円。
つまり、半額です。
(一人1万6千円)

こうした展示物を横目に、

クリックすると元のサイズで表示します

階段を上ったり、下りたりして、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

庭を見たりしながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一番奥まったところにある
「萩殿」という、和室エリアに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

北陸の豪雪に耐えてきた古民家を解体し、移築したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

歳月を経た古木のたくましさとあたたかさを生かした骨太の梁や柱。
銘木を用いてしつらえられた繊細な内装や調度品。
この二つが懐かしくも新しい和の空間を生みだしています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

5室あり、
真ん中が共用スペースで、囲炉裏があります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが私たち一家の部屋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

春には窓から花が見え、
なかなか取れない部屋だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

洗面所と

クリックすると元のサイズで表示します

バスルーム。

クリックすると元のサイズで表示します

アメニティはロキシタン。
娘のテンションが上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーは、あっという間に抽出されます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

冷蔵庫の中のビール、ワイン、ソフトドリンク、
ミネラルウォーターは無料。

クリックすると元のサイズで表示します

ブルネイのエンパイアホテル並。

なお、他の4室はお客がおらず、
萩殿全体が、私たち貸し切りでした。

他の和室。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、洋室は、こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は3つあり、
昼夜で男女交代。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2つは露天風呂で、1つはミストサウナ付き。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

嬉しいのは、タオルが備わっていることで、
部屋のタオルを持って行く必要がありません。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、着替えなどを入れる袋。
何から何まで至れり尽くせり。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は時間指定で、この雰囲気のあるレストランで。

クリックすると元のサイズで表示します

マスクを入れる袋。
初めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の献立。

クリックすると元のサイズで表示します

前菜 旬菜取り合わせ と
お造り盛り合わせ

クリックすると元のサイズで表示します

温菜 赤烏賊の網焼き
椀物 海老真薯と蕪の清汁仕立て

クリックすると元のサイズで表示します

焼物 旬魚(カマス)と帆立貝の柚庵焼き

クリックすると元のサイズで表示します

馳走 食通の静岡牛“葵”フィレ肉の網焼き秋の味覚添え

クリックすると元のサイズで表示します

食事 落花生と薩摩芋の炊き込み御飯
味噌汁香の物

クリックすると元のサイズで表示します

甘味 栗のヴィシュ、無花果のコンポート 季節の氷菓
珈琲・紅茶

クリックすると元のサイズで表示します

料理代16,500円が宿泊費に込みですから安い。
どの料理も真心がこもっており、
無上の美味しさ。
その上、食器が素晴らしい。
堪能しました。

更に、食後の楽しみは、
一番奥にある建物「梅殿」に。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、素晴らしいオーディオセットがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

持ち込んだCDを自由に鳴らすことが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

家では不可能な大音声で鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

設置機材は、もちろんYAMAHA製で、
スピーカー NS-5000
プリアンプ C-5000
パワーアンプ M-5000
CDプレーヤー CD-S3000
レコードプレーヤー GT-2000L 

クリックすると元のサイズで表示します

ワーグナーやモーツァルト、
山口百恵や「KA」の音楽、
それに、羽生選手のスケートの曲、キム・ジュンスなどを聴きました。

クリックすると元のサイズで表示します

これもまた、至上の体験でした。


小説『チームU』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                                    
堂場瞬一による「チーム」「ヒート」の続編
「チーム」の学連選抜チームの箱根マラソンからは7年後、
「ヒート」の東海道マラソンからは4年の歳月がたっている。

冒頭、前作「ヒート」の
東海道マラソンの結果が出て来る。
勝敗はともかく、えっと思った。
あれだけのハイペースでありながら、
世界最高記録が更新されなかったとは。
甲本の努力は何だったのか。

ベルリンマラソンを制覇し、
日本最高記録保持者として、
ケガなしでやってきた山城悟も、
ついに左膝半月板損傷と、
それを庇っての筋断裂を起こしていた。
2年もレースから離れ、治療に専念する日々だった。
アメリカで外人医師の治療を受け、
日本に帰って、体を作り直す日々がやってくる。
どんな選手でも退く時は来る。
山城の中でもその時は迫って来ており、
来年3月の五輪記念マラソンを最後にすることを考えていた。
1964年の東京オリンピックのコースを走るレースで、
もちろん優勝して引退を表明するつもりだった。

しかし、所属する実業団チーム、タキタが
親会社の業績悪化で廃部となり、
山城は練習の拠点さえ失うことになった。

その時、昔の学連選抜のチーム仲間が手を差し伸べる。
浦は、もう30歳。
大学卒業後、実業団に所属し、
怪我に何度も悩まされ,引退を決意するが、
引退を決めたのとほぼ同時期に
母校の城南大学の陸上競技部の監督就任を要請され、
引き受ける。
その上、学生連合の監督を引き受けていた。
予選会上位の選手の寄せ集めチームで、
名前も学生連合と変わり、
オープン参加で、順位は記録されない。
不慣れな監督を、試行錯誤しながら、
浦はチームをまとめようとする。
あの7年前と同じように。

浦の呼びかけで、学連選抜だった門脇や朝倉,
城南大陸上部の主務だった青木,
東海道マラソンでペースメーカーだった甲本らが
山城を支援するために、集結して来る。
究極の個人主義者の山城は、当初、助力を断るが、
ついにそれを受け入れる。
こうして、学連選抜チーム監督の吉池の提案で、
「チーム山城」が発足する。

タキタの運動部をまるごと引き受けてくれる企業が現れ、
タキタの監督は、最後に実業団駅伝に出場することにし、
山城に出場してくれることを要請する。
五輪記念マラソンを前に断り続けた山城だが、
ついに出場を受け入れ、
アンカーを走ることになる。
襷を引き継いだ時、7位だった山城は、
快調に飛ばし、トップを走る広瀬を捕らえるが・・・

孤高の人、山城にも次第に人間味が出て来るところが
本作の大きな収穫。
山城にも迷いが生じ、壁が前にふさぐ。
記録だけを追う山城の姿が
次第に血の通った姿に見えて来る。
誰も必要としない山城だったが、
学連選抜の人間関係だけは、
いつまでも心の中に継続している。
そして、そんな我が儘な男を応援しようとする
浦たちの心理も描かれる。

最後の113ページは、
実業団駅伝の描写が進む。
デッドヒートを演ずるのは、
7年前の箱根駅伝で浦とトップを競った広瀬だ。
ここにも因縁を感ずる。
しかし、読み進むにつれて、
どんどんページ数が少なくなってくるのに気づく。
あれ、最後は五輪記念マラソンになるはずだが、
紙数が足りない。
もしかして、五輪記念マラソンに
山城は出ないのではないか、と懸念する。

山城は五輪記念マラソンに出るのか。
そして引退するのか。
その結末は、今回も描かれず、
続編「チームV」に引き継がれるようだ。
やれやれ。

それにしても、徹頭徹尾、男しか出て来ない。
つまらない恋愛話などは、
堂場瞬一は全く関心がないようだ。
そういう意味で、
男の物語
男の熱いプライドが炸裂するので、気持ちがいい。


GO TO トラベル@掛川  旅行関係

2日ブログを休んでしまいましたが、
その間、何をしていたかというと、
GO TO トラベルキャンペーンを利用して、
旅行していたのです。

GO TO トラベルで予約したのは、
↓の超高級ホテル、葛城(かつらぎ)北の丸

クリックすると元のサイズで表示します

最寄りの駅は、掛川駅なので、新幹線で西へ。

クリックすると元のサイズで表示します

3分の1ほどの席が埋まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

例のごとく、我が家のテーブルの上は、飲み物、食べ物で一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、富士山には雲がかかっています。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間39分で、掛川に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

北口に出て、タクシーで、

クリックすると元のサイズで表示します

予約した料亭・江戸菊へ。

クリックすると元のサイズで表示します

中はこんなで、

クリックすると元のサイズで表示します

木を残して料亭を建てたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

奥は意外と広い。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちの個室は、向かい合わせが
ビニールで遮断されています。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチを予約していました。

クリックすると元のサイズで表示します

栗は焼いたのが一番美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

出て来る料理が、手がこんで、ことごとく美味。
食器も素敵。

クリックすると元のサイズで表示します

小鉢が三種類出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートは、いちじくや巨峰、シャインマスカットをゼリーで。

クリックすると元のサイズで表示します

全部美味しく、東京でも通用する味でした。

通り道にあった、この店に寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅風のお店です。

クリックすると元のサイズで表示します

掛川は、月曜休みのお店が多い。
どういうことでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩で、掛川城を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

この天守閣、どこからも絵になります。

クリックすると元のサイズで表示します

まず二の丸御殿へ。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり広いです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここからの天守閣も素敵。

クリックすると元のサイズで表示します

掛川城の歴史は古く、
室町時代中期の文明(1469〜1487)に築城したと伝えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

今の城の東500mほどのところに建てられた古城は、
やがて16世紀初頭に現在の位置に移されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二の丸御殿は1854年に地震で倒壊、
1861年に再建。

クリックすると元のサイズで表示します

1980年に国の重要文化財に指定されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それでは、天守閣へ。

クリックすると元のサイズで表示します

この階段を登ります。

クリックすると元のサイズで表示します

二度の地震で倒壊後、再建されていなかった天守閣は、
1994年(平成4年)再建。

クリックすると元のサイズで表示します

日本初の木造復元天守

クリックすると元のサイズで表示します

高さ16.18メートル。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

急な階段をよじ登ります。

クリックすると元のサイズで表示します

カミさんは、下で待っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

更に上へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが最上階。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

窓から見下ろすと。、

クリックすると元のサイズで表示します

掛川の町がこんな風に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先程の二の丸御殿も見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

戦の時の石落とし。

クリックすると元のサイズで表示します

修復作業の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな資料も。

クリックすると元のサイズで表示します

織田信長170p、62s、
豊臣秀吉150p、50s、
徳川家康160p、80s。

どうやって調べたんでしょうね。

上から見たところ。
右側にあるのは、霧噴きの井戸。
井戸が城内にあるのは、強い。

クリックすると元のサイズで表示します

下にある広場。

クリックすると元のサイズで表示します

花が満載。

クリックすると元のサイズで表示します

この花は、我が家のベランダ菜園でも咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

掛川城、なかなかのものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

駅南口に移動して、ホテルへの送迎バスを待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ、葛城北の丸へ。



映画『61年目の約束』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

死期の迫る老女が、
孫に「航海に出た夫がなぜ帰ってこなかったのか、
今どこにいるのか、
死んだのか、墓はどこにあるのか、
調べてほしい」
と頼む。

戦争前のマラツカの漁村。
漁師だったオトマンと村娘のトムが恋に落ちる。

クリックすると元のサイズで表示します

日本軍による連行、
嵐の中の出航と、
二度の別れも、夫は帰ってきた。

しかし、三度目の別れは、帰って来なかった。
オトマンは、貨物船の船員となって金を稼ぎ、
妻に贅沢をさせたいと、村を後にしたが、
便りは絵はがきだけで、帰ってこない。

トムはハガキの差し出し地の香港に探しに出かける。
しかし、小さい村しか知らず、
すぐに見つかると思っていたトムには、
香港は大きすぎた。
失意の中、オトマンの親友に手紙を託すが、
それも届いたのかどうか分からない。

そして、物語は、オトマンの軌跡に。
船員をして、差別に遇いながらも、
金を稼いでいたオトマン。
しかし、乗っていた船が沈没して、
一文無しになってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

親友のつてでオトマンを訪ねて来た息子に事情を話すが、
しかし、実は隠された理由がオトマンの胸の中にはあった。

祖母に願いを託された孫はイギリスを訪ね、
リバプールで、オトマンの消息を知るが・・・

61年間の歳月の後、
愛し合う夫婦は再会できるのだろうか・・・

という話が、
叙情的な風景と共に語られる。
息を飲むような、漁村や島の素晴らしい景色が情緒豊かに描かれる。
監督の腕は確かだ。

ただ、いくらなんでも、
望郷の念はないのか、
妻に、息子に会いたくないのか。

最後の最後に、
オトマンが帰らなかった理由が明らかになるのだが、
誤解以上に、
オトマンとトムの中にある頑なさが生んだ不幸だと思う。
イギリスまで来た息子に
妻の近況を訪ねれば済んだ話なのに。
また、息子が率直に母親に真実を告げれば、
誤解は解けたのに。

疑問はわいても、実話という重みにはかなわない。
最後に、実在の夫婦の写真とその後が映し出される。
交通も不便、通信もない時代、
こういう悲劇は沢山転がっていたに違いない。

昔、商人は妻子を置いて旅に出た。
夫の帰りを待つ妻子の想いはどうだったろうか。
また、船乗りの帰りを待つ妻の気持ち。
いや、日本にだって、
出稼ぎに出て帰って来ない夫を待つ妻の話は沢山あった。
今のような電話やネットで連絡を取り合う時代とは違うのだ。

そういうはるか昔に、
世界のあらゆるところで展開された愛の物語。

2018年のNetflixオリジナル作品。
監督は、マレーシアの映画界で数多くの作品を手がける
インド出身のカビール・バティタ
センスがいいから、
いつか必ず世界的作品を生むだろう。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ