旅行記『旅のつばくろ』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
              
「つばくろ」とは、(つばめ)のこと。

クリックすると元のサイズで表示します

渡り鳥のため、旅人になぞらえている。
西條八十作詞の「サーカスの唄」にも、
「♪旅のつばくろ 寂しかないか」
と歌われている。

沢木耕太郎といえば、
香港からロンドンまでの旅をつづった「深夜特急」が有名だが、
これは、国内旅行の初エッセイ
JR東日本の車内誌「トランヴェール」の連載エッセイを単行本化したもの。
「深夜特急」を愛読した者として、期待感を持って読んだが、
意外や、内容が薄い印象。

ただ、沢木の初めての旅は16歳の時、
均一周遊券を握り締めて、
12日間、東北を旅した。
その初旅の印象が色濃く投影されており、
人間の初の旅は人生を決めるんだな、と思わせる。

以下、印象に残った部分をあげると、

アジアからヨーロッパの旅の途中、
日本人の旅人とすれ違い、
帰国したら最初に何を食べたいか、
何をしたいか、という話になった時、
食べ物は様々だったが、
何をしたいかは、
かなり共通して、
「温泉に行きたい」という言葉がきかれたという。

沢木がまだ駆け出しの頃、指導してくれた編集者のこと。
晩年俳句を作り、闘病の後、亡くなったが、
その遺稿集を託された。
しかし、残された俳句には、
闘病や死への恐れといった類のことが一切詠まれていなかった。
ただ、一句、辞世の句と読めないこともない一句。
花吹雪 ごめんなすって 急ぎ旅

能登の白米の棚田で出会った香港のカップル。
年に一、二度、日本を旅し、
この春は青森方面で旅を楽しみ、
今回は北陸を旅しているという、
二人の話。
以前は中国本土にも旅行していたが、
最近は日本にしか来ない。
日本を旅していると、
心が落ち着く
のだという。
なるほど。

旅に出ると、予期しないことに出くわし、
楽しい思いをしたり、
逆にがっかりするような目に遭ったりする。
それを金運や結婚運のように「旅運」と言うとすると、
確かに旅運のいい人と悪い人がいるかもしれない。


山本周五郎の本名は清水三十六(さとむ)。
山梨から東京に出て来た清水少年は、
木挽町の質店・山本周五郎商店に丁稚奉公しながら、
夜間の学校に通った。
清水少年は、自分を学ばせ、育ててくれた
店主の山本周五郎に恩義を感じ、
作家になった時、その店主の名をペンネームにしたのだという。

山本周五郎で、もう一つ。
周五郎は友人や知人たちから
「曲軒」(きょくけん)というあだ名をつけられた。
というのは、周五郎はおそろしく気難しかったからだという。
作品とは違う、作家の一面。

古書店でのこと。
「どうやって本を仕入れるんですか」と問うと、
今は古書業界全体が供給過剰で困っているという。
その理由。
「六、七十の男性がいっせいに
本を処分なさろうとしているせいです。
この方たちが紙の本を大量に買った最後の世代なんだと思います」



沢木耕太郎の他の著作の紹介ブログは、↓をクリック。

「春に散る」
                                 
「敗れざる者たち」

「一瞬の夏」

「深夜特急・第一便」

「深夜特急・第二便」
                               
「深夜特急・第三便」





AutoPage最新お知らせ