守屋浩逝く  音楽関係

守屋浩さんの訃報が伝えられた。

クリックすると元のサイズで表示します

1960年代に活躍した歌手。
1938年生。本名・守屋邦彦。
1957年、ロカビリーバンドのバンドボーイとなったが、
58年に、退団したボーカルの代役として、
リーダーの堀威夫氏が
日劇ウエスタンカーニバルのステージに立たせたところ、
女性客から大歓声を浴び、一気に正式メンバーとなった。

59年に「泣かないで帰ろう」でソロデビューし、
同年「僕は泣いちっち」が大ヒットしたことで、
60年に同曲で紅白歌合戦に初出場。
そこから4年連続で出場を果たした。

翌60年に堀氏が設立した堀プロダクション(現ホリプロ)の
第1号タレントとなった。
芸名の「守屋浩」は堀氏の提案。
当時、井上ひろし、水原弘と合わせて、
「3人ひろし」と呼ばれるようになった。

長い脚の爽やかなルックスに独特のハスキーボイス。
「僕は泣いちっち」は、作詞作曲浜口庫之助
63年に島倉千代子さんとのデュエット曲「星空に両手を」が
70万枚を売り上げた。
その後も「大学かぞえうた」や「有難や節」などをヒットさせた。

67年に歌手の本間千代子と結婚。75年離婚。
76年に一般女性と再婚し1男1女をもうけた。

76年、芸能活動に見切りをつけ、
37歳で引退してホリプロに入社。
引退後はホリプロで宣伝部長、文化事業部長などを歴任。
スカウト担当として
オーディション「ホリプロタレントスカウトキャラバン」を発案し、
榊原郁恵や堀ちえみらを発掘した。

86年に勤続10年で正社員としては退社し、
改めて社業兼務のタレント契約に移行して歌手活動を再開し、
懐メロ番組や歌のステージなどにも積極的に出演するようになった。
この頃静岡県伊東市へ移住し、並行してカラオケ教室を開いていた。
ホリプロのスカウト部長を兼務して
新人の発掘などの業務を行い、
また次代を担う若い歌手及び社員などの教育・指導にも当たっていた。
ホリプロ創立当時より
2020年時点に至るまで在籍した
唯一のタレントでもあった。
(守屋の次に在籍年数が長いのは和田アキ子である。)

10年以上前に脳梗塞で倒れたが、
リハビリを経て復帰。
テレビの音楽番組では椅子に座って歌うなど活動を続けた。

2年ほど前から前立腺がんと闘っていた。
約1カ月前に静岡県内の施設に入り、
9月19日午後7時、家族にみとられて静かに息を引き取った。
翌20日は82歳の誕生日だった。
22日に伊東市内で家族葬が営まれ、荼毘に付された。

なぜ守屋浩のことをこんなに書くかというと、
昔、ファンだったから

私のファン歴は幼年の頃、松島トモ子↓のファンで、

クリックすると元のサイズで表示します

「村の駅長さん」というレコードを親に買ってもらい、
毎日聴いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

大人になってから、
ある映画会社の試写室で一緒になったが、
「昔、ファンでした」
なんて言われても迷惑なだけだろうと思い、
声をかけられなかった。

松島トモ子が私のファン歴第1号。

次が千代の山↓で、

クリックすると元のサイズで表示します

全勝優勝した時は歓喜して、
ファンレターまで出してしまった。

東京に上京して、最初にはまったのが守屋浩で、
小学校6年から中学1年の頃。
その後、石原裕次郎の熱烈なファンになる。

当時は歌のソースはラジオで、
歌謡番組でかかるのをひたすら待った。
その頃の歌は、1回聴いたら覚えられた。

毎年年末に開催されていた「コロンビア歌の祭典」(記憶曖昧)という
コロンビアの歌手勢ぞろいのイベントに、
朝から東京体育館に並んで参加した。
当時は指定席などないから、
開場と同時に走って、前の方の席を確保、
狙いは守屋浩で、
出て来ると、「も〜り〜や〜!」と声援を送った。
(この体質は、娘に遺伝)

確かMDがあったはず、と探したら、出て来た。

クリックすると元のサイズで表示します

CDからダビングしたもので、
↓のような曲が収録。

クリックすると元のサイズで表示します

聴いてみると、
ハスキーボイスが懐かしい。
音程はしっかりしており、声質も魅力的。
内容は、さすが昭和の純情もので、
恋心の悲しみを歌う内容。
当時の風俗が蘇る。
また、当時は編曲がものすごく工夫されている。

聴いてみたい方は、↓をクリック。

僕は泣いちっち

https://youtu.be/O_8vnblfDMo


夜空の笛

https://youtu.be/2q9WVq0GKdE


長いおさげ髪

https://youtu.be/B-_75dOASxM

泣きべそ列車

https://youtu.be/BEjiwntUbOg


星空に両手を
                                        https://youtu.be/rTi8fS81TA8






AutoPage最新お知らせ