小説『法の雨』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します             

冒頭、「無罪病判事」と言われる人物が紹介される。
「疑わしきは罰せず」という理念に従い、
少しでも「合理的疑い」がある事案には、
無罪を言い渡す裁判官だ。
地裁の判決を覆すのもいとわない。
検察側は戦々恐々としている。
というのも、日本の裁判は99.7%の有罪率を誇り、
有罪に持ち込めないような事案は、元々起訴しないのだ。

検察官の大神護(おおがみ・まもる)は、
その判事に連続して当たってしまう。
これで4例目。
出世の道は閉ざされ、辞表ものだ。
今回も、暴力団組長が病院で殺害された事件で、
看護師の水島が告訴されており、
地方裁判所では有罪、
高等裁判所での判決を待つばかりになっていた。
しかし、判事はあの「無罪病判事」で、
判決は「無罪」。
その判決文朗読の間に、
判事が倒れてしまう。

という話をプロローグに、
話は一転、ある受験生の話になる。
嘉瀬幸彦は、両親を早くに亡くし、
引き取られた祖父母の家で医学部の受験をしていた。
ようやく合格し、祖父のお金で入学金を払おうとした時、
その入学金が払えない事態に陥る。
実は、老人ホームに入った祖父は重度の認知症を患っており、
祖母が人から助言を受けて「成人後見人」を申請したところ、
後見人に選ばれた弁護士に通帳を押さえられ、
自由に引き出せなくなってしまったのだ。
そして、その認知症の祖父こそ、
あの「無罪病判事」の嘉瀬清一だった。

一方、嘉瀬の判決で無罪になって出所した水島が
組の構成員によって銃殺される、という事件が起こる。
責任を感じた大神は、
事件に関わっていく内、
組内の抗争に触れ、
組長殺害の真相が判明してくる・・・

という二つの話が同時進行で展開する。

幸彦の相談に訪れたNPOの相談員によって、
「どうやら、成人後見制度の闇に足を踏み入れてしまったようですね」
という言葉が発せられるが、
成人後見制度がこんなものとは知らなかった。
親族が後見人に選ばれる割合は25%を切っており、
指定された弁護士により通帳は管理され、
親族といえども通帳を見ることは許されておらず、
出金は最低限しか認められない。
幸彦のように、「祖父が勉学資金を出してくれると約束してくれた」
と主張しても、「確認が取れない」と拒否される。
「こんなことなら、後見人制度を利用しなきゃよかった」
という後悔の声ばかりだという。
しかも、後見人の活動内容には法律などによる細かい規定がなく、
後見人の報酬は、被後見人の預貯金の金額に左右される、
つまり、貯金を減らさないことは、
被後見人を守るだけでなく、
弁護士の報酬を守ることになるというのだ。

大神の捜査によって、意外なことが明らかになる。
嘉瀬清一の通帳の記録には、
暴力団関連企業による振り込みが何回もあったというのだ。
では、嘉瀬は、暴力団の意向で無罪にしたのか。
被疑者を巷に戻して、
暴力団の報復を可能にするために?
しかし、そんなことに加担する判事だったのか?

こうした謎が幾層にもなって、
事件は意外な方向に展開していく。

題名の由来は、
「雨が万物を潤すように、仏法が衆生を救う」という意味の「法雨」

有罪率の問題、無罪判決の問題、成人後見人制度の問題、
等々、幾多の問題を内包させた、
新鮮なミステリー。
ただ、倒れた嘉瀬の老人ホームへの入居、
後見人の申請、試験の時期など、
時系列的に納得できないものが多く残る。





AutoPage最新お知らせ