映画『プラド美術館』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

スペインの首都、マドリードにあるプラド美術館は、
15世紀から19世紀にかけて
歴代のスペイン王室が買い集めた美術品の宝庫。
毎年約300万人もの美術愛好家が訪れる
ヨーロッパ屈指の美術館。
世界三大美術館には入らないが、
五大美術館には入る。

そのプラド美術館が、
2019年11月9日に開館200周年を迎えたのに際し作られた
ドキュメンタリー。

ベラスケスやゴヤ、エル・グレコなどの作品を
大画面で堪能出来るかと期待したが、
期待は裏切られた。

とにかく、冗舌
のべつ誰かがしゃべっている。
全体のナレーションはジェレミー・アイアンズが担当し、

クリックすると元のサイズで表示します

ミゲル・ファロミール館長やベテラン学芸員が解説。

監督の関心は美術品よりプラドの歴史、スペインの歴史に
興味があるのではないかと思われるほど、
絵はあっという間に次に移ってしまう。
その間に自然や建物や他の映像がはさまる。
延々とフラメンコの踊りを見せられたりする。
ナレーターや解説者の映像など、一度出せば十分。
もっと絵画を見せてくれ。

クリックすると元のサイズで表示します

今のドキュメンタリーは、
ナレーションは極力抑えて、
映像で語らせる
というのが主流なのだが、
(たとえば、このブログでも紹介した「ハニーランド」など)
この作品は、その逆をいく。
まるで学術論文を聞くがごとし。
そんなもの、文字で読めばいい。
映画なんだから、映像で語らせてほしい。

監督はヴァレリア・ パリシ
初長編作品に狂喜して、
研究した素材を全部ぶち込んだ感じで、
焦点が絞りきれなかった。

プラド美術館の館長を務めたことのあるピカソは
「芸術は日々の生活のほこりを、
 魂から洗い流してくれる」

と言ったそうだが、
まさに至言。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/Qsnsbuq7n8A

ヒューマントラストシネマ有楽町他で上映中。


私がプラド美術館を訪問した時のブログは、
↓をクリック。

マドリッド

久しぶりに読んだが、
写真満載で、
改めて、名画を堪能。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ