船橋大神宮  様々な話題

3日前のこと。
西船橋、京成西船経由で、この駅で下車し、

クリックすると元のサイズで表示します

ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

2月以来、5カ月ぶり。

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧のような焼肉食べ放題を満喫。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

締めは、冷しそうめん。

クリックすると元のサイズで表示します

前回食べそこなったデザートも。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、京成線をくぐって、

クリックすると元のサイズで表示します

ここ、船橋大神宮へ。
駅名の由来です。

クリックすると元のサイズで表示します

前回は夕刻になり、訪問することができませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

街中にあるとは思えない閑静な雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここが本殿。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実は、船橋大神宮は、通称で、
正式には、意富比神社(おおひじんじゃ)。

天照皇大御神を主祭神とし、
万幡豊秋津姫命・天手力雄命を配祀する。
徳川将軍家の家康公、秀忠公も合祀している。

ここが裏側。

クリックすると元のサイズで表示します

高台にあったのだと分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

社名となっている「意富比」(おおひ)の由来については諸説あり、
大火あるいは大炊の意で食物神とする説、
夕日を真正面に受ける高台にあることなどから夕日とみる説、
古代の有力豪族である意富氏の氏神とする説、
大日の意で、
この地方の農民がもとから信仰してきたお天道様(太陽神)とする説など。

クリックすると元のサイズで表示します

付属する建物群。

クリックすると元のサイズで表示します

社伝では、景行天皇40年
日本武尊の東征の折に当地で東国平定の成就を祈願したのに始まると伝える。
当時、当地の住民は日照りに苦しんでおり、
日本武尊があわせて祈雨を念じると、
雨が降り出したとも伝える。

景行天皇(けいこうてんのう)とは、
第12代天皇で、
日本武尊(ヤマトタケル)の父。
そういう、由緒ある神社。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この女性は、一つの祠の前に、
10分以上たたずんでいました。
何があったのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

御輿倉。

クリックすると元のサイズで表示します

きらびやかな御輿です。

クリックすると元のサイズで表示します

外人が見たら、おみくじが咲いていると思うでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

神社の中に神社があるという、
日本の神社の不思議。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、常盤神社

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

灯明台

クリックすると元のサイズで表示します

昔、船橋沿岸の漁船は、
この常夜灯を目印にしたそうです。

別な角度から。

クリックすると元のサイズで表示します

これは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

相撲の土俵。

クリックすると元のサイズで表示します

ここの奉納相撲は、秋の例祭として、
10月20日に行われる。

歴史は古く、1590年(天正18年)に行われた
徳川家康の上覧相撲に起源を持つ。

古木の数々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

随所に存在する神社は、
入っただけで、精神がきりっとする、
日本人の魂のふるさと。
やはり、日本は神の国です。

クリックすると元のサイズで表示します



小説『銀花の蔵』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

奈良の古い醤油蔵の物語。

冒頭、蔵の立て替え工事で、
床下から子どもの白骨死体が発見される。
それを見た、主人公の銀花が
「座敷童」(ざしきわらし)とつぶやく。
幼い頃、父から聞かされた話が蘇る。

「蔵には座敷童がいるんや。
座敷童が見えるのは、山尾家の当主だけ。
つまり、座敷童を見た人間は当主の資格があるということや」

銀花には、座敷童を見たことがあった。

というプロローグの後、
話は1968年に飛び、
小学生だった銀花の一家が大阪の文化住宅から
奈良の実家の「雀醤油」に引っ越して来るところから物語は始まる。
そう、銀花の50年の半生の話だ。

銀花の父は・尚孝は売れない画家。
醤油蔵を継ぐのがいやで画家になったが、
先代が亡くなったのを受けて、
雀醤油を継ぐために戻って来た。
母・美乃里は美人だが世間知らずで、
その上、盗癖がある。
ただ、料理の腕だけは確かで、
尚孝の好きなものを作るのが大好きだ。

雀醤油は、昔は大きな醤油蔵だったが、
時代の流れで縮小し、
今では杜氏の大原と尚孝の母・多鶴子の二人だけで回している。
歳の離れた尚孝の妹の桜子
(銀花の叔母に当たるが、一学年しか違わない)がおり、
美人だが、驕慢な性格で、
婿を取って蔵を継ぐのなどまっぴらだと言っている。

この老舗の醤油蔵を守るための
多鶴子や銀花の奮闘を描く。

時代背景として、大阪万博やオイルショックなどが描かれる。
上野の東京国立博物館に「モナ・リザ」が来た時の騒動にも触れる。
暴走族や、1975年の「シクラメンのかほり」のヒットなども出て来る。

尚孝と大原は川で溺れて死に、
雀醤油には、4人の女が残される。

いつも厳しい顔をした「きりきり」の多鶴子と、
夢見がちの「ふわふわ」の母、
女王様のように気位が高い「つんつん」の桜子、
そして、能天気な「へらへら」の銀花だった。


特に、母の美乃里の造形が面白い。
やがて美乃里の過去と銀花の出自などが明らかになる。
銀花が見た「座敷童」の真相も明らかになる。
更に、床下の子どもの死体の謎も・・・

全体的に不幸満載の暗い話だが、
銀花のキャラクターで、明るく、温かい雰囲気の小説だ。
昭和から平成の50年以上の、
その前も合わせれば4世代にわたる話で、
テレビドラマの原作のように見える。
だが、小説を読むコクには欠ける。

醤油の製造方法も説明があり、
酒蔵の酒の仕込みは年1回だが、
醤油蔵は、真夏を除き、春秋冬ほぼ隔月で仕込みをする、
など、知識も増えた。
大手醤油メーカーの攻勢で、
地方の中小メーカーの苦しい事情も知れた。

遠田潤子の書き下ろし。
先の直木賞候補だが、選ばれなかった。


映画『オールド・ガード』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

Netflix7月10日から配信が開始されたばかりの映画。

ある特殊な能力を持つ人物たちを描くこの作品。
それがどんな人間なのか、
知らない方が、観ての驚きも大きいと思うので、
観る予定の人は、
以下を読まないで下さい。
(もっとも、作品の紹介で、そのあたりは書かれており、
また、映画開始後15分ほどで、
その秘密は明らかにされる)

モロッコのマラケシュに4人の人物が
久しぶりの様子で結集し、
CIAのコプリの要請で、
南スーダンで拉致された少女たちを救出するためにヘリコプターで向かう。
リーダーはアンディと呼ばれる女兵士。
他の3人は、ブッカー、ジョー、ニッキー。
少女たちが監禁されている建物に潜入した4人は、
待ち伏せしていた兵士たちによって 
銃撃され、全滅する。
と思ったら、4人は生き返り、
逆に兵士たちを殲滅してしまう。
どうやら、コプリによって、はめられたようなのだ。

一方、アフガニスタンで
テロリストを捜索していた海兵隊員、ナイルが、
捉えたテロリストの反撃を受け、首筋を斬られて、瀕死となる。
しかし、数日後、首の傷は跡形もなく消え失せてしまう。
調査のためにドイツに送られそうになったナイルを
アンディが救い、パリ郊外の隠れ家で、
他の3人と合流する。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで分かったのは、
この4人は、時代を越えて生きる不死身の兵士たちで、
人類の危機に際し、防衛しているというのだ。
一人はナポレオン戦争の時、
そういう体質になったのだという。
二人は十字軍に参戦し、敵味方で戦った。
そして、アンディは本名をアンドロマケ・オブ・スキタイという。
ギリシャ神話の登場人物だから、
もしかしたら、神話時代から生き延びて来たのかもしれない。

この体質は、突然消え失せることがあり、
傷が癒えずに死んだ人物もいたという。
また、魔女狩りにあって、
鉄の棺に入れられて海中に投げ入れられた女性クインは、
海の底で、500年の間、
溺死と再生を繰り返す地獄にいるという。
アンディは鉄柩を引き上げようとするが、失敗していた。

ナイルは、その体質を持った新人で、
そのことは、他のメンバーは夢で察知し、
仲間に迎えるためにアンディがアフガニスタンに行ったのだ。

その隠れ家を謎の軍団が襲い、
ジョー、ニッキーを連れ去る。
それは、彼らの不死身の能力の秘密を解明し、
医薬品にして一儲けを目論む
製薬会社マーメリックのCEO、メリックの指示によるもので、
CIAのコプリは、メリックとつるんでいたのだ。

製薬会社の研究所に拉致され、
遺伝子検査を受ける2人を救出するために
アンディともう一人、それにナイルはロンドンに向かう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

と、実に面白い設定を展開。
時々はさまる銃撃戦と肉弾戦の描写も見事。
特にアンディを演ずるシャーリーズ・セロンが、
演技派にして、アクションスターである能力を発揮する。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかくかっこいい
他の女優では、こうはいかなかっただろう。
主役が魅力的であることが作品の成功の要因である好例だ。
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015)以来のはまり役。
他の4人のメンバーも好演。

彼らの中には、死ねないことへの苦しみがあり、
「正義のため、といいながら、実際は何のためになったのか」
という根深い疑問がある。
コプリの元には、
彼らが、世界のどの事件に介入し、
それが結果としてどうやって人類を救うことになったかの
データが集められている。
何世紀にもわたり、
彼らは正義のため、世界の平和のために貢献していたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

原作を「スーパーマン」「ワンダーウーマン」「ウルヴァリン」などの
アメリカンコミックライター、小説家として活動するグレッグ・ルッカ、
作画をレアンドロ・フェルナンデスが担当した
人気グラフィックノベルを映画化したもの。

監督を務めるのは、「ワン・オン・ワンファイナル・ゲーム」(2000年)
「リリィ、はちみつ色の秘密」(2008年)などの
女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッド
コプリーをキウェテル・イジョフォーが演じている。

途中、アンディの超能力が失せていくという事態が生ずるが、
映画の終わりまでは変化なし。
どうやら続編ができるようで、
クインが海の底から救出されるが、
沈没の試練の結果、人類に激しい憎悪を抱き、
自分たちが不死になったのは人類を救うためではなく、
人類を苦しめるためだと錯覚するようになっているのだという。
クインはそのための闘いへの協力をアンディに求めるが、
決裂し、その後対立関係へと移行していくらしい。

原作ではクインは「ノリコ」という名前で日本人のようだが、
映画ではベトナム人女優が演じ、国籍の変更があったようだ。

アンディの不死の能力は失われるのか、
彼女に死の時が訪れるのか・・・
続編が待たれる。

良い作品と悪い作品の落差が激しいNetflix。
これは、おススメ

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/1vWU0JuymGU

戦闘シーンの裏側は、↓をクリック。

https://youtu.be/QYRO-WHEgN4


タグ: 映画

ららぽ〜と豊洲  耳より情報

午後から「国境」を越えて、
豊洲

クリックすると元のサイズで表示します

ららぽ〜と豊洲へ。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口でサーモグラフィの洗礼を受けます。

クリックすると元のサイズで表示します

結構な人出。

クリックすると元のサイズで表示します

目的地は、この映画館。

クリックすると元のサイズで表示します

その脇から見た豊洲の風景。

クリックすると元のサイズで表示します

遅くなったので、今日は外食です。

クリックすると元のサイズで表示します

このフードコート
ちょっと脇の場所にあり、
かなりの期間、存在に気づきませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

席は新型コロナ対策で、

クリックすると元のサイズで表示します

この状態。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう表示があります。

クリックすると元のサイズで表示します

行列もソーシャルディスタンス。

クリックすると元のサイズで表示します

このフードコート、最近リニューアルして、

クリックすると元のサイズで表示します

お店が充実した印象。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私は、テレビで紹介されていた、この店で。

クリックすると元のサイズで表示します

天丼を。

クリックすると元のサイズで表示します

これが実物。

クリックすると元のサイズで表示します

きす、海老2尾、いかと小柱のかき揚げ、
玉子、のり、シシトウと沢山で、
かかっている天つゆも大変味が良い。
みそ汁のセットで税込み1188円はお得。

外が見える席もあり、

クリックすると元のサイズで表示します

豊洲らしい景色を見ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昔の豊洲を知っている人間にとっては驚きの光景。

クリックすると元のサイズで表示します



ノンフィクション『エンド・オブ・ライフ』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

ベストセラー「エンジェルフライト」「紙つなげ! 」に続く、
佐々涼子のライフワーク三部作の最終章。
「エンジェルフライト」は、
外国で命を落とした人たちを
日本に搬送し、顔に修復をほどこして
遺族に届ける仕事に携わる人々を紹介したが、
本作は、終末医療に携わる人々、
中でも在宅医療に従事する人々の姿を描く。

当然、沢山の死に際の描写があり、
読むのが相当辛い本だった。

本書は二つの部分で成り立っている。
2013年の、在宅医療取材時の出来事。
2018年の、
在宅医療に従事していた森山文則(ふみのり)の
癌との闘病と死に至る経過。

2013年の方は、
取材はしたけれど、
本としてまとめきれずにいたものを、
森山の発病と共に、
森山の依頼でその死をみつめる中で、
改めて書いたもの。
その2013年と2018年を交互に描く。

昔、人は家で亡くなっていた。
病院で死ぬ人の方が少なかった。
しかし、いつの間にか逆転し、
今は病院で最後を迎える方がはるかに多い。
それは、医療技術が進歩したことと無縁ではないが、
「家で死にたい」という人は数多くいる。

そのためには、在宅医療体制が整っていなければならないのだが、
その施設、京都の渡辺西加茂診療所
この本の舞台だ。
そして、訪問看護師の一人、森山が主人公。

在宅医療とは、
病気やけがで通院が困難な人や、
退院後も継続して治療が必要な人、
自宅での終末医療を望む人などのために、
彼らの自宅を医師や看護師が訪問して行う医療だ。


渡辺西加茂診療所の方針は、
「患者の希望をできるだけ叶えよう」ということ。
従って、ほとんど余命がない人の希望で、
家族で潮干狩りに行ったり、
東京ディズニーリゾートに行ったりするのに付き合う。
その費用は請求しない。ボランティアだ。

この診療所はこういう時、
交通費も人件費も患者さんからは取りません。
不思議な行為でしょう?
どうしてそこまでやるのだろうと思われますよね。
それは一見なんの利益もない行為だと思うかもしれません。
でも、この渡辺西賀茂診療所は、
それ以上の見えない何かを、
患者さんからいっぱいもらってきたんです。


普通の病院なら、
万一のことを考えて(責任取りたくないから)禁止するような行事を認める。
余命いくばくもない人の希望を奪って、
命を長らえても仕方ないからだ。

ある分類では、痛みには大きく分けて4つの種類があるという。
身体的な痛み、精神的な痛み、社会的な痛み、
そしてスピリチュアル・ペイン
スピリチャアル・ペインとは、
直訳すると、「魂の痛み」「霊的な痛み」で、
「自分の人生の意味はいったい何だったんだろう」と考えたり、
自分の存在が無に帰することを想像して絶望してしまうことなどを意味するという。

そういう意味で、ある一人の患者の葛藤はすさまじい。

「妻には離婚を切り出しました。
妻も子もいなくなって、僕の身体は年中痛い。
こんな自分が生きている意味がありますか?
教えてください。
僕はまだ50代です。
あと、20年、30年、痛いまま、
何もできずに生きていくんですよ。
地獄ですよ。
それでも死ねないなんておかしくありませんか。
なぜ生き続けなければならないんでしょう。」


この患者は、妻と別れ、子供も拒絶して、
数年後首をくくったという。

治療についての意見の相違で別れる例も多い。
配偶者がドナーになることを拒否したので、
「くれないなら別れるわ」と離婚を選択した夫婦。
筋萎縮性側素硬化症で人工呼吸器をつけてでも生きたい本人と、
それならこれ以上看護できないから離婚するという妻。
年間1千万円以上かかる治療のため、住んでいる家を売ろうとする夫と、
それに反対する妻。

医療の現場はすさまじく、
それぞれにそれぞれの言い分がある。
きれいごとではない。
まして、外部の人間がその正否を言えるわけもない。

筆者本人の父母の
父による母の介護は素晴らしく、
お母さんは幸せだと思う。

森山は200名の患者を看取ってきた看護師。
いわば、「看取りのプロフェッショナル」 。
2018年編では、
その森山の死へ向かう姿勢を克明に描く。

しかし、森山の日常は、意外なものだった。
森山は、病状が進むと医療に従事せず、
自分の好きな人と好きなように過ごし、
好きなものを食べて好きな場所にでかける
在宅医療生活を実践。
そして、がんとの対話を望み、
自然治癒を信奉し、治ると信ずれば癌はと消えると言う。

しかし、急な宗旨替えに家族も同僚もついていけない。

佐々はそんな森山に寄り添い、
最後まで見守る。

森山はよくこう語っていた。
「死を遠ざけられて、
子どもたちが死を学ぶ機会を逃している。
亡くなる人が教えてくれる
豊かなものがいっぱいあるのに、
すごく残念なことだと思うんです」
死にゆく人は、ただ世話をされるだけ、
助けてもらうだけの、無力な存在ではない。
彼らが教えてくれることはたくさんあるのだ。


森山の死は、在宅で、
家族全員に見守られ、
最後は拍手で送られるものだった。

生き方が千差万別であるように、
死に方も一つではない。
本書で描かれる様々な死も、
その人にとってはそうだった、というだけだ。

最後に佐々が行き着く結論は、次のようだ。

七年の間、原稿に書かれなかったものも含めて、
少なくない死を見てきたが、
ひとつだけわかったことがある。
それは、私たちは、だれも「死」について
本当にわからないということだ。
これだけ問い続けてもわからないのだ。


あまりにも当たり前の結論か。

私自身は、死ぬ覚悟はとうにできている。
世界中を旅して、沢山のものを見たし、
おいしいものを沢山食べた。
もう十分だ。
私は癌になったら、抗がん剤治療はしないし、
モルヒネで痛みを取ってもらって、
眠ったまま死ぬことを望んでいる。
理不尽だと思っても、
死ぬのは私が初めてではない
今までの歴史の中で、
何千万、何千億の人が等しく死んできたし、
その悲しみを家族は負ってきた。
やがてそれは癒され、
忘れ去られていく。
人類はそうやって生きてきた。
悲しみも苦しみも、
私が初めて味わう悲しみではない、
と考えれば、楽になる。

と、いっても、いざとなったら、
じたばたしてしまったりして。

本書に、次のような印象的な記述がある。
医師の早川と筆者の会話。

「みなさん、告知を受け入れるものですか?」
「こればかりはいろいろですが、
今まで生きてきた人生そのものが大きく影響しますね。
絶対に死を受け入れない、
最後まであきらめずに闘うという人もいれば、
柔軟に受け入れる人もいます」
「私はあまり人生に未練がないから、
簡単に『ああ、そうですか』とあきらめちゃいそうですけど」
早川は、私の顔を見つめると、ややあって苦笑した。
「ええ、ええ。みんな元気な時にはそうおっしゃいます。
でも、いざそうなってみると違うようですよ」

やっばり違うのだろうか。

同じ著者の「エンジェルフライト」は、↓をクリック。

「エンジェルフライト」

似た題材の著書は、↓をクリック。

「死ぬときに後悔すること25」

「死ぬときに人はどうなる10の質問」






AutoPage最新お知らせ