対談『死という最後の未来』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

曽野綾子さんと石原慎太郎氏の対談。
テーマは「死」と「老い」について。
これは、読まねばなりません。

曽野綾子さんは、私が秘かに「賢人」と読んでいる、
文学者であり、人生の達人。
曽野さんの著作で目を開かれたことが何度もある。

石原慎太郎氏は、小説家であると共に、腕力のある政治家。
その群を抜く知性と博識は舌を巻く。
高圧的態度を嫌う人も多いが、
あまりに周囲の議員や記者たちのレベルが低いので、
苛立ちがそうさせるのだろう。

他人の追随を許さぬ、特別な二人。

ご両人共に90歳近い高齢で、
(曽野さん88歳石原氏87歳
病気もし、近親者の死も見ているから、
その死生観は深い。

ただ、お二人は対極にあり、
石原氏は、死んだら何もない、虚無だという見解。
対する曽野さんは、敬虔なキリスト教徒だから、
霊魂の不滅を信じる姿勢。

[曽野]私は霊魂というものはあって、不滅かなと思っています。
信じる人たちは、「永遠の前の一瞬」という言い方をします。
この世に生きて、たくさんのことを考え、
喜び、悲しんできたことが、
死によって終る。
パタリとその働きをやめてしまうということはないと思いますね。

[石原]そうですか。
僕は息を引き取ったら、
一瞬で魂もなくなると思いますけどね。
瞬時にチリ芥になる。

[曽野]私は、そうは思わないんです。
それだけに地上で肉体と霊魂とが
一致して生きるということは、
このうえなく貴重な時間だと思えます。
たかが十数年の命を、
自分に与えられた貴重な状態の中で
生き抜かなければならないような気がする。

死についても老いについても、
対照的で、
「動」の石原氏に対し、曽野さんは「静」。

年齢も近く、家も近所の二人で、
古くからの友人だが、
それほど会う機会は多くなく、
幻冬社の企画で対談が成立した。
普通の言葉での、普通の会話だから、
読みやすく、分かりやすい。
高度な知性の人が対談すると、
このような化学変化が起こるのだという経験が味わえる。

[石原](来世いについて)そういった考えは、仏教にはないですな。
お釈迦様はまったくそのようなことは言っていない。
仏教での来世は平安時代末期に浄土宗の法然が、
人々の恐怖を救うために言い出したんです。
釈迦自身は、来世とか輪廻転生とか、
天国とか地獄などとはひとことも言っていないんです。

[曽野](自殺について)せめて死ぬ時に、
残された者たちが気持ちがいいほうが私はいいです。
自殺されたら、残る者たちはずっといやな気持ちでしょう。
死ぬのも務めなら、
その日が来るまで生きるのも務めなんです。

[曽野]私自身は、自然な命を大切にし、
それ以上は望まないほうがよいのではと思います。
やはり何か偉大なものが、
死を含めて采配していると感じるんです。
できれば死というものを、
他人であれ自分自身であれ、
この世から去るべき時が来た、
と淡々と捉えたい。
                                        
[曽野]人間の一生は「永遠の前の一瞬」という言葉が、
いつも胸にあるんですよ。
よくても悪くてもたいしたことはない。
よくても喜ぶな、
悪くても深く悲しむな。
生きていても有頂天になるな、
自分の一生は失敗だと思うな、
「永遠の前の一瞬」なんだから、と。

曽野さんはご自分の書いた生原稿を全部焼いた。
本になっているからよいのだという。
「文学記念館」など建てるのはいやで、
自分のことは忘れてほしいという。
その潔さが素晴らしい。

[曽野]私は自分が逝ったあとは、
できるだけ早く世の中から忘れてもらっていいと思っています。

[曽野]わかっているのは、
人には最後に果たすべき任務、
つまり死ぬという使命があるということだけ。

二人の「賢人」の対話は示唆に富んでいる。



映画『ステップ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

結婚3年目、
30歳という若さで妻を亡くした武田健一は、
引き取ろうかという義父母の提案と、
養子にしたいという義兄夫婦の申し出を断って、
娘の美紀を男出一つで育てることに決める。
そのために好成績だった営業の部署から
フレックスタイムの総務に異動させてもらい、
夕方4時には退社して、
保育園に迎えに行く生活となった。

クリックすると元のサイズで表示します

という2歳から小学校の卒業までの10年間の
シングルファーザーの苦闘を描く。
仕事と両立する毎日は、
予想を越える大変さで、
少しの愛情の欠如も敏感に反映してしまう娘の心、
母の日の絵を巡る、小学校での悩み、
家の暮らしの発表で、
「お母さんは家にいる」と言ったのを
嘘と受け止められてしまう悲しみ。
美紀にとって、亡くなった母は今も家にいるのに。
実の息子として扱ってくれる
義父母との絆。
ようやく見つけた再婚相手への美紀の拒絶反応、
退職した義父の心臓病と別れ。
10年間の起伏をていねいに描いていく。

原作は重松清

クリックすると元のサイズで表示します

重松作品らしい、きめの細かい描写。
そして、重松作品らしい、
周囲の愛情あふれる人たち。
保育園の先生も、
元の上司も、みんないい人だ。

クリックすると元のサイズで表示します

介護と同様、
やってみなければ分からない大変さ。
さいわい、我が家は妻は健康で、
分担して家庭はうまく回った。
その一つだけでも幸運だったのだと分かる。

家から保育園や学校までの道で、
電車の線路を渡る高架橋が効果的に使われている。
山田孝之はいつもと違う役どころを上手にこなす。

クリックすると元のサイズで表示します

義父の國村隼、義母の余貴美子
保母の伊藤沙莉ら脇役がうまいと映画は輝くという典型だ。

クリックすると元のサイズで表示します

オーディションで選んだ美紀役は、
成長に応じて3人で演ずる。

妻が死んだ時、カレンダーに書き込み中だったため、
赤いサインペンの壁についた一本の線が悲しい。

クリックすると元のサイズで表示します

監督は飯塚健(脚本も)。

ほとんど固定カメラで描くこの作品。
しかし、退屈さは感じなく、
胸を打たれるシーンが多くあった。
日本映画の良さが分かる良作。

5段階評価の「4」
                                        
予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/LeuYLjYMAJ4

丸の内TOEI他で上映中。

タグ: 映画

狂った像  政治関係

また韓国が変な像を作った。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国北東部の江原道平昌にある「韓国自生植物園」の園内に
慰安婦問題を象徴する少女像と、
その前にひざまずいて謝罪する安倍晋三首相をモチーフにした像だ。
8月10日に一般に公開され、
題名は、「永遠の贖罪」というのだという。

像を作成した彫刻家は
「日本がぬかずき、
われわれがいいと言うまで贖罪して
初めて許しが考えられるということを形にした。
安倍首相が植民地支配や慰安婦問題への謝罪を避け
逆の行動をしていることを刻み、
反省を促す作品だ」

と語った。

植物園の園長も
「贖罪の対象をはっきり形にする必要があり、
少女像(慰安婦像)が向き合うものは
安倍首相に象徴させて造成したと」
と説明している。

しかし、さすがの韓国でも賛否が割れ騒ぎとなったことから、
園長は、
「安倍首相を特定してつくったものではなく、
謝罪する立場にある全ての男性を象徴したものだ。
少女の父親である可能性もある」
と前言を翻した。

儒教の国で、
父親が娘の前にひざまづくことなどあるまい。
それとも、娘をキーセンに売った父親の姿とでもいうのだろうか。

というように、「安倍首相を表わしたものではない」とあわてて訂正しているが、
京郷新聞は
「この造形物は、座っている1・5mの慰安婦少女像の前で、
1・8mの安倍首相の銅像がひざまずいて謝罪をしている姿だ」
と報じ、
その他、韓国メディアは、
「少女像にひざまずいた安倍氏」造形物に賛否論争(ソウル経済)
「永遠の贖罪」少女像にひざまずく安倍氏「私費で助成」(ソウル新聞)
少女像の前で罪を償う安倍像をどう思いますか(朝鮮日報)
ひざまずいた安倍像を見る不便さ(韓国日報)
などと相次いで報道し、
謝罪している像は安倍首相であることは既成事実化している。

韓国のネットでは、
「韓日葛藤をもたらすので行き過ぎだ」という反対の立場と
「贖罪と反省は当然だ」という賛成の立場があり、
賛否両論を繰り広げている。
中には「非礼だ」「幼稚だ」という声もある。

反響に驚いた園長は、
除幕式を開くことを断念したが、
像は設置される。

菅義偉官房長官は記者会見で、この問題に触れ、
「そのようなことは国際儀礼上、許されない。
仮に報道が事実であれば
日韓関係に決定的な影響を与えることになる」
と述べ、強い不快感を示したという。

相手は不快感を与えたくてやっているんだから、
成功したことになる。
いつものような「遺憾砲」を打つだけなら、
事態は更にエスカレートするだろう。

しかし、この新像、開いた口がふさがらない
何という外交的非礼をするのか。
一国の首相を政治的に利用して土下座させるとは。
エスカレートするいやがらせ。
70年以上前のことで、
外交上は決着のついたことを
ほじくり返し、蒸し返していやがらせをする。
韓国人の精神構造を疑う。
今度のことは、
韓国人の性格の悪さを、また一つ証明するものとなった。
恥ずかしくないのだろうか。

この写真をカミさんに見せると、
「朝っぱらから、気持ちの悪いものを見せないでよ。
相手はこちらが騒ぐのを期待しているんだから、
無視するのが一番よ
と言った。
正論。
でも、気分は悪い。

一方、正義記憶連帯の各種疑惑を暴露してきた
元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんが、
どうやら正義連と折り合いがついたらしく、
今度は
「日本の中心に少女像を立てて
行き来する人たちみんなが見られるようにしてほしい」
と発言。
日本の中心というから、
東京であることは間違いがないが、
東京駅か皇居にでも建てるつもりだろうか。
恥っさらしだとは思わないのだろうか。

まさに、韓国全体が狂っているとしか言いようがない。
何度も書いたが、
こんなことにエネルギーを使うのなら、
もっと良い国にすることに力を注いだらいいと思う。
園長も、こんな像に私費を使うなら、
貧しい人に施したらよかったのに。


小説『三体』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

中国発の長編SF小説
2006年5月から12月まで
中国のSF雑誌「科幻世界」で連載され、
2008年1月に重慶出版社によって単行本が出版された。

英訳されると反響を呼び、
2015年、SFの世界最大の賞である「ヒューゴー賞」を、
翻訳書として、アジア人作家として初めて受賞。

バラク・オバマ前大統領、マーク・ザッカーバーグ、
ジェームズ・キャメロン監督も絶賛。

日本語版は
2019年7月4日に早川書房より発売された。
日本語訳は、光吉さくらとワン・チャイの
中国語からの共訳による翻訳原稿を、
中国語の分からない大森望が英訳版を読みながら改稿したもの。

三体とは、天体力学の「三体問題」に由来する。
三体問題とは、3つの天体が互いに万有引力を及ぼし合いながら、
どのように運動するかという問題で、
一般的には解けないことが証明されている。

たとえば真空中に物体が1つだけある時、
それは永遠に静止し続ける。
これが2つになるとやがて万有引力で衝突するが、
この時に2つの物体に同じ方向へ力を与えると、
引力が釣り合って安定し、
互いの周りを回る円運動を始める。
更に物体が3つになると、
予想は不可能になる。
3つの物体は常に位置を変え、
その都度、万有引力を発揮するため、
すべての軌道が歪み続ける。
このような、3つの物体の動きを正確に予想できない、
というのが三体問題である。

本書では、はるか数光年先の宇宙で、
3つの恒星(太陽)に支配される星として登場し、
その星の文明を表すVRゲームとしても扱われる。

冒頭、1967年、
紅衛兵による知識人糾弾場面が出て、驚かされる。
天体物理学専攻の女子大生・葉文潔(イエ・ウェンジエ)は、
物理学者で大学教授の父親が、
紅衛兵によって惨殺される現場に居合わせる。
文潔は、強制労働で伐採現場に従事している時、
巨大なパラボラアンテナの建造された
秘密軍事基地にスカウトされる。

40数年後、ナノマテリアル開発者の汪森
(おう・びょう、ワン・ミャオ、森は木ではなく水が3つ)は,
ある会議に呼ばれ
世界的な科学者が次々に自殺していることを知らされる。
その背後に見え隠れする謎の組織「科学フロンティア」。
汪は組織への潜入を引き受けることに。
やがて、汪の撮る写真に謎のカウントダウンが現れ、
汪の視力の中にもカントダウンは侵入して来る。
                                        
この汪を巡る話に並行して、
汪がVスーツを装着して、
VRゲーム「三体」にアクセスする、
そのゲームの内容が語られる。
それは、三つの太陽を持つ惑星における不思議な事象で、
三つの太陽がもたらす天変地異によって、
文明が滅亡を繰り返す様が描かれている。
その中には、人海戦術によるコンピューターの創出など
興味ある話も展開する。
また、カエサルとニュートン、ノイマン、
始皇帝らが一堂に会する回もある。

汪は、葉文潔に接触し、秘密基地での体験を聞く。
ここで、本書の真の主人公が葉文潔であったことが判明。
そのパラボラアンテナは、
実は、地球外知的生命体探査計画のもので、
ある時、太陽を増幅器として発信した電波に
初めて応答がある。
それは、再び発信すると、場所が特定され、
自分たちの文明による侵略を受けるから、
応答するな、というものだった。
しかし、葉文潔は、地球の文明に絶望しており、
その高度な異文明によって解決してもらうのを望んで、
発信する。
電波を送って来たのは、
太陽系に最も近い恒星系、
三重星系として知られるケンタウルス座アルファ星系に存在する
惑星に住む異星人・三体星人で、
それから、三体の世界と地球の世界は、関わりを持ち始める。

という3つの話がからみあいながら進行し、
最終的に、異文明からの艦隊が地球に向けて発進され、
450年後に地球に到達するという事実が明らかになる。

これらの話が、ミステリー風に、
また、文化大革命を巡る歴史絵巻風に、
更にVRゲームを巡る文明批判風にからみあい進行する。

途中、難しい宇宙理論が展開されたり、
難解なところもあり、
読むのに苦労した。

しかし、地球外生命との遭遇ものという骨格が明らかになるにつれ、
興味は尽きない。

途中、パナマ運河を走行する船に仕掛けられた
ナノテクノロジーの素材により、
船が薄皮状に切断され、
乗員が全員死亡するシーンなど、面白い。
そこで初めて汪がナノマテリアル開発者だったことが生きて来る。
また、VRゲームの中で、
登場人物が脱水して、ひからびた状態で           
再生の時を待つ、などという驚くべき設定もある。
また、三体星人が、
地球のテクノロジーの進化速度の加速度から、
450年後に到達した時には、
地球が三体星人の文明を越えているのではないか、
と心配するのも面白い。
そのために2つの陽子を地球に送る。

ともかくスケールの大きさに目がくらむ。
そして、知的好奇心を刺激する。
まさにSFの使命だ。

それにしても、450年後の地球がどうなっているのか、
異星人との遭遇によって地球は滅ぼされるのか、
そういった話は続編になる模様。

実は、本書は「地球往時」三部作の一冊目にすぎない。
2の「黒暗森林」、
3の「死神永生」に続く。
分量は2が1の1.5倍、
3が1の2倍あるという。

三部作は、本国版が合計2100万部、
英訳版が100万部以上の売上を記録しているという。

Amazonが10億ドルを投じて「三体」のドラマ制作を目指しているという。


映画『ホリデイ・イン・ザ・ワイルド』と『イーライ』  映画関係

最近、あまり良い映画がありません。
このブログで紹介に価する作品もなくなってしまいました。
そこで、Netflixから2本を紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

ケイトは、金持ちの夫と共に
ニューヨークの高級マンションに住む有閑マダム。

息子が大学進学で実家を離れることになったため、
ケイトは夫とアフリカへ
「二度目の新婚旅行」に行く計画を立てていた。

ところが、息子を送り出した直後、
夫から「息子が家を離れるまでは我慢していたが、
この際はっきり言う。もう君を愛していない」
と告げられ、別居に。

仕方なくケイトは一人で旅行にでかけ、ザンビアに。

ここまでで、始まって6分
早い展開は好感が持てる。

現地のホテルで夕食を取っていると、
デレクと名乗る男に言い寄られた。
断ったが、翌日、ケイトは
サファリに向かうチャーター機に乗ると、
パイロットはデレクだった。

道中、2人は密猟者に母親を殺された赤ちゃんゾウに遭遇し、
赤ちゃんゾウは救助チームに引き渡されることになったが、
ケイトはその世話をしたいと志願した。
実は、ケイトは元獣医だったのだ。

ゾウの保護施設に到着したケイトは、
そこで、ゾウの世話にのめり込み、
飛行機の予約を取り消して、長期滞在することになる・・・

クリックすると元のサイズで表示します

で、後は、お決まりの展開

今の都会の生活を捨てて、
新しい地(それも、田舎)でやり直そう、
そして恋も始めよう。

よくある、ありきたりのストーリー

ただ、味付けは悪くない
それは、やはり、ニューヨークとアフリカの生活が
対照的であること、
そのアフリカの自然が描かれていることだろう。

事件らしい事件は起こらない。
これで映画としてどうなのか、
と心配するくらい。

でも、「読後感」は大変いい

ま、いつもの5段階評価は「3」だが。
アメリカの映画評論家が言った、
「『ホリデイ・イン・ザ・ワイルド』は
安っぽくてウィットの乏しい作品ではあるが、
それでも魅力的な作品である」
との評が当たっている。

監督はアーニー・バーバラッシュ
主演はクリスティン・デイヴィスロブ・ロウ

クリックすると元のサイズで表示します

クリスティンは大人気テレビシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」で、
ゴールデン・グローブ賞とエミー賞の
助演女優部門でノミネートされた人で、
役柄にははまっている。
次第に魅力的になって来るという点で、
起用は成功だった。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/n82bTzOODlc


2本目は、↓これ。

クリックすると元のサイズで表示します

12歳の少年・イーライは、
外界のあらゆる物質に重度のアレルギー反応を起こす病気で、
無菌室ですごし、

クリックすると元のサイズで表示します

外出する時は、防護服を着て防衛していた。

クリックすると元のサイズで表示します

その難病を治すため、
父母と共に訪れた人里離れた病院施設で治療を受ける。
そこは、外界と遮断され、
清浄な空気が保たれていた。
リーライは女医たちの治療を受けるが、
逆に症状が悪化し
霊的な幻影を見始める。

クリックすると元のサイズで表示します

様々な奇怪な現象が起こり、
ガラス越しに一人の少女と交わるが、
それもイーライの見る幻覚かもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

イーライは、カルテを発見し、
今まで治療を受けたという子供たちが
みんな死んでいると知ってしまう。

そして、最後の治療が行われるが・・・

と、医療をめぐるスリラーかと思わせていて、
最後の15分間(クリジットを除くと、最後の8分)で、
とんでもないどんでん返しをされる。
そうか、そういうことだったのか、
そして、そういう方向に行くのか!

あんまりびっくりして、
また、ある描写では声を上げて驚き、
あとで娘に「何か、騒いでいたね」と言われた。

最後に、幻覚かと思っていた少女が重要な謎解きをする。

監督はキアラン・フォイ
イーライを演ずるのはチャーリー・ショットウェル

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカの子役はうまいね。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/_ssnXmE_MxE

2作とも2019年の配信。
どちらも水準で、時間つぶしには最適。





AutoPage最新お知らせ