定額給付金の申請方法の障壁  耳より情報

定額給付金10万円
申請書類の郵送を、今か今かとお待ちの方がいらっしゃると思います。
申請書類が来なくても、
マイナンバーカードをお持ちの方は、
オンラインで申請できますので、
ああ、マイナンバーカードを作っておいてよかった、
と思った方、
急いで申請して作ろうとしている方、
様々だと思います。

私の住む浦安市では、
オンライン申請は5月8日から
市役所からの申請書の郵送は5月22日から
となっていますので、
(随分間があく)
申請書の郵送を待たずにオンラインで申請した方が
早くもらえるからやろう、
と思った方も多いはず。
なにしろ、お金がかかっていますのでね。

電子申請で必要なものは、
マイナンバーカード振込先口座確認書類
申請方法には、
パソコンを使った場合
スマホでやる場合と二つあります。

スマホでやる場合はいいですが、
パソコンでやる場合は、
意外な障壁が。

パソコンでやる場合に必要なものは、↓。

@世帯主のマイナンバーカード
Aマイナンバーカードに対応するICカードリーダライタ
BICカードリーダライタがない場合は、
 対応するAndroidスマートフォン(対応機種)

Bの場合は、スマートフォンがあるのですから、
そちらでやればよろしい。

で、
AのICカードリーダライタ
実物はこれ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

分かりやすく「カード読取機」とした方がいいと思いますが、
これが別売り
ほとんどの人が持っていないでしょう。

価格は安いもので3千円くらい。
高いものは1万2千円くらい。

申請にあたっては、
「動作環境の確認」というのがあり、

STEP1と2のOSの種類・バージョンなどは、
自動認識してくれて、
STEP3のマイナポータルAPがインストールされていない場合は、
その場で簡単にインストールできます。

そして、STEP4で、
「お手元に電子署名付与時に必要なものが揃っているか確認の上、
 チェックしてください。」
というのがあり、

@マイナンバーカードを持っています。
A署名用電子証明書の暗証番号を覚えています。また、ロックしていません。
とあり、
Bマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタを持っています。
で、
このBにチェックを入れないと、
「お使いの環境は動作環境を満たしていません。
チェック内容をご確認ください」
と表示されて、
それ以上は進めません。
つまり、必須。

スマホとPCの両方のパターンで試してみた人によると、
PCで申請する方が入力作業が楽だし、
戸惑うところも少ないようだといい、
PCでできる環境があるなら、そうした方が楽だといいますが、
今まで、どこを読んでも、
PCでやる場合は、
読取機が必要だとは書いてありません。

PCしかない家庭では、
いざ申請してみると、
この障壁に驚く方もいるはず。
かといって、これだけのために
読取機を買うのも馬鹿馬鹿しいと思うでしょう。

スマホに読み取り機能がある機種では、
それでOKですが、
オンライン申請に
「マイナンバーカードをお持ちの方」とあって、
「マイナンバーをお持ちの方」ではない謎が解けましたが、
番号を入れ、
カードのコピーをつければ十分ではないのか。
何のための番号なのでしょうか。

そして、今の世の中は、
スマホを持っていることが前提となって
動いていることが分かります。

操作手順の動画は、それぞれ↓。

PCの場合

スマホの場合

動画でなく、手順を見たい方は、それぞれ↓。

PCの場合

スマホの場合






AutoPage最新お知らせ