『死ぬときに後悔すること25』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
             
前に、「死ぬときに人はどうなる 10の質問」↓という本を紹介したが、

「死ぬときに人はどうなる 10の質問」

同じ著者の大津秀一氏によるもので、
「10の質問」の前編に当たる。

大津氏は、
ホスピスで主に高度進行期・終末期がん患者の心身の苦痛を和らげる
「緩和医療」を行っている現役医師。
これまで2千人以上の患者を看取ってきた経験から
書いたのがこの本。

ほとんどの人は死を前にすると後悔するという。
では、人生の最期にどのようなことに後悔するのか──? 
沢山の末期患者と正面から向き合い、
その死を見届けた緩和医療専門医が、
それぞれの患者が吐露した“やり残したこと”を25に集約
それらを参考にすれば、
今から悔いの少ない人生を送ることができるのでは、
という、「生き方」のヒントを教えてくれるベストセラーだという。

目次は↓。

はじめに

第一章 健康・医療編

1  健康を大切にしなかったこと
2  たばこを止めなかったこと
3  生前の意思を示さなかったこと
4  治療の意味を見失ってしまったこと

第二章 心理編

5  自分のやりたいことをやらなかったこと
6  夢をかなえられなかったこと
7  悪事に手を染めたこと
8  感情に振り回された一生を過ごしたこと
9  他人に優しくしなかったこと
10 自分が一番と信じて疑わなかったこと

第三章 社会・生活編

11 遺産をどうするかを決めなかったこと
12 自分の葬儀を考えなかったこと
13 故郷に帰らなかったこと
14 美味しいものを食べておかなかったこと
15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16 行きたい場所に旅行しなかったこと

第四章 人間編

17 会いたい人に会っておかなかったこと
18 記憶に残る恋愛をしなかったこと
19 結婚をしなかったこと
20 子供を育てなかったこと
21 子供を結婚させなかったこと

第五章 宗教・哲学編

22 自分の生きた証を残さなかったこと
23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24 神仏の教えを知らなかったこと

第六章 最終編

25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

おわりに

以上、それぞれ、「ああ、自分も思い当たる」
「これは、自分は大丈夫」
と思った読者がいることだろう。

中で、23の「生と死の問題を乗り越えられなかったこと」
というのは重要だが、
そこに書かれている筆者の記述は特徴的だ。                       

生きていることが単純に幸せで、
死ぬことが単純に不幸なら、
人の生涯は最後に不幸が来て
それで確定となってしまう。
そのように考えるなら、
人生は最後は必ず負け戦で終るもの、
あるいは究極的には
喪失が連続する体験ということになってしまうだろう。


そして、こう続ける。

世の中には苦悩が溢れている。
人は生きている以上、
何らかの障害と立ち向かわざるを得ない。
生きるということは過酷だなと、
いつも思う。
自分の人生を見ても、
幾千の人生を見ても、である。
一方で生きていると、ささやかな幸せもある。
食事がおいしかったり、
誰かと語り合うのが楽しかったり、
仕事が成功すると気持ち良かったり、
様々な快楽もある。
まだまだ未熟な私は、
悟りの境地には到底至らないが、
生と死とは不思議なものだなと思う。
少なくとも光と闇が混在したもので、
一概に良いとか、
逆に悪いとか言えないものであることは確かである。


24の「神仏の教えを知らなかったこと」についても含蓄深い。

宗教が用意している「来世」が
多くの人の助けになっている部分は否めない。
それが必要な人も、
世の中にはたくさんいると思われる。


そして、こう書く。

宗教を通し、
真実を見通す目を養わなければいけないと思う。
しかしそれを余命数か月となって始めて開始するのは、
いささか荷が重かろう。
神や宗教について考えるのも、
早いに越したことはない。
そのほうが、いざというときの後悔は少ないはずだ。


最後に手術を拒否して大腸がんで亡くなった一人の人の
最後の兄弟との交わりについての
かなり長い物語があるが、
ちょっと感動的だった。

文庫版あとがきに、
死ぬときに後悔することの「26」番目として、
家族とのことがあげられている。
アンケート結果だというが、
次のような内容だ。

・家族を大切にしてこなかったこと
・子供と過ごす時間を十分にとれなかったこと
・子供、孫に何も残してやれないこと
・死んだ父を許してあげなかったこと
・両親より先に旅立つこと
・親の愛情に気づけなかったこと

なかなか胸に染みる内容だ。

この本の反響として、
自分がどの項目に当てはまるかをチェックしたり、
○×を項目一覧につけたりしたことがあったという。

それにならい、
私も項目別にやってみると──
(○は後悔しない、×は後悔する)

1  健康を大切にしなかったこと
   →○
   ありがたいことに、健康には恵まれた。
   頭痛すら経験したことがない。
   今まで名の有る病気は、十二指腸潰瘍だけ。
   頑強な体に生んでくれた両親に感謝する。

2  たばこを止めなかったこと
   →○
   元々タバコを吸わないので、クリア。

3  生前の意思を示さなかったこと
   →○
   生前の意思は伝えてある。

4  治療の意味を見失ってしまったこと
   →△
   まだ未経験。
   ただ、がんになったら、延命治療はせず、
   抗ガン剤も打たず、
   痛みだけ除去してもらい、在宅で死にたい。
   もう十分生きた。

5  自分のやりたいことをやらなかったこと
   →○
   大体やりたいことはやった。
   美味しいものを食べたし、
   世界中を旅した。

6  夢をかなえられなかったこと
   →×
   作家になるという夢は叶えられなかった。
   一度チャンスはあったが、
   生かせなかったのは、本人の努力不足。
   再挑戦した時には、既に時遅し、だった。

7  悪事に手を染めたこと
   →○
   さいわい、悪事はせずに済んだ。
   犯罪といえば、中学時代、エロ本を万引きした1回のみ。
   (今でも反省している)
   親戚にも、悪事で新聞に名前を載る人はいなかった。

8  感情に振り回された一生を過ごしたこと
   →○
   細かくいえば、あの時、ああしなければ・・・
   というのはあるが、それも人生の一ページになってしまった。

9  他人に優しくしなかったこと
   →○
   基本的に優しいと思う。

10 自分が一番と信じて疑わなかったこと
   →○
   自分が一番とは思わなかった。

11 遺産をどうするかを決めなかったこと
   →○
   我が家は一人っ子なので、心配不要。

12 自分の葬儀を考えなかったこと
   →○
   考えてある。

13 故郷に帰らなかったこと
   →○
   故郷には何度か帰った。

14 美味しいものを食べておかなかったこと
   →○
   美味しいものは沢山食べた。
    もう十分だ。

15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
   →○
   人からは「多趣味でいいですね」と言われる。
   それほどでもないのだけれど。

16 行きたい場所に旅行しなかったこと
   →○
   大体世界中で行きたい場所は行った。

17 会いたい人に会っておかなかったこと
   →○
   今更会いたい人はいない。
   老残をさらすのはいやだ。

18 記憶に残る恋愛をしなかったこと
   →○
   人並みにしています。

19 結婚をしなかったこと
   →○
   結婚はしました。
   良い配偶者に恵まれラッキーでした。

20 子供を育てなかったこと
   →○
   一人娘を育て、感化しました。
   DNA恐るべしと思うほど良く似ています。

21 子供を結婚させなかったこと
   →×
   こればっかりは、縁なので。
   おかげで、孫をティズニーワールドに連れていく、
   という夢は果たせなかった。

22 自分の生きた証を残さなかったこと
   →○
   生きた証って、何?
   業績?
   それだったら、どんな人も忘れ去られる。
   歴史に名を残すのは、
   希有な才能の芸術家だけでしょう。

23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
   →○
   さいわい、高校時代から宗教に興味を持ち、
   沢山の書物を読み、
   旅行を沢山して、世界の宗教を見、
   いっぱしの見解はちゃんと固まっているので、後悔はしない。

24 神仏の教えを知らなかったこと
   →○
   23で書いたように、
   神仏の教えは十分に触れた。
   一時、ある団体に所属して活動したこともある。
   それは貴重な経験だった。

25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと
   →○
   伝えてありますす。

というわけで、25項目中、2つを除いてクリア。
                                        
6 の 夢をかなえられなかったこと
は、全ての人が夢を叶えられるわけではないので、
あきらめはつく。

21の 子供を結婚させなかったこと
は、本人の問題なので、仕方ない。

逆に死に当たって感謝したいことがある。
それは、この日本に生まれたこと、
今の時代に生まれたこと


生まれる国と親は選べない、というが、
日本に生まれたことはどれだけ幸運か分からない。
そして、日本が経済成長の時代に遭遇したこと。
昔は貧しかったが、全体が豊かになった。
普通に勤勉に勤めている限り、
その恩恵に預かれた。

そして、様々な技術革新の社会に生きられたこと。
交通は発達し、ネットは充実し、
住居も周囲も
生活環境は30年前に比べて驚異的に発展した。
それと共に失われたものもあるかもしれないが、
時代はそういう流れだったのだ。

日本という国は自然に恵まれ、
南北に長く、四季があり、
それぞれの季節の喜びを堪能した。
そして、食べ物がどこの国よりも美味しい。
食材が豊富で、料理が多彩。
こんな国は他にない。
更に、日本人の気質
人を思いやり、人に迷惑かけることを嫌う
この性質が、日本という国を豊かに彩った。

本当に日本に、
今の時代に生まれたことを感謝しつつ、
生涯を閉じたいと思う。





AutoPage最新お知らせ