韓国ドラマ『愛の不時着』  映画関係

先日、韓国ドラマの優れた作品として、
「60日間の大統領」を紹介したが、
もう一本、紹介したい作品がある。
「愛の不時着」がそれ。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国財閥の末娘であり、
自ら作ったファッションブランドを成功させたユン・セリは、
新製品をテストするため、
パラグライダーのフライトスーツを着用し、空に舞う。
ところが竜巻が起こり、セリは遭難。
降り立ったところは38度線の北側。
つまり北朝鮮

クリックすると元のサイズで表示します

そこで中隊を指揮する将校リ・ジョンヒョクに発見される。

クリックすると元のサイズで表示します

わけあってセリを匿うことになったジョンヒョクは、
様々な方法でセリを南に送り返そうとするが、
そのたび邪魔が入り、うまくいかない。
そうこうしているうちに、二人の間に恋が芽生えて・・・

という、ラブ・コメディ。

中心はセリをどうやって秘密裡に南に戻すか、という話だが、
これに様々な問題がからむ。
というのは、ジョンヒョクは北朝鮮の総政治局長の息子で、
セリを匿っていることが知られたら、一族は破滅。
しかも、それをネタに高官一族を追い落とそうとする勢力がいる。
特に北朝鮮軍少佐のチョ・チョルガンは過激だ。

一方、行方不明になったセリを巡って、
財閥内部での思惑が錯綜する。
というのは、セリの義兄二人は無能でありながら、
財閥の後継を狙っており、
父は本当は有能なセリに継がせたいが、
生死も分からない状態ではどうすることもできない。
財閥の後継者は? セリが作ったブランドは?・・・

更に、ジョンヒョクは平壌の百貨店の女社長の娘ソ・ダンが婚約者で、
ジョンヒョクは婚約の約束を守ろうとするが、
セリに惹かれる心が揺れる。
また、セリの義兄を騙して金を奪った、ク・スンジュンは、
追究を逃れて北朝鮮に逃げていた。
ク・スンジュンは昔セリとお見合いをして降られた過去がある。
スンジュンは一目でダンに心奪われ・・・

などということをおりまぜながら、
北朝鮮でのセリの生活が描かれる。
北の村での女性たちとの交わり、

クリックすると元のサイズで表示します

ジョンヒョクの中隊の兵士たちとの交わりが
ユーモラスに描かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

兵士の一人が密かに韓国ドラマを観ていて、
南の事情に詳しい、などという設定が笑わせる。

実に面白い。
とにかく脚本(パク・ジウン)が秀逸で、
複雑な構造を分かりやすく展開する。
捨てキャラがなく、
それぞれの役が必ず生きてくる。
深刻な場面、胸キュンの場面、笑わせる場面が上手に混じり合う。
監督はイ・ジョンヒョ
一つのエピソードの終わりに、
重要な場面が少しだけ顔を出す仕掛けも良好。

しかし、なにより、主役の二人、
ユン・セリ役のソン・イェジン

クリックすると元のサイズで表示します

ジョンヒョク役のヒョンビン
超魅力的。

クリックすると元のサイズで表示します

ラブコメは主役二人の出来次第、というまさにそれ。

二人にはそれぞれ過去があり、
しかも、二人はある場所でニアミスしているのだが、
それが次第に判明して来る過程もロマンチックだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、物語は、第10話から急展開
えっ、そういうことになるのか、と視聴者の驚愕を誘う。
どんなことなのか、それはドラマを観て下さい。

ネットテレビの tvNで、
2019年12月14日から2020年2月16日まで放送した
ほやほやの作品。
最終回はネットテレビの視聴率の最高記録を更新した。
全部で16話あり、Netflix で配信。

ネットテレビで時間の制約がないから、
毎回1時間以上。
最終回は1時間50分。
1本分の映画だ。

毎回、次を観たくなる絶妙な締め方で終る。
まさに「連続もの」の王道。





AutoPage最新お知らせ