コロナの不便  身辺雑記

今日は午後、3月だというのに、が降りました。

クリックすると元のサイズで表示します

競馬中継の画面も、こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


14日付の中国共産党機関紙、
人民日報系の環球時報は、
欧米諸国の新型コロナウイルス感染症への対応が甘く、
感染拡大を許したとして
「反省すべきだ」と訴える社説を掲載したという。

何だか笑ってしまう
あんたが言うか、という感じ。

中国の初動の遅れに対する批判をかわし、
他国の危機管理能力を問題視して、
反転攻勢するつもりらしい。

自身の反省はせず、
他人のせいにする。
面の皮が厚い。
まさに、「自分は正しい。間違っているのはあんただ」。
そして、根底にあるのは、中華思想。
中国とは、そういう国だ、
ということを記憶にとどめよう。


クリックすると元のサイズで表示します

今日、安倍首相
新型コロナウイルス対策の特別措置法の成立を受けて
記者会見を開き、
諸外国と比べ日本の感染者数は抑えられているとして、
現時点で「緊急事態」を宣言する状況ではなく
今後慎重に判断していく考えを示した。

本日付けの世界各国の感染者数及び死亡者数は、下記のとおり。

中国   8万0824人(うち死亡者3189人)
イタリア 1万7660人(1266人)
イラン  1万1364人(514人)
韓国   8086人(72人)
スペイン 4231人(121人)
フランス 3661人(79人)
ドイツ   3062人(5人)
米国    2034人(43人)
スイス   1122人(6人)
オランダ   804人(10人)
デンマーク 804人(0人)
英国     798人(10人)
ノルウェー  750人(1人)

ときて、
日本国内は716人(死亡21人)だから、
「もちこたえている」という見解は正しい。
(注:クルーズ船の患者数は算入しない方がいい。)

人口比でみても、
人口1万人当たりの日本の感染者数は0.06人で、
他国に比べて抑えられているとしたうえで、
「現時点で『緊急事態』を宣言する状況ではない」
としたわけだ。

未経験の事態だから、
手違いや見込み違いはあるが、
日本は爆発的な感染は避けられている。
学校の臨時休校も、
あのまま放置して、
集団発生などしたら大変なことになっていたから、
あの措置は正しかったと言えるだろう。

たが、今後のことについては、
見通しが立たないことは確かで、
いつ収束するかなど、
誰も答えることはできない
だろう。
従って、
「依然として警戒を緩めることはできない。
本当に大変なご苦労をかけているが、
引き続きご協力をお願いしたい」
となるのはいたしかたあるまい。

あとは経済に対する影響だが、
これも先行きは誰にも予測できない。
「動向を注意深く見極めながら、
今後も機動的に必要かつ
十分な経済財政政策を間髪を入れずに講じる」
と述べたのも仕方ないところだ。

「現在は、感染拡大の防止が最優先だが、
その後は、日本経済を再び確かな成長軌道に戻すため、
一気かせいにこれまでにない発想で
思い切った措置を講じていく。
その具体的な方策を政府・与党の総力をあげて練り上げていく」
と言っているが、
あとは具体的な方策に
国民も政府も一丸となって
対応していくしかない。

「今の段階では感染拡大を阻止をするために
全力を尽くしていきたいが、
その後、何とか経済を安定した成長軌道に戻し
国民に活気や笑顔が戻るように、
思い切った大胆なメッセージ性の強い対策を
していかなければならない」

その上で、
「具体的にどういう対策を打っていくか、
与党とともに練り上げていきたい。
国内だけではなく世界経済全体が相当動揺しているので、
世界各国とも協力しながら
必要なマクロ政策、経済財政政策を打っていきたい」

そして、
「わが国だけの孤独な戦いではない。
世界全体がいま、新型コロナウイルスという
共通の敵に立ち向かっている。
G7、G20の枠組みを活用し
経済政策も含めた国際社会の結束した対応をリードしていく考えだ。
いかなる困難も、力を合わせれば、
必ずや打ち勝つことができる。
私はそう確信している」

東京五輪については、
「われわれとしては、
今後ともIOCと連携しながら、
この感染拡大を乗り越え、
オリンピックを無事予定どおり開催したい」
と述べた。

五輪については、今問題にする方がおかしいだろう。
5月末なり、
ある時点の状況を見据えて判断すればいいのであって、
今の時点であれこれ言っても意味がないことだ。

安倍さんを批判する声もあるだろうが、
こういう危機の時には、
リーダーを盛り立てていくのが
国民の義務というものだ。

市民生活が不便なのは、
この際、仕方ないと思うしかない。
今の最優先課題は、
感染拡大を阻止することなのだから、
みんなで力を合わせていくしかない。


私の周辺のささやかな「不便」を言うと、
まず、2月22日、
週1回エアロビクスをしている
市営の体育館に行くと、
スタジオに人がいない。
係に訊くと、
「今日から3月一杯まで、教室はお休みです」とのこと。
1コマいくらでやっているインストラクターさんは失業か〜
と心配した次第。
ついでに、暖房機器メーカーの
株式会社コロナも大変だろう、と思った。

図書館も閉館になり、
予約した本を受け取るには、
舞浜駅の行政サービスセンターまで
行かなければならなくなった。
これも不便。

2月29日から東京ディズニーランドが閉園となり、
付帯施設であるイクスピアリも休みに。
連動して、イクスピアリ内の映画館も閉館に。

クリックすると元のサイズで表示します

仕方なく、東西線の市川妙典にある
イオンシネマまで自転車で行くことに。

クリックすると元のサイズで表示します

イクスピアリまでなら自転車で10分だが、
イオンシネマまでは35分。
それでも日比谷まで行く時間を考慮すれば、短い。
しかも、交通費はタダ。
その上、イオンシネマはシニア1100円を維持している。

と思っている間に、
イオンシネマのホームページに
「市川市内でコロナウィルスの感染者が出たので、
当分の間、閉館します」
との文字が。

そこで、京葉線を下って、
海浜幕張のシネプレックス幕張に。

クリックすると元のサイズで表示します

日比谷の映画館に行くために
東京駅に出るのと運賃は同じだが、
乗車時間が短く、
映画館も駅に近い。
ここもシニア1100円を維持。

映画館は密閉空間だが、
換気は十分にされている。
ただし、行く時には、
マスクを付けるよう、娘に厳重に言われている。

東京ディズニーランド周辺のホテルで、
「博多あまおう食べ放題フェア
福岡の味覚和食バイキング」
というのをやるので、
食べに行こうと思っていたら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホームページに

「新型コロナウイルス感染症対策本部」からの
「集団感染を防ぐため、ビュッフェ形式の食事など、
換気の悪く不特定多数の人が接触する場所に
集まるのを自粛するように」
という発表を受け、
バイキング形式での提供について熟慮を重ね、
お客様の安全と安心を第一に考えた結果、
当面の営業を中止することといたしました。

との一文が。
やれやれ。

以上、ささやかな不便は甘受しようと思っている。

ちなみに、
は来週からカナダで開催される予定の
フィギュアスケート世界選手権に行くつもりだったが、
中止になったので、断念。

5月にはスペイン旅行を予定しているのだが、
それも少々危ないようだ。

私も娘も、
いつか解放されるのを期待して、
我慢している。





AutoPage最新お知らせ