コロナと五輪をめぐる韓国メディア  様々な話題

産経新聞によれば、
新型コロナウイルスの日本での感染にからみ、
韓国メディアは「東京五輪の中止」の可能性を
報じ続けているという。

たとえば、
感染問題の専門家を招き、
クルーズ船での感染や対策について聞く中で、
女性アナウンサーが
「東京オリンピックへの影響は避けられませんか」と唐突に聞く。
アナウンサーの表情からは
五輪開催が困難になることを期待しているかのような雰囲気だったという。

テレビ画面には必ず
「東京五輪頓挫」「五輪につまずき」などの文字が踊る。

新聞も東京五輪への影響について熱を上げているという。
「日本政府は五輪ノイローゼ(神経症)にかかっているようだ」
「数多くの乗客や乗務員が『五輪の人質』になった」
「安倍政府が事態を隠そうとの汲々としていたのは
5カ月後開幕の東京五輪を意識していたという印象が拭えない」
(中央日報)

中央日報はまた、
クルーズ船に乗船中の日本人が
「日本政府が対応方式を変えねば、東京五輪は不可能だ。
五輪で多くの外国人が来るはずだが、
これでは観光大国という目標も達成できない。
韓国だけでなく国際社会が日本政府に対し
強く問題提起することを願う」
と語ったと伝えている。

ウィルス拡散のニュースを
強引にオリンピックにつなげる。
その背後には、
東京五輪を中止させたいという
韓国メディアの本音がうかがえる。
日本が開催国として世界の注目を浴びるのが
悔しくてならないようだ。
一昨年、韓国は平昌冬季五輪を開催した。
「彼も咲く。我も咲こう」とならず、
人を貶めようとする。
「俺は咲くが、奴には咲かせない」と。
聞けば、放射能汚染を問題にし、
韓国選手団は、選手村では食事を取らず、
ホテルに料理人を派遣して、
そこで食事をさせるという。
いやがらせだ。
他の国の選手団は、
「選手村を信頼します」と言っているのに。

韓国メディアは、
東京五輪開催を危惧して、何を得ようというのか。
今の時点で結論を出しようがないのだ。
なのに、東京オリンピックの中止が不可避だと報じる。
つまり、中止を期待しているのだ。

記者は、書く。

韓国メディアがここまで東京五輪への悪影響を“期待”しているのは、
安倍晋三首相の失敗への期待のようで、
「東京五輪の失敗=安倍の不幸」とみなしている。
韓国で安倍首相は「極右の象徴」とされており、
完全に悪者扱いだ。
その安倍首相が危機に陥ることを
韓国メディアはワクワクとして期待しているのだろう。

「クルーズ船への対処に日本政府が右往左往している」(ハンギョレ紙)
「安倍政権は失策を認めないでいる」(中央日報)
「クルーズ船事件が安倍政権の
最大の汚点として残るかもしれないという懸念も出ている」
(同)
日本政府(安倍首相)が困っているであろうことが、
嬉しくてたまらないのだ。

「日本社会全体があたふたとしている」と
思い込みたがり、
日本が困っていることが嬉しくて嬉しくてならない。

最近、このブログでもたびたび書いているのだが、
本当に韓国人は性格が悪い
世界に起こる不幸を自分の問題として受け止めることをせず、
他人を非難することに利用しようとする。
今は各国が一致して事態に対処しなければならない時なのに。

「人の不幸は蜜の味」というが、
まるで日本の不幸を喜んでいるかのような報道。
その姿は、
町内で不幸のあった家庭をわざわざ訪れ、
「大変でしたねえ」
と同情しながら、
内心はニヤニヤと喜んでいる様だ。

しかし、そんな風に日本の感染を問題にしている間に、
韓国でのウイルス感染者は
日本の数倍になってしまった。
世界からは、中国に次ぐ汚染国扱いだ。
まさに、「人を呪わば、穴二つ」である。






AutoPage最新お知らせ