小説『涼子点景 1964』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                               
1964年。
東京オリンピック前後の
国立競技場近辺の町を舞台に展開する
一人の美少女を巡るミステリー。

彼女の周辺の人物8人(本人を含む)を章ごとに立てて、
涼子という少女の姿を浮き彫りにする手法。

たとえば、第1章では、
万引きの濡れ衣を着せられた健太が
弁護してもらうために涼子に頼む。
初めは冷淡だった涼子は、
推理力を発揮して少年の無罪を証明する。

第2章は健太の兄幸一の視点で涼子に迫る。
涼子が突然中学から引っ越し、
有名女子高に入り、
運転手付きの車に乗って、
「お嬢様」と呼ばれている変化。
素性を探るうち、
涼子は父親が失踪し、
ヤクザの情婦である祖母と暮らし、
その祖母も階段を転落死している。
母は温泉町で仲居をしている。
謎だらけの涼子の遠景に戸惑う幸一。

第3章は美代という中年女性の視点から。
戦前女中奉公していた美代は、
甥の嫁の出産の手伝いをするために上京するが、
そこで、アパートを訪ねて来る老人に遭遇する。
嫁の近所の人の不思議な行動も知る。
奉公していた久我家を訪ねた美代は、
その当主・龍一郎が
最近目をかけている少女を養子にする話を聞く。
その少女こそ涼子だった。
しかも、涼子は美代の甥の家に起こっている不思議な話を
見事に推理で解明してしまう。

と言う具合に、
その後も涼子の同級生・茉莉子、
商店街の和菓子屋の息子・茂、
久我家の執事の速水、
涼子の母・道子と視点を変えて、
涼子の実像に迫る。
どの話も、登場人物に関わる、小さな謎を
涼子が解き明かす。
最後の涼子の章では、
涼子が懸念していた祖母と父親、母親にまつわる謎が解かれる。

一風変わったミステリーだが、
特徴は東京オリンピックの年、
敗戦から19年過ぎての高度成長の時代、
オリンピックを開催するまでになった
復興後の東京を舞台に描かれていること。
「もはや戦後ではない」と言われ、
戦後復興を世界に向けて高らかに告げる東京で、
昨日よりは今日、今日よりは明日が良くなる、
と信じられていた風潮の中で起こった様々な出来事。
たとえば、商店街の復興とか、
道路拡張に関わる不動産屋の横行、
薬物汚染の始まりなどが織り込まれる。
オリンピックが終わった後の空虚感も、
このように描写される。

オリンピックが終わると、
東京も日本も気の抜けたような空虚さに襲われた。
空気は日ごとに冷たくなり、
それに比例するかのように、
じわじわと不景気がしのびよってくる。
オリンピックに間に合わせることを
至上命令として進められた道路工事は、
ぱたりと止まった。
あるところまでアスファルトが敷かれ、
あるところで未舗装のまま取り残された道路は、
そのまま乾いた埃をまき散らした。


当時の獅子文六のシニカルな言葉。

「貧乏人が帝国ホテルで、
結婚式をあげたようなものだが、
ともかく無事にすみ、
関係者のみなさんに、
お役目ご苦労さまと、
本気で、ごあいさつ申しあげる気になった」


涼子は謎の少女で、
見方によっては野心を持った悪女のようにも見えるが、
その実、複雑な家庭環境で育ちながらも
強い意思で未来を切り開こうとする
聡明な女性であることが明らかになる。

オリンピック前後の狂騒。
日本が大きな変貌を遂げた、
新旧の区切りとなった変革の時代の中の
一人の少女の生きた時代を描いて、興味深い。


映画『Fukushima 50』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

Fukushima 50とは、
2011年3月11日の
東日本大震災の際に発生した津波によって
福島第一原子力発電所の原子炉の冷却機能が停止し、
懸命の復旧作業にもかかわらず、
水素爆発など度重なる事故が続き、
放射性物質が飛散した可能性の中、
約50人が現地にとどまり、
事故の被害を食い止めることに尽力した。
これを国外メディアが「Fukushima 50」の呼称で呼び始めたもの。
その後、新たに130人以上が加わり、
更に柏崎刈羽原子力発電所や送電線敷設要員も加わり、
総勢580人の体制になった。
また、東芝や日立の原発事故対応チームが加わったが、
人数は増えていったものの、
「Fukushima 50」の名前はそのままメディアで使われ、
彼らを総称する言葉となった。

この映画は、この時に福島第一原発事故に対処した
東京電力の技術者を中心に
放射線汚染のリスクを承知で現場にとどまった人々の
活躍を描いている。
彼らは、危険手当など一切の特別報酬なしに、
被曝の危険と隣り合わせに職務にあたった。
特に、格納容器内の圧力を外に逃がす操作(ベント)が重要で、
そのためには、汚染の可能性のある領域に入って、
手作業でレバーを動かさなければならず、
その「決死隊」を募ると、
沢山の技術者が手を上げた。
年齢、家庭の有無などで選抜された技術者の被爆の危険、
酸素ボンベの容量などから、
時間との闘いが描かれる。

東電本社とのやり取りに腐心する
吉田昌郎所長↓の姿も描かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

現場主義を貫く吉田に対して、
東電本社はてこずり、
声を荒らげて命令する。
吉田は海水注入を待て、
と命令する東電本社に従ったふりをして
注入を実行する。
そして、総理(名前を出さずとも誰もが知っているあの方)が介入し、
現場に乗り込んで怒鳴り散らすなど、
足を引っ張る描写もある。

まあ、時の総理も初めてのことで動転していただろうが、
「現場のことは現場に任せる」という
大原則を守れなかった愚かさは、
やはり批判されるべきだろう。

事故の経過もていねいに描かれる。
地震による停電で外部電源を失ったが、
非常用ディーゼル発電機が起動。
しかし、地震の約50分後、
14mから15mの想定を越える津波が襲い、
地下に設置されていた発電機が海水に浸かって機能喪失。
さらに電気設備、ポンプ、燃料タンク、非常用バッテリーなど
多数の設備を損傷または流出で失ったため、
全電源喪失ステーション・ブラックアウト、略称:SBO)に陥り、
原子炉内部や核燃料プールへの注水が不可能となったことで、
核燃料の冷却ができなくなった。
核燃料は膨大な崩壊熱を発するため、
注水し続けなければ原子炉内が空焚きとなり、
核燃料が自らの熱で溶け出す。

実際、1 ・2 ・3 号機ともに、
炉心溶融(メルトダウン)が起き、
溶融燃料の一部が圧力容器の外側に漏れ出した(メルトスルー)。
1 、3 号機ともメルトダウンの影響で、
水素ガスが大量発生して爆発し、
原子炉建屋、タービン建屋および周辺施設が大破した。

しかし、奇跡的に原子炉そのものの爆発は起こらなかった。
もし原子炉が爆発していたら、
東日本は壊滅するところだった。
水蒸気がある場所で抜けたことから、
それ以上の爆発が防げたわけで、
まさに、奇跡が起こったとしか思えない。

しかし、その奇跡も、
現場の職員たちのすさまじい努力があったから
もたらされたものであることが、
この映画を見ると分かる。

吉田所長が、関連会社の人々に感謝の言葉を述べ、
退去をうながした時、
自衛隊がそれ拒み、
「我々の使命は国民の安全を守ることですから」
と留まった時、
意気に感じた吉田所長が「失礼しました」と
頭を下げるところは感動する。

事故が起こった時、
命を省みずに対応する技術者の姿は、
公を私より優先させる、
まさに「日本人だなあ」と思わざるを得ない。
その心意気に神様が奇跡を起こしたと思いたい。

クリックすると元のサイズで表示します

それにつけても、
非公開だった「吉田調書」
(吉田昌郎が政府事故調査・検証委員会の調べに答えた調書)
を秘かに入手して、
福島第一原子力発電所にいた所員の9割に当たる
約650人が吉田の待機命令に違反し、
撤退していたと報道した朝日新聞
その後、同じく調書を入手した他のメディアによって、
それが誤報だと暴かれて、謝罪した。
しかし、「所長命令に違反 原発撤退」の見出しで報じた記事は、
外国に拡散し、
たとえば、ニューヨーク・タイムズは
「パニックに陥った作業員が原発から逃走」
などと批判的な論調で一斉に報じた。

あとで、誤報であると謝ったとて、
一度拡散した記事は消せない。
「吉田調書」のどこをどう読んだら、
ああいう記事になるのか不思議だが、
日本を貶めようという、
誤った視点から読めば、
そう読めたということだろう。
つまり、朝日新聞の体質があの誤報を生んだと言えよう。

日本の危機に命懸けで対処しようとした、
原発の人々の努力を
一時的にせよ
海外メディアの嘲笑にさらした
朝日新聞は許せない。

門田隆将のノンフィクション
「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を映画化。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマシリーズ「沈まぬ太陽」の前川洋一が脚色、
映画版「沈まぬ太陽」の若松節朗がメガホンを取った。

あの原発事故の現場で何が起こっていたか、
を広く告げる、緊迫感あふれる作品。
現場のセットなど、
スタッフの努力がうかがえるリアルさ。

クリックすると元のサイズで表示します

今、この役を演じられるのは、
この人しかいない、と思われる、渡辺謙をはじめ、

クリックすると元のサイズで表示します

出演者の熱量は熱いが、
怒鳴り声のセリフが聞き取れない難がある。

なお、Fukushima 50のメンバーについては、
氏名や所属会社を含む一切の情報の開示が、
東京電力によって拒絶されている。
つまり、「名も無き英雄たち」の物語である。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/JO2U_5jRDEo

拡大公開中。


題材からして、賛否両論ある内容だが、
↓の山口浩駒澤大学教授の論文がよくまとまっている。

事実と表現、記録と記憶:『Fukushima 50』とそれへの批判について考える


タグ: 映画

世界の高層ビルランキング  様々な話題

昔、世界一の高層ビルといえば、
443メートルのエンパイア・ステート・ビルディングでしたが、
それは、半世紀近く前の話。
1931年から1972年までのことで、
今は、高層建造物ランキングにおいて40位にも入っていません。

今は、高層ビルの高さのランキングでは、
ほとんどがアジア
しかも、半数が中国
すっかり様変わりしてしまいました。

ランキングのトップ15は、次のとおり。

15位タイ ペトロナス・ツインタワー2(クアラルンプール、マレーシア)
15位タイ ペトロナス・ツインタワー1(クアラルンプール、マレーシア)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:452m
階数:88階
完成:1998年


15位タイ 長沙IFSタワーT1(長沙、中国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:452m
階数:94階
完成:2018年


14位 ランドマーク81(ホーチミン、ベトナム)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:461m
階数:81階
完成:2018年


13位 ラフタ・センター(サンクトペテルブルク、ロシア)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:462m
階数:87階
完成:2019年


12位 環球貿易広場(香港、中国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:484m
階数:108階
完成:2010年


11位 上海ワールド・フィナンシャル・センター(上海、中国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:492m
階数:101階
完成:2008年


10位 台北101(台北、台湾)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:509m
階数:101階
完成:2004年


9位 CITICタワー(北京、中国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:528m
階数:109階
完成:2018年


7位タイ 天津CTF金融センター(天津、中国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:530m
階数:97階
完成:2019年


7位タイ 広州CTF金融センター(広州、中国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:530m
階数:111階
完成:2016年


6位 1ワールドトレードセンター(ニューヨーク、アメリカ)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:541m
階数:94階
完成:2014年


5位 ロッテワールドタワー(ソウル、韓国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:554m
階数:123階
完成:2017年


4位 平安国際金融中心(深セン、中国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:600m
階数:115階
完成:2014年


3位 メッカ・ロイヤル・クロック・タワー(メッカ、サウジアラビア)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:601m
階数:120階
完成:2012年


2位 上海タワー(上海、中国)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:632m
階数:128階
完成:2015年


1位 ブルジュ・ハリファ(ドバイ、アラブ首長国連邦)

クリックすると元のサイズで表示します

高さ:828m
階数:163階
完成:2010年


うち、私が登ったのは、
ペトロナス・ツインタワー、
台北101、
1ワールドトレードセンター、
ブルジュ・ハリファ
4つ

そのブログは、↓をクリック。

ペトロナス・ツインタワー

1ワールドトレードセンター

ブルジュ・ハリファ


小説『ノースライト』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

題名の意味は、
建物の北側に開けられた採光スペースにより
入って来る光のこと。
普通、住居の窓は東または南に開けられるのが常だが、
北に開けられた窓により
入り込む北側の光は独特。

建築デザイナーの青瀬稔の作った「Y邸」は、
ノースライトを取り入れた建物で、
吉野陶太(とうた)という人物の依頼で信濃追分に建てたものだ。
吉野は「本当にあなたが建てたい家を建ててください」と言い、
青瀬は自分の人生を回顧しながらこの屋敷を建てた。

青瀬は、建築現場を渡り歩く「渡り」の息子で、
熟練の型枠職人であった父に連れられて、
全国のダム建設現場を渡り歩いた。
家族で住んだ飯場では、北向きに窓があり、
そのノースライトの記憶から、
青瀬は北向きの家を構想したのだ。
完成したY邸は、満足のいくもので、
建築雑誌にも掲載され、
それを見たクライアントから
「同じものを建ててくれ」との依頼が来るほどだった。

しかし、Y邸を見に行ったクライアントから
「中の光の具合を見たかったが、留守で、
なんとなく、どなたも住んでいないようだった」
との連絡を受けた青瀬は、
建築事務所の所長で、学友の岡嶋と共にY邸を訪れる。
家を注文した吉野とは連絡が取れなかった。
久しぶりに見るY邸は、
確かに人が住んでいるようには見えず、
鍵がこじ開けられた形跡があり、
中に入った青瀬と岡嶋は、
泥棒の足跡を発見する。
しかし、中には家具も入れられておらず、
泥棒は何も取らずに退去したらしい。
人が住んだ痕跡のない有様に、青瀬が茫然としていると、
主寝室の真ん中に古びた椅子がぽつんと置かれていた。
岡嶋は、この椅子はタウトの椅子ではないかという。

ブルーノ・タウトはドイツの建築家で、
ナチからの迫害を逃れてベルリンを脱出し、
日本に渡って来た人物。
桂離宮の建築美を再発見し、
日本の工芸品の普及とデザイン向上に尽力した。
家族はドイツに残し、
秘書のエリカと共に3年半日本で過ごし、
その後、招聘されてトルコに行き、そこで没した。

青瀬は、吉野が住んでいた田端の家を訪ねてみる。
既に吉野はおらず、
大家からは、夫妻は離婚して妻は子供と出ていき、
夫もしばらくして引っ越していったという。
調べでは、追分に住民票を移した事実はなく、
忽然と吉野一家(夫婦と3人の子ども)は蒸発してしまったのだ。
3千万円という費用を遅滞なく支払い、
地鎮祭と家の引き渡しの時には家族5人で喜んでいたのに、
引っ越しもせず、生活もせず、新居を放棄したのはなぜなのか。
また、手に包帯をした謎の男が夫妻を探していたという。
Y邸の近隣の店からは、
吉野が背の高い女性と現地に来ていたことも知る。
そもそも、
「本当にあなたが建てたい家を建ててください」
と言う、青瀬の心を捕らえたあの言葉は何なのか。
なぜ青瀬に家の設計を依頼したのか。
なぜ青瀬でなければならなかったのか。

タウトの椅子の真偽をさぐるために、
青瀬はタウトが暮らした達磨寺の洗心亭
熱海の旧日向別邸を訪れる。
旧日向別邸の地下は
タウトが日本で唯一建築を依頼された物件だ。
そこで類似の椅子は発見できなかったが、
上多賀の蕎麦屋にタウトのテーブルと椅子があることを知り、
行ってみると、まさにY邸にあったと同じ椅子であった。
しかし、セットの6脚は全部揃っている。
しかも、吉野がこの店を訪ね、
自分のルーツは仙台で、
タウトの椅子の設計図を持っている、と言ったという。

青瀬はつてを辿って、仙台のある人物に会う・・・

というわけで、
吉野の消息と、
タウトの椅子の探索が並行して進む中、
パリで客死した孤高の画家の記念館、
「藤宮春子メモワール」のコンペを巡る
岡嶋建築事務所の奮闘、
青瀬の妻・ゆかりとの離婚の経緯、
娘・日向子の成長と月一回の面談、
「渡り」の生活の中での父親とその死、
岡嶋の息子への想い、
不可解な興信所の青瀬への調査依頼、
などが重層的にからむ。
実に有機的に。

まさに、横山秀夫の世界。
しかも、得意の警察モノや記者モノではない、
建築家の話
横山秀夫の守備範囲の拡大を感じさせる。
ミステリーと思わせないでいて、
濃厚なミステリーだ。

バブル崩壊で仕事を失った建築業界の苦渋も描かれる。
青瀬自身、大手建築事務所を退職した後、
つまらない仕事で糊口をしのいでいたが、
同級生であった岡嶋に
「才能の安売りをするな」と拾われた過去を持つ。

建築家を主人公にした小説を読むのは初めて。
それぞれ複雑な内面を抱えていたことか分かる。

数知れない無名の建築家たちの内面世界は複雑だ。
多くが屈折したプライドに胸を焦がしている。
自分は他者とは異質だという強烈な自負心。
排他的かつ利己的でなければ意匠などできるものかという荒ぶる思い。
だがその一方で、他人の創り出した良いものを良い、
美しいものを美しいと認めることができなくなったら、
もはや建築士を名乗る資格すら失うと誰もが知っている。


こんな記述もある。

初めて仕事で建物の図面を引いた時の気持ちを思い出す。
自分の引く一本一本の線が、
この大都会のあちこちで地上に形を成していく。
胸が躍った。
建物を生み出す喜びは比類がなかった。
その建物がやがて消えてゆくことになるなど
考えもしなかった。
だが消えた。
十年も経たないうちに、
青瀬が設計した幾つもの商業建築が取り壊され、
あるいは改築され、
ありえない壁の色に塗り替えられていった。

やがて、謎が解ける。
また、「藤宮春子メモワール」のコンペの行方も分かる。
少々きれいに収まり過ぎたような気もするが、
読後感がすこぶるいいから良しとしよう。

雑誌「旅」に2004年から2006年まで不定期に連載。
その後、全面改稿するのに
13年かけた。
横山秀夫の新境地を開く、渾身の小説だ。


韓国ドラマ『愛の不時着』  映画関係

先日、韓国ドラマの優れた作品として、
「60日間の大統領」を紹介したが、
もう一本、紹介したい作品がある。
「愛の不時着」がそれ。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国財閥の末娘であり、
自ら作ったファッションブランドを成功させたユン・セリは、
新製品をテストするため、
パラグライダーのフライトスーツを着用し、空に舞う。
ところが竜巻が起こり、セリは遭難。
降り立ったところは38度線の北側。
つまり北朝鮮

クリックすると元のサイズで表示します

そこで中隊を指揮する将校リ・ジョンヒョクに発見される。

クリックすると元のサイズで表示します

わけあってセリを匿うことになったジョンヒョクは、
様々な方法でセリを南に送り返そうとするが、
そのたび邪魔が入り、うまくいかない。
そうこうしているうちに、二人の間に恋が芽生えて・・・

という、ラブ・コメディ。

中心はセリをどうやって秘密裡に南に戻すか、という話だが、
これに様々な問題がからむ。
というのは、ジョンヒョクは北朝鮮の総政治局長の息子で、
セリを匿っていることが知られたら、一族は破滅。
しかも、それをネタに高官一族を追い落とそうとする勢力がいる。
特に北朝鮮軍少佐のチョ・チョルガンは過激だ。

一方、行方不明になったセリを巡って、
財閥内部での思惑が錯綜する。
というのは、セリの義兄二人は無能でありながら、
財閥の後継を狙っており、
父は本当は有能なセリに継がせたいが、
生死も分からない状態ではどうすることもできない。
財閥の後継者は? セリが作ったブランドは?・・・

更に、ジョンヒョクは平壌の百貨店の女社長の娘ソ・ダンが婚約者で、
ジョンヒョクは婚約の約束を守ろうとするが、
セリに惹かれる心が揺れる。
また、セリの義兄を騙して金を奪った、ク・スンジュンは、
追究を逃れて北朝鮮に逃げていた。
ク・スンジュンは昔セリとお見合いをして降られた過去がある。
スンジュンは一目でダンに心奪われ・・・

などということをおりまぜながら、
北朝鮮でのセリの生活が描かれる。
北の村での女性たちとの交わり、

クリックすると元のサイズで表示します

ジョンヒョクの中隊の兵士たちとの交わりが
ユーモラスに描かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

兵士の一人が密かに韓国ドラマを観ていて、
南の事情に詳しい、などという設定が笑わせる。

実に面白い。
とにかく脚本(パク・ジウン)が秀逸で、
複雑な構造を分かりやすく展開する。
捨てキャラがなく、
それぞれの役が必ず生きてくる。
深刻な場面、胸キュンの場面、笑わせる場面が上手に混じり合う。
監督はイ・ジョンヒョ
一つのエピソードの終わりに、
重要な場面が少しだけ顔を出す仕掛けも良好。

しかし、なにより、主役の二人、
ユン・セリ役のソン・イェジン

クリックすると元のサイズで表示します

ジョンヒョク役のヒョンビン
超魅力的。

クリックすると元のサイズで表示します

ラブコメは主役二人の出来次第、というまさにそれ。

二人にはそれぞれ過去があり、
しかも、二人はある場所でニアミスしているのだが、
それが次第に判明して来る過程もロマンチックだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、物語は、第10話から急展開
えっ、そういうことになるのか、と視聴者の驚愕を誘う。
どんなことなのか、それはドラマを観て下さい。

ネットテレビの tvNで、
2019年12月14日から2020年2月16日まで放送した
ほやほやの作品。
最終回はネットテレビの視聴率の最高記録を更新した。
全部で16話あり、Netflix で配信。

ネットテレビで時間の制約がないから、
毎回1時間以上。
最終回は1時間50分。
1本分の映画だ。

毎回、次を観たくなる絶妙な締め方で終る。
まさに「連続もの」の王道。





AutoPage最新お知らせ