コロナと五輪をめぐる韓国メディア  様々な話題

産経新聞によれば、
新型コロナウイルスの日本での感染にからみ、
韓国メディアは「東京五輪の中止」の可能性を
報じ続けているという。

たとえば、
感染問題の専門家を招き、
クルーズ船での感染や対策について聞く中で、
女性アナウンサーが
「東京オリンピックへの影響は避けられませんか」と唐突に聞く。
アナウンサーの表情からは
五輪開催が困難になることを期待しているかのような雰囲気だったという。

テレビ画面には必ず
「東京五輪頓挫」「五輪につまずき」などの文字が踊る。

新聞も東京五輪への影響について熱を上げているという。
「日本政府は五輪ノイローゼ(神経症)にかかっているようだ」
「数多くの乗客や乗務員が『五輪の人質』になった」
「安倍政府が事態を隠そうとの汲々としていたのは
5カ月後開幕の東京五輪を意識していたという印象が拭えない」
(中央日報)

中央日報はまた、
クルーズ船に乗船中の日本人が
「日本政府が対応方式を変えねば、東京五輪は不可能だ。
五輪で多くの外国人が来るはずだが、
これでは観光大国という目標も達成できない。
韓国だけでなく国際社会が日本政府に対し
強く問題提起することを願う」
と語ったと伝えている。

ウィルス拡散のニュースを
強引にオリンピックにつなげる。
その背後には、
東京五輪を中止させたいという
韓国メディアの本音がうかがえる。
日本が開催国として世界の注目を浴びるのが
悔しくてならないようだ。
一昨年、韓国は平昌冬季五輪を開催した。
「彼も咲く。我も咲こう」とならず、
人を貶めようとする。
「俺は咲くが、奴には咲かせない」と。
聞けば、放射能汚染を問題にし、
韓国選手団は、選手村では食事を取らず、
ホテルに料理人を派遣して、
そこで食事をさせるという。
いやがらせだ。
他の国の選手団は、
「選手村を信頼します」と言っているのに。

韓国メディアは、
東京五輪開催を危惧して、何を得ようというのか。
今の時点で結論を出しようがないのだ。
なのに、東京オリンピックの中止が不可避だと報じる。
つまり、中止を期待しているのだ。

記者は、書く。

韓国メディアがここまで東京五輪への悪影響を“期待”しているのは、
安倍晋三首相の失敗への期待のようで、
「東京五輪の失敗=安倍の不幸」とみなしている。
韓国で安倍首相は「極右の象徴」とされており、
完全に悪者扱いだ。
その安倍首相が危機に陥ることを
韓国メディアはワクワクとして期待しているのだろう。

「クルーズ船への対処に日本政府が右往左往している」(ハンギョレ紙)
「安倍政権は失策を認めないでいる」(中央日報)
「クルーズ船事件が安倍政権の
最大の汚点として残るかもしれないという懸念も出ている」
(同)
日本政府(安倍首相)が困っているであろうことが、
嬉しくてたまらないのだ。

「日本社会全体があたふたとしている」と
思い込みたがり、
日本が困っていることが嬉しくて嬉しくてならない。

最近、このブログでもたびたび書いているのだが、
本当に韓国人は性格が悪い
世界に起こる不幸を自分の問題として受け止めることをせず、
他人を非難することに利用しようとする。
今は各国が一致して事態に対処しなければならない時なのに。

「人の不幸は蜜の味」というが、
まるで日本の不幸を喜んでいるかのような報道。
その姿は、
町内で不幸のあった家庭をわざわざ訪れ、
「大変でしたねえ」
と同情しながら、
内心はニヤニヤと喜んでいる様だ。

しかし、そんな風に日本の感染を問題にしている間に、
韓国でのウイルス感染者は
日本の数倍になってしまった。
世界からは、中国に次ぐ汚染国扱いだ。
まさに、「人を呪わば、穴二つ」である。



『ホーンテッドマンションのすべて』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                        
テーマパークのアトラクションの中で、
ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」
「カリブの海賊」と並ぶ傑作の一つ。
その成り立ちや舞台裏について、
ディズニー・イマジニアリングのクリエイティブディレクター、
ジェイソン・サーレルが書いた本。
豊富な写真と共に、
実際に携わった者だけが語る秘話が豊富に収録されている。

初めて「ホーンテッドマンション」に入った時の興奮は
今でも覚えている。
1983年4月13日。
開園前に浦安市民を特別招待した2日目。
重々しい扉を開けて中に招待されると、
不気味な小部屋。
壁にかかった肖像画が刻々と変化し、
最後は骸骨に変わる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次に入った高い天井の部屋。
やがて部屋が上部に伸び、
肖像画の下部分が見えて来ると、
危険な肖像画だったということが分かる。
そして、雷鳴と共に、天井が透けると、
そこには宙ぶらりんになった死体が・・・。

上記の動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/10jQFIetGDg

壁が開き、通路を通って行ったところに、
長い廊下があり、
そこを3人乗りのソファー状のもの(ドゥームバギーという)
が続々と廊下をすべっていく。

クリックすると元のサイズで表示します

乗り込むと、
ホストの「セーフティバーは私が下げる」との声が。
バギーが進むと、
ゴーストライターたちが書いた本の並ぶ書棚や

クリックすると元のサイズで表示します

影だけのピアノ弾きや
無限に続く廊下に浮かぶ燭台などが次々と現れる。
棺桶があり、その中から生き返った死体の手が蓋を押し上げる。
左右のドアからは、向こうから開けようとする死人の手が覗く。
やがて、首だけの占い師のような女性(マダム・レオタ)のご託宣を聞き、

クリックすると元のサイズで表示します

次に、グランドホールに移ると、
バルコニーから広間を見下ろす形に。
入り口に着いた馬車からこぼれた棺桶から出現する亡霊。
テーブルでは幽霊たちの食事会が開かれており、
上部空間の絵画は決闘の幽霊が飛び出ている。
オルガン弾きのオルガンからは、頭蓋骨が空間に立ち上る。
そして、舞踏会場では、透明な幽霊たちがダンスに興ずる。
この透明な仕掛けが素晴らしい。
屋根裏部屋を通過し、
ほとんど後ろ向きで落ちていくようになったバギーで
野外に出ると、そこは墓地。
墓から幽霊たちが出現し、
石膏の胸像は歌を歌う。
そして、空を飛翔する幽霊たち。
最後にヒッチハイクをする幽霊を見たあと、
鏡に映る自分たちの真ん中に幽霊が乗り込んでいる・・・

クリックすると元のサイズで表示します

という一連の仕掛けを
方向を変えるソファーが見るように仕向ける。

よくある「幽霊屋敷」というアトラクションとは全く違う、
一つの世界観に貫かれた架空の空間に遊ぶ。

ホーンテッドマンションは、私のお気に入りとなり、
世界中のディズニーランド・パークを訪れるたび、
必ず訪れるものとなった。
(昨年末のロスのディズニーランド訪問でも、しっかり入った)

1969年8月9日に
アナハイムで公開されたホーンテッドマンションは、
大評判を取り、
1971年10月1日には、
オーランドのマジック・キングダムでも公開。
東京ディズニーランドでは、
1983年4月15日開園と共に公開。
パリのディズニーランド・パリでも
1992年4月12日、開園と共に公開。
ただ、名称は「ファントム・マナー」と変え、
大体は同じだが、
花嫁メラニーとファントムが登場する
一味違うものになっていた。
2013年5月17日、
香港ディズニーランドの開園8年後、
追加アトラクションとして公開。
名前も「ミスティック・マナー」となり、
ヘンリー卿の収蔵品を見てまわり、
スラブやエジプトやギリシャやローマの文物を巡る、という
相当違うものになっていた。

上海ディズニーランドにはホーンテッドマンションは存在しない。
というか、上海ディズニーランドは
オリジナルのディズニーランドからはかけ離れたもので、
継承したのは唯一「カリブの海賊」のみで、
それさえも、相当違うものとなっている。
(この上海版カリブの海賊は、
巨大映像を駆使した相当なもので、
私は「東京ディズニー・シー」に増設したら、と考えている。)

さて、この本、
ホーンテッドマンションに関する知識が相当増える。
私が気づいた主なものは、次のとおり。

○ホーンテッドマンションの企画が出、
 建物も建てられたにもかかわらず、
 内部の方向性が定まらず、
 6年間、空き家のまま放置された。
 1963年、表には入居者募集看板が立てられた。

クリックすると元のサイズで表示します

○ウォークスルー(観客が歩いてまわる)と
 ライドスルー(観客が乗り物に乗ってまわる)の選択は、
 「カリブの海賊」(観客が船に乗って移動する)
 の大成功もあってライドスルー型を運営側は望んだが、
 技術的な問題があり、
 大幅にオープンが遅れたことがさいわいして
 技術が追いつき、ドゥームバギーに乗って
 観客が運ばれると同時に、
 見せたいものの方向をバギーが向く
 今の方式が確立した。
 香港版は更に進化し、
 ナビゲーションシステムにより、無軌道の床を上を進む。
○はじめの「伸びる部屋」は、
 アナハイム版は、実際に床が下に降りる。
 これは、モノレールの下をくぐって観客を誘導る必要があるたのものだった。
 オーランドと東京はこの必要がないので、
 床は下に降りず、上部のみが上に伸びる。
○「カリブの海賊」の大成功はホーンテッドマンションにも影響し、
 「ヨーホー」のような曲が望まれ、
 「グリム・グリニング・ゴースト」が生まれた。
 観客は、退場する時、この曲に頭が占領される。
○ホーンテッドマンションは大評判を呼び、
 オープンの一週間後の8月16日には、
 1日の集客数8万2516名という記録を打ち立てた。
○ウォルト・ディズニー・ワールド版では、
 建物の外観を南北戦争前の南部の大邸宅から
 植民地時代のマナーハウス(中世ヨーロッパの荘園領主の屋敷)
 に変更された。
 外観をオリジナル版より恐ろしげにしたかったからだという。
○1980年代半ば、新たなサプライズとして、
 生身の人間のパフォーマーを導入。
 キャラクターが時と場所を変えてゲストの前にひょいと現れる。
 しかし、ゲストにとっては怖すぎ、キャストにとっては危険すぎた。
 突然現れた甲冑姿の騎士に、
 驚きのあまり反撃してしまったゲストもいた。
 で、このアイデアはあっけなく打ち切りになった。
○香港のミスティック・マナーの音楽を担当したのは、
 ダニー・エルフマン。

アトラクションの傑作、
ホーンテッドマンションを
たっぷりの貴重な写真やアート、
様々なエピソードとともに解説する
読み応え抜群の一冊。


映画『プレーム兄貴、王になる』  映画関係

[映画紹介]
                             
クリックすると元のサイズで表示します

下町の貧乏役者が、
王子の身代わりになる、という、よくある話。
しかも、本物よりも偽物の方が
善行をほどこす、という、
「デーブ」(1993)等の前例のある展開。
ありきたりといえば、ありきたりだが、
これが歌と踊りで色付けされたインド映画になると、
明るく、楽しく、観た人の心を温かくする良作となる。

暗殺事件に巻き込まれて意識不明になった
プリータムプル王国の王子ヴィジャイの
替え玉になってみると、
役者のプレームには驚くことばかり。
王家の4人兄妹は、バラバラで、
腹違いの妹二人は、母を侮辱されたことに
恨みを持っていて、兄に会おうともしない。
王位を継承できない弟は、
側近にそそのかされて、
兄の暗殺計画に加担する。
その上、プレームが秘かに憧れていた
王子の婚約者のマイティリー王女は、
尊大で頑固な王子の性格が災いして、
すっかり心を閉ざしていた。

王位継承の儀式は4日後に迫っている。
はじめは大人しく替え玉を演じていたプレームだったが、
問題だらけの王室の内情を知り、
元々世話好きで善良なプレームの本領を発揮。
妹たちの心の氷を溶き、
弟の命を救って和解する。
婚約者の王女は、人が変わったような王子に
改めて心を開き、好きになる。
しかし、偽物だから、女王に触れることはできない・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そして、王子が目覚めた時、
プレームは潔く身を引き、
女王との別れも受け入れる。
切ない切ない別れ。

というお話を、
たっぷりの歌と踊りで展開する。
「ムトゥ 踊るマハラジャ」(1995)で、
カルチャーショックを与えたインド映画だが、
段々洗練されたのか、
歌とダンスを盛り込んだ映画が減少している感があった。
しかし、この映画は、昔のインド映画のように、
歌と踊りがふんだんにあふれている。
インド映画といえば、荒唐無稽な話、あり得ない展開、
とびきりの美女、
独特なメロディーの歌、
突然始まる群舞のダンスシーン、

クリックすると元のサイズで表示します

奇妙な振り付け、
チープなSFX、
意表をつくカメラワークなどが特徴だが、
この映画はまさに、それ。
そして、観る者を幸福にさせ、
涙と笑いで包む。
まさに、インド映画の伝統(?)に立ち返った作品だ。

特に、最後の王女との別れは涙をさそう。
男はつらいよ。
日本人の感性では、ここで終わりだが、
ああいうラストは、
インド的なハッピーエンドというものだろう。

プレームを演ずるのは、
インド映画界の3大カーンの一人、サルマン・カーン

クリックすると元のサイズで表示します

インド映画の原点に回帰し、
「古き良きボリウッド映画の再来」と、
2015年のインド国内興収bRの大ヒットを記録。
そう、5年前の映画である。
「バジュランギおじさんと、小さな迷子」も2015年の作品。
その後、5年間にインド映画は変貌しているのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/yATtusTYHUs

新宿ピカデリー他で上映中。





AutoPage最新お知らせ