映画『サーホー』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

インドの架空の都市ワージーは犯罪組織の巣窟。
その組織の頂点に君臨するロイが
交通事故と見せかけて殺された。
実力者のデウラージがロイの後継の座を狙うが、
ロイの息子も名乗りを上げる。

一方、ムンバイで200億ルピー(約300億円)の窃盗事件が発生。
犯行に従事した人間が全員傀儡という不思議な事件だ。
その事件に潜入捜査官アショークが
女性捜査官のアムリタと共に
捜査を開始する。
窃盗団を追う中で、
アショークは裏組織が隠し持つ金庫の存在にたどり着く。
その金庫を開けるには、
「ブラックボックス」というものが必要だというが・・・

「バーフバリ」のプラバース主演のクライムアクション。

クリックすると元のサイズで表示します

監督は「バーフバリ」のS・S・ラージャマウリ監督の弟子であるスジート

アクションはド派手で、
「ミッション:インポッシブル」や
「ワイルドスピード」「マッドマックス」を彷彿とさせるシーンの連続。
ついには「アイアンマン」まで登場する。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

つまり、なんでもありのインド映画。
観客を楽しませることだけを目的とする。
もちろん、ミュージカルシーンもある。

クリックすると元のサイズで表示します

演じるのが美男美女であることもインド映画の特色。
ヒロインをつとめるのは、
シュラッダー・カプール

クリックすると元のサイズで表示します

二人が巡る、驚きの景観の場所。
あんな所が本当に実在するのだろうか。

この映画、観客を二度驚かす
まず、映画の丁度半分、
1時間半が経過し、
インドの映画館なら休憩の入るところで、
話が急展開。
「サーハー」とは「万歳」の意味で、
実は人の名前と分かり、
そこで初めてメインタイトルが映し出される。
それまでは前振り、というのは驚く。
その時点で、ストーリーが突然ねじれてしまう。

更に、映画が終わりかけた最後の10分で、
ある人物の正体が明かされる。
えっ、そうだったのか、
と驚くのもインド映画だからだ。

インドのスターシステムで作られた映画。
ひたすら、主役を恰好良く見せるための映画。
実際、プラバースは超カッコいい。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、昔の日活映画にも
こんなのがあった。
ずっとショボイけれど。

インド映画の乗りに乗れる人なら楽しめる。
そうでない人は、カルチャーショックで席を立つかもしれない。
何も考えないで、
映画の世界に浸ることの出来る人向け。
リクツを言い始めたら、
こういう映画は楽しめない。

クリックすると元のサイズで表示します

欠点は長いのと、
音楽が過剰。
「やかましい」のレベルでガンガン鳴る。

5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/6iYHy9Jfw_4

新宿ピカデリー他で上映中。

タグ: 映画

新型コロナ後の世界  政治関係

昨日は、季節外れの雪が降りました。

クリックすると元のサイズで表示します

「外出自粛」に天候までが協力しているのでしょうか。


新型コロナが猛威を振るうヨーロッパから
現状を伝えるメールが、
私の友人に届いた。

彼女はイタリア在住
発症者の1割が死亡するという、
驚くような致死率の理由が書かれている。

イタリアでは医療パンクの状態になっており、
誰を助け、誰を見捨てるかを選ばなければならなく、
その結果、
イタリアでは高齢者を見送り、
若い人を助ける措置を続けているという。

老人ホームなどでの感染が疑われても、
運び込む病院がない。
だから他の住民を感染させてしまうのがわかっていても、
老人ホームに残すしかなく、
そのまま救命措置なしに、
集団で亡くなっていく状況なのだという。

重態の段階になると、
呼吸アシスト設備、心拍数の管理等、
高価な医療設備が必要になる。
そしてその状態になると、
向こう3週間はそのベッドは空かない。
死去の場合のみ、ベッドが空くということなのだ。

ロックダウンの真意は、「医療パンクを避けるため」だ。

彼女の切実な警告に耳を傾けるべきだろう。


産経新聞のワシントン駐在客員特派員、
古森義久さんが、コラムで興味深いことを書いている。

ワシントンの論壇では、
コロナ感染拡大という大事件が今後の世界をどう変えていくか、
という議論が熱を帯びてきたという。
ではなにがどう変わるのか。
おおよそ3つの大きな変化にまとめられる。

第1は世界のグローバル化の大幅な後退

グローバル化とは人、物、カネが国境を越えて自由に動くこと。
それが世界にもたらす利益は巨大だった。
しかし、中国からの全世界へのウイルスの感染も
そのグローバル化の産物だった。

コロナの蔓延は、
その流れにブレーキをかける。
その結果、経済面でのグローバルなサプライチェーン(供給網)も
縮小される。

第2は国家主権の役割拡大

コロナウイルスの被害にあった国は
どこでもその国の政府がその対策の責任を負った。
WHO(世界保健機関)も国連もEUも頼りにはならなかった。
生存の脅威から人をを救うのは
その集団の属する主権国家の政府だということが明らかになったのだ。

第3は中国の国際的な立場の変化

ウイルス感染国は当然、中国との今後の関与に慎重になる。
特に米国では習近平政権の
当初のウイルス隠蔽への非難が強い。
その中国がいまその責任に背を向け、
感染国への支援の姿勢をみせているのに対し、
「放火犯が消防士のふりをしている」とまで言われている。
国際的な中国忌避へと広がることが予測されている。

グローバリゼーションの持つ危険の再検討、
そして、中国を中心とした供給網の変化は、
わが国の産業の構造変化を促す。
「コロナ後」の世界の有様が変貌することは間違いない。

その中国の責任だが、
坂元一哉大阪大学教授は、
次のように書いている。

新型ウィルスを何と呼ぶかは別にして、
世界的な集団感染が
中国の一都市から始まったのは事実である。
中国政府には
ウィルス発生の原因を究明する責任がある。
中国政府にはまた、
情報隠蔽など、
初動のひどい不手際が、
感染の世界的拡大につながったことを
どう反省し、
責任をとるかを明確にしてもらわねばならない。
中国政府が2つの責任をどう果たすか。
世界が「戦後」世界のあり方を決めるのは、
それを見極めてからになる。

そういえば、当初、中国政府は、
「ヒトからヒトへの感染はない」
と言っていたな。

まあ、中国は責任を認めないだろう。
理由は、そういう国だからだ、としか言いようがない。
人の性格みたいなもので、
自分の過ちは認めず、
人の責任だけを追究するのが、
中国という国だからだ。

中国のコロナ汚染は「封じ込めた」と中国政府は発表しているが、
それがもし出来たとすれば、
人口1千万の武漢、
6千万人の湖北省を封鎖した独裁体制だったからだ。
こういう時、独裁国家は力を発揮するが、
政策決定に時間のかかる民主主義国家では、
非常事態が苦手だ、と、
村井友秀東京国際大学教授は指摘する。

村井氏の論文で興味深かったのは、
普通、経済発展すると、
民主化が進んで、独裁体制が崩壊するものだが、
中国はそうならないのは何故なのか、に触れている。

独裁国家の国民は、
独裁者、中産階級、大衆に分けられる。
経済発展で豊かになった中産階級は、
自分の財産を守るために、
民主化の方向に進む。

しかし、中国では事情が違う。
独裁者と中産階級が一つになって、
大衆から搾取する側に立った、というのだ。

民主化が進むためには、
富と権力が分離していなければならないが、
現在の中国では、
既得権益層の中産階級と
共産党が一体化しているというのである。
ちなみに、有力な企業家は、
共産党に入党している。

なるほど、と思わせる理論だ。

だが、搾取される大衆の不満が爆発した時、どうなるか。
それとも、日本のように、
全体が豊かになることにより、
不満を吸収できるのか。

ただ、「自由」を求める人間の本姓は、
独裁体制では抑えきれないと思うのだが。

いずれにせよ、
「コロナ後」の世界の有様は興味深い。


小説『ほどなく、お別れです それぞれの灯火』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「ほどなく、お別れです」とは、
葬儀の出棺前に、葬儀社の人が遺族にかける言葉。

ということで分かるように、
この小説は、
葬祭場を舞台に展開する。

清水美空(みそら)は、スカイツリー付近の葬儀場
「坂東会館」に勤めて1年目の新米社員。
アルバイトから始めて、この葬儀社に就職した。
他人の感情が伝わってきたり、
思念を感じ取ったりという、
“気" に敏感な体質をしている。
時々、葬儀をしている故人の“気" を感ずることもある。

美空の上司・漆原(うるしばら)はベテランで、
特に、故人が事故や自殺で亡くなってしまったという、
訳ありの葬儀を多く担当している。

物語は、様々な死因で亡くなった人の
葬儀を通じて、美空が漆原の指導で成長していく様を描く。

第一話「揺蕩(たゆた)う心」は、
交通事故で亡くなった高校生の葬儀。
加害者の大学生の両親が謝罪に訪れたことで、
母親の心が悲しみから怒りに変貌してしまう。
その心をどのように慰めるか。

第二話「遠景」は、
90歳の老女の葬儀。
娘の婿の家に同居していて、自室で自殺した。
直葬のつもりだった娘婿に対して、
「それではおばあちゃんが可哀相だ」と孫たちが主張して、
葬儀を行うようになった。
どことなくやっかい払いが出来た、という印象の喪主に対し、
関係先の女医・坂口有紀の手紙が様相を変える。
その手紙には、娘婿に感謝する故人の気持ちが述べられていた。

第三話「海鳥の棲家」は、
自宅で末期を迎えたいと言っていたにもかかわらず、
容体が急変して病院で亡くなった40代の男性。
二人の子どもを抱えて気丈にふるまう未亡人の
悲しみの捌け口を作ってやる。

第四話「それぞれの灯火」は、
希望していたレストランに就職できたにもかかわらず、
心労から電車の前に身を投げてしまった若い女性。
美空は、通夜の司会を漆原に命じられる。
自分と同年配の、しかも自殺かもしれない女性を
どうやって送ることができるか、美空は悩み抜くが・・・

そして、4話を貫くものとして、
美空の高校時代の友人・夏海の
6年前に亡くなった兄の話がからむ。
サーファーの兄は海難事故で姿を消し、
遺体もあがらなかった。
まだ両親はその死を受け入れていない。
夏海は、遺体がなくても葬儀をあげることは出来るかと美空に問う。
一つの区切りをつけるために。
そして、第二話に登場した女医の有紀が
兄の婚約者だということが判明し・・・

美空自身も、
生まれる前に姉を亡くした背景がある。
漆原の他に、
独特な世界を持った僧侶・里見も登場する。

人間の死を受けとめる職業で、
半端な気持ちで読むことのできない小説だが、
基本的に明るく展開する。
少し明る過ぎるくらい。

長月天音のデビュー作「ほどなく、お別れです」の続編。
著者自身、葬儀場でアルバイトをした経験があるといい、
また、4年前にご主人を亡くしている。

読んでいて、つくづく思ったのは、
「来世」への希望ということ。
宗教に付き物の思想だが、
来世のあることが、
どれだけ死の恐怖を和らげることか。
父母や愛する人に、会いに行く、再会できる、
という考えが恐怖を希望に変える。
宗教の奥深さを感ずる。
人間が死なない存在だったら、
宗教は成立しなかっただろう。
                                        
葬儀の達人、漆原の、
含蓄ある様々な言葉が胸に残る。

「死が絶対的な別れであることに変わりはない。
それを受け入れて前を向ける人と、
嘆き続ける人とは、
一体何が違うのかと、俺も考えたことがある」
「受け入れることができる人は、
別れた人を心の中で生かし続けているのだと思う。
先ほどの喪主のように、
当然のように“その先の世界”があると
信じられる人もいる。
結局はその人の心の問題だ」
「ひとつ言えるとすれば、
悔いを残さない生き方をすることだ。
簡単なことだぞ。
相手を怒らせたらすぐに謝る。
隠し事をしない。
やり残すことがないように、
今できることは今のうちになっておく」
「伝えられなかったことがあるから、
未練が残る」
「生死のことや、人間の感情の仕組みが簡単に分かったら、
宗教も哲学も必要ない。
別れの悲しみがあるから、
いっそう大切な人を愛しく思える」


映画『シェイクスピアの庭』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

レビューに、
「観るんであれば、シェイクスピアの家族関係を
頭に入れとくことは必須条件」
というのがあったので、
最低限のことは調べて出かけた。

ウィリアム・シェイクスピアの父、
ジョン・シェイクスピアは皮手袋商人として成功し、
町長に選ばれたこともある市会議員だった。
8人の子どもがおり、
ウィリアム(以下、シェイクスピアと表記)は3番目で次男。
父はウェイクスピアの生まれた頃には裕福であったが、
羊毛の闇市場に関わった咎で起訴され、市長職を失った。
このことは、映画の中で影を落とす。

18歳の時、8歳年上のアン・ハサウェイ
(女優のアン・ハサウェイとは別人。
 当たり前だが、念のため。
 ただ、ハサウェイ家の両親が
 アンと命名したのは、シェイクスピアを意識したと思われる。
 アンの母親は舞台女優だから。)
と結婚、3人の子どもをもうけた。
長女はスザンナ、次女はジュディスで、
息子のハムネットはジュディスと双生児で、
11歳の時に夭逝している。

映画は、グローブ座の火事で筆を断ったシェイクスピアが、
1613年、20年ぶりに、
生まれ故郷のストラトフォード=アポン=エイヴォンに
帰郷するところから始まり、
シェイクスピアの晩年の3年間を描く。

送金はしていたものの、
20年間放置していた妻と娘たちとの間には深い溝があり、
シェイクスピアはその相剋に心を砕く。
次女ジュディスの恋人のトマス・クワイニーの「婚前交渉」問題
(マーガレット・ホイーラーという女性が私生児を産み、
 その父親がクワイニーであると主張して
 まもなく母子ともども死亡した事件。
 これは実話。)
でも頭を悩まされ、
シェイクスピアは自分の遺産のうち
ジュディスへ渡る分がクワイニーに行かないよう遺言書を修正した。

しかし、何よりも17年前に亡くなったハムネットへの想いが強く、
ハムネットを悼んで、庭を造成し始める。

クリックすると元のサイズで表示します

シェイクスピアは、
まだ幼いハムネットの詩作の才能に惚れ込んでいたので、
落胆と悲嘆は尋常ではなかった。
また、疫病で死んだというハムネットの死因に疑いを持ち、
驚愕の事実が知らされる。
(これは、全て脚本家の創作。念のため)

というわけで、
大作家の晩年は、
家庭問題で悩む、失意の人ということになる。
(しつこいようだが、創作です。
 さぞかし沙翁、お墓の下で苦笑していることでしょう)

妻のアンと次女のジュディスが文盲
読み書きが出来なかったことは初めて知った。
当時、女性には教育が必要とされず、
学校にも行かなかったのだ。
だから、アンは結婚許可書の署名欄にバツ印をつけたという。
それが最後になって生きて来る。
当時は男尊女卑で、
女の幸福は結婚して、
誰か男性の所有物になることだった、という。

歴史に残る大作家が
49歳という若さで何故筆を折ったのか、
という謎に迫る本作。
こういうシェイクスピアの晩年が
事実と思われては困るが、
一つのドラマとしては、興味津々で観た。

シェイクスピアは監督のケネス・ブラナーが演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

まるで別人。

クリックすると元のサイズで表示します

アンはジュディ・デンチ
シェイスクピアのパトロンであり、
多くの詩を捧げたサウサンプトン伯爵ヘンリー・リズリーを、
イアン・マッケランが演ずる。

ケネス・ブラナーの演出は、
イギリスの田園風景を美しく描くが、
人物の描写は演劇的で、
ロングショットが多く、
登場人物の心理に迫るには、もどかしい。

クリックすると元のサイズで表示します

1616年4月23日にシェイクスピアは52歳で没した。
引退してから、わずか3年。
死因は腐ったニシンから伝染した感染症であるとされている。

52歳といえば、まだまだ創作意欲は衰えていないはず。
私見だが、シェイクスピアは、
あのままいけば、やがて
ロンドンの劇界に復帰したと思われる。
つまり、早すぎた死
それにしても、
何だって腐ったニシンなんか食べたのか。

なお、長女スザンナは医師のジョン・ホールと結婚し、
娘エリザベス・ホールがシェイクスピア家の最後の1人となった。
だから、シェイクスピア直系の子孫は存在しない。
(一説には、ウィリアム・ダヴェナントという
 婚外で生まれた落胤がいるともされるが、
 その血筋も18世紀の初めで途絶えている。)

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/MtTnU06L-y8

渋谷のル・シネマで上映中。

ストラトフォード=アポン=エイヴォンの
シェイクスピアの生家を訪れた時のブログは、↓をクリック。

シェイクスピアの生家訪問

タグ: 映画

代々木公園の桜  身辺雑記

今日は、雲一つない天気でしたので、

クリックすると元のサイズで表示します

昼頃、カミさんと、ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

目的地は、ここ、

クリックすると元のサイズで表示します

代々木公園

クリックすると元のサイズで表示します

敷地は54万529u(およそ東京ドーム11個分)で、
東京23区内の都市公園の中では、5番目に広い。
ちなみに、上位の公園は、
葛西臨海公園、水元公園、舎人公園、光が丘公園。

公園になる前は、1964年の東京オリンピックの選手村
その前は、1947年(昭和22年)、
連合国軍占領下の日本での、
アメリカ空軍およびその家族のための居住地域
その前は、日本陸軍の練兵場
更にその前は、江戸時代、
大名や旗本らの下屋敷などが点在していた場所で、
明治維新後、民有地となり、一面の茶畑・桑畑となっていたところ。

クリックすると元のサイズで表示します

などという歴史は、
訪れる若者たちは、知りません。

クリックすると元のサイズで表示します

明治神宮に隣接し、
原宿からも参宮橋からも代々木八幡からも入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

向こうには、国立競技場第1体育館も見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

少し歩くと、桜の咲いているところがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

代々木公園に来るのは、
45年ぶり位。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

御存知のとおり、宴会は禁止ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、始まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

卒業式からの流れ?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

池もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近所の人で、犬の散歩には最適。

クリックすると元のサイズで表示します

猫を散歩させている人もいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

竹下通りにも行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

35年ぶりくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと感じた異邦人。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろな動物カフェも盛ん。

クリックすると元のサイズで表示します

竹下口は残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

原宿といえば、
新しい駅舎ができたので、話題に。

クリックすると元のサイズで表示します

3月21日、オープン。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが古い駅舎。

クリックすると元のサイズで表示します

シャッターが降りています。

クリックすると元のサイズで表示します

90年以上にわたり親しまれた都内最古の木造駅舎。

新駅舎は、すっかり近代的。

クリックすると元のサイズで表示します

新たに明治神宮へ向かう西口ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここから、古い駅舎が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

前は内回りと外回りが共通ホームでしたが、
二つに別れました。

クリックすると元のサイズで表示します

明治神宮側にあったホームを活用。

クリックすると元のサイズで表示します

竹下口への階段は温存。

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま山手線に乗って、ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

山手線30番目の駅、高輪ゲートウェイ
3月14日に開業。

クリックすると元のサイズで表示します

西日暮里駅から新駅は39年ぶり

クリックすると元のサイズで表示します

山手線と京浜東北線が走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

コンコースは2階で、

クリックすると元のサイズで表示します

これが改札。

クリックすると元のサイズで表示します

出ると、

クリックすると元のサイズで表示します

こういう広場(?)が。

クリックすると元のサイズで表示します

階下には、イベント会場のようなものが建設中。

クリックすると元のサイズで表示します

下に降りても、何もありません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

地図を見ても、ご覧のとおり、何もなし。

クリックすると元のサイズで表示します

というのも、今は暫定開業。
2024年度に本開業の予定。

仕方なく、上に戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

駅名の公募では、1位が「高輪」、2位が「芝浦」、
3位が「芝浜」、4位が「新品川」と「泉岳寺」。
「高輪ゲートウェイ」は130位。
「古来より街道が通じ江戸の玄関口「高輪大木戸」(Gateway) だった、
ということでしたが、
何のための公募だったのか。

上から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ工事中で、

クリックすると元のサイズで表示します

これからの駅でした。

クリックすると元のサイズで表示します

新しいのは、
無人AI決済店舗の1号店。
一度に店内に入れるのは7人までで、
複数のカメラを設置し、
買い物客がどの商品を手に取ったかをリアルタイムで識別し、
出口付近に設置したタッチパネルで
購入商品と金額を確認し、
交通系ICカードで支払う。

行列が出来、入場を係が整理。
何のための無人化か。

クリックすると元のサイズで表示します






AutoPage最新お知らせ