METライブビューイング『アクナーテン』  オペラ関係

昨日のこと。
夕方から銀座に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

METライブビューイング
今季第4作。
フィリップ・グラスの現代オペラ「アクナーテン」

クリックすると元のサイズで表示します

フィリップ・グラス(1937年1月31日〜 83歳)は、
アメリカ合衆国の作曲家。

クリックすると元のサイズで表示します

メリーランド州ボルチモアのリトアニア系ユダヤ系一家に生まれ、
子供の頃からピーボディ音楽院でフルートを習い、
ジュリアード音楽院に進み、
そこで鍵盤楽器を主に弾くようになった。
卒業後、フランスでナディア・ブーランジェに師事し、
ラヴィ・シャンカールとともに働いた後、
主に宗教的な動機から北インドへ旅行し、
そこでチベット難民と出会った。
1972年、仏教徒となり、
ダライ・ラマ14世に面会。
チベット問題に強い関心を持ち、
チベット難民を強力に支援している。

交響曲、協奏曲を作曲。
映画音楽にも実績があり、
「クンドゥン」(1997)「トゥルーマン・ショー」(1997)
「めぐりあう時間たち」(2002)「裁かれるは善人のみ」(2014)など。
ゴールデングローブ賞受賞、
アカデミー賞ノミネート。

↓はダライ・ラマ14世を扱った
「クンドゥン」のオリジナル・サウンドトラックCDのジャケット。

クリックすると元のサイズで表示します

「アクナーテン」はグラスのオペラで、
1983年の作品。
MET初演で、新演出。

古代エジプトの王が題材。

アクナーテン(イクナートン、アクエンアテンともいう。
先代から受け継いだ名前はアメンホテプ4世)は、
古代エジプト第18王朝の王(ファラオ)で、
在位は紀元前1353年頃〜1336年頃)。

クリックすると元のサイズで表示します

このファラオが歴史に名を残すのは、
宗教改革を行って、
歴史上初の一神教を確立したからで、
神官の力が王を抑えるほどの強い勢力になったことを嫌い、
テーベ(現ルクソール)を放棄して、
新都アケトアテン(現アマルナ)を建設、遷都、
太陽神アテンを信奉した。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、一神教は民衆には受け入れがたく、
神官たちの反発もあって、
2代後のツタンカーメンの時代に
元の宗教アメン神に回帰し、
アケトアテンも放棄されてしまった。

アクナーテンはツタンカーメンの父と言われ、
妻はエジプト三大美人の一人、ネフェルティティ。

クリックすると元のサイズで表示します

アマルナ美術という独特の美術を生み出した。

アマルナを日程に組んだエジプト旅行ツアーはないので、
私はロト6が当たったら、
個人旅行でアマルナに行ってみたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

このオペラ、
上記のような異形のファラオの生涯を
父から譲られた王位の即位、
アテン神の一神教の確立、
その挫折と順に描き、
現代において、アマルナが荒廃している様まで描きます。

クリックすると元のサイズで表示します

英語で語られる部分は、
アメンホテプ3世の亡霊役のセリフのみで、
あとは、アッカド語、ヘブライ語、古代エジプト語
などで歌われ、
英語の部分にしか日本語字幕は出ません。

グラスの音楽は反復が多く、
指揮者は数を数えるのに苦労したはず。
(インタビューで、そんなことを言っています。
反復数を数える専門の人がいて、
指揮台にその数字が表示していたのでは、
というのは想像です。)

クリックすると元のサイズで表示します

写真を見て分かるように、
ユニークな造形の舞台を作ったのは、
演出のフェリム・マクダーモット
歌が進行するオペラではないので、
演出力がものを言います。
多数のジャグラーを登場させて、
ボールやクラブのジャグリングをさせていますが、
これがグラスの反復音楽とよく合います。
(時々ボールやクラブを落とします。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

また、編成にヴァイオリンがなく、
ヴィオラの第一奏者がコンサートマスターをつとめるのも異例で面白い。

アクナーテンを演ずるのは、
カウンターテナーのアンソニー・ロス・コスタンゾで、

クリックすると元のサイズで表示します

音域が同じメゾソプラノのジャナイ・ブリッジス(ネフェルティティ役)との
二重唱が聴かせます。

また、アメンホテプ3世の亡霊役の
ザッカリー・ジェイムズ
歌わない語り役で、
朗々とした声を会場に響かせます。
出演者の中に、
ホルエムヘブやアイという人物が登場しますが、
この二人はツタンカーメンの次とその次の代のファラオで、
ちょっと歴史の知識が必要です。
なお、ホルエムヘブによって、
アクエンアテン、スメンクカラー、ツタンカーメン、アイ
の4代に渡る王の名前が
歴代のファラオの王名表から削除されてしまいました。

古代エシプトを現代音楽で描くユニークなオペラ。
METの新分野への挑戦は旺盛です。

ただ、やはり、歌でドラマを進めてほしかった。
だって、オペラなんですから。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/dITEAGbceRA

リハーサル映像は↓をクリック。

https://youtu.be/Y2YmAI1xrPI

稽古映像は↓をクリック。

https://youtu.be/FKPy_CDNbzU


アクエンアテンについては、
↓のエジプト考古学博物館を訪れた時のことを参照。

エジプト考古学博物館

また、アマルナにいた人々がエジプトを脱出して、
一神教を奉ずるユダヤ人になった、
という驚天動地の説をとなえたフロイトの本は、↓をクリック。

モーセと一神教





AutoPage最新お知らせ