豆まき  わが町・浦安

今日は節分
浦安市内の各神社で豆まきが行われるというので、
行ってみました。

まず、ここ、清瀧弁財天

クリックすると元のサイズで表示します

明治44年(1911年)6月14日、
二人の村人が、
一番堤防から西へ少し離れたところを、
一匹の白蛇が松の根元にある
穴の中に消えていくのを見かけました。
驚いた二人は、行者に伺いをたてたところ
「その白蛇は、弁財天のお使いである。」と告げられました。
そこで二人は弁天市という大工に依頼し、
祠堂をつくり、弁財天を祀りました。

後、暴風雨により流されたり、
大津波により倒壊、漂着したり、
地盤沈下により水没した後、
昭和55年、江東区深川の「冬木弁財天」をモデルに
新しい拝殿が建設されました。

という、波瀾に富んだ物語のある弁財天。

クリックすると元のサイズで表示します

これが拝殿。

クリックすると元のサイズで表示します

拝殿は池に囲まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

裏手には、大津波の慰霊碑があります。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手水舎(ちょうずや)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日は豆まきと
子どもへのお菓子の贈呈があるので、

クリックすると元のサイズで表示します

このように、沢山の親子連れが集まって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

世話役さん、大忙し。

クリックすると元のサイズで表示します

拝殿内の行事が済むと、

クリックすると元のサイズで表示します

豆まきはあっさり終わり、

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよお菓子のプレゼント。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

世話役さんが手渡しします。

クリックすると元のサイズで表示します

みんな、「ありがとう!」と大きな声で。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

配付はこどもだけ。
先着350人。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

保育園の園児も集団で。

クリックすると元のサイズで表示します

少し残りましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

ぽつりぽつりと遅い子どもがやってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

世話役さんたち、ご苦労様でした。

クリックすると元のサイズで表示します

清瀧神社は、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まだ準備中。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中に、映画「メランコリック」の舞台となった松の湯があります。

クリックすると元のサイズで表示します

「メランコリック」については、↓をクリック。

「メランコリック」

最後は稲荷神社

クリックすると元のサイズで表示します

元禄2年(1689年)に、
武蔵國小岩村(現在の東京都江戸川区小岩町)の善養寺から
移し祀ったものといわれています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここの豆まきは有名らしく、
隣の市立幼稚園には、こんなに沢山の自転車が。

クリックすると元のサイズで表示します

手水舎には、

クリックすると元のサイズで表示します

ここにも竜の頭が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いかにも日本の神社の風景。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

境内の一角には、舞台が作られており、

クリックすると元のサイズで表示します

豆まきの準備が整っています。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台の前には、かなりの人が。

クリックすると元のサイズで表示します

みんな袋や箱を用意して、
まかれたものを拾う気満々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

拝殿での行事が終わり、

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、舞台へ。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台の人が揃うと、

クリックすると元のサイズで表示します

宮司さんを先頭に、
豆まき開始。

クリックすると元のサイズで表示します

一斉に箱や袋をあげて受け止めます。

クリックすると元のサイズで表示します

年男、年女なら、豆まき人になれるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

豆が終わると、今度はお菓子をまきます。

クリックすると元のサイズで表示します

子どもたちは,これがお目当て。

クリックすると元のサイズで表示します

沢山取りましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

次に何か小さいものをまくので、
見ると、お金です。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、一挙にヒートアップ。
ゲンナマの力は大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

子どもも大人も夢中。

クリックすると元のサイズで表示します

私の足元にも転がってきたので、
拾うと50円玉でした。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台には、豆が散乱。

クリックすると元のサイズで表示します

地面には、砕けた豆が。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、狂乱の20分間は終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、近所の子どもたちは、
楽しみにしているのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、神社の豆まきを見るのは、初めて。
面白い日本の習慣だと思いました。





AutoPage最新お知らせ