映画『巡礼の約束』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

珍しいチベット人監督による映画。

チベット山間部にある村で
夫ロルジェと、介護の必要な義父と暮らすウォマは、
病院からある診断を得て帰った日、
ラサまで巡礼に行きたいと申し出る。
しかも、五体投地で行きたいという。
最初は反対していたロルジェだが、
妻の決意の固さに最後には折れる。

クリックすると元のサイズで表示します

出発前に実家に戻ったウォマは、
祖父母と暮らす、死別した前夫との息子ノルウに会うが、
反抗期のノルウは心を閉ざして口をきこうとしない。

クリックすると元のサイズで表示します

長い時間をかけてラサに向かう妻を心配して、
老父を人に預けたロルジェは
妻に追いついて一緒に旅をする。
やがて、息子のノルウもやって来て、
わだかまりを抱えた親子3人の奇妙な旅が続く。

クリックすると元のサイズで表示します

ラサはチベットの首都で、
「神の地=聖なる地」を意味し、
チベットの人々が一生に一度は巡礼することを夢に見る聖地。
ポカラ宮という世界遺産の寺院があり、
チベット人の心のふるさとだ。

クリックすると元のサイズで表示します

五体投地とは、
両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈る、
仏教で最も丁寧な礼拝の方法。
五体投地の巡礼は、
この方法で礼拝しながら、
3歩進んで、礼拝を繰り返す巡礼方法で、
1日5キロしか進めない。
映画の出発点の村からラサまでは2000キロほどあるから、
目的地に着くのは1年以上かかる。

クリックすると元のサイズで表示します

夜はテントを張って野宿し、煮炊きして食事をする。
荷物を持って従う付き添い人が付くが、
ウォマは、若い付き添いの娘に途中で逃げられてしまう。
そうすると、荷物を先に運んで、
戻って五体投地をしなければならず、
かかる時間は更に延長する。

やがて、妻が巡礼に出た理由が明らかになり、
この時期に巡礼をしたがった理由も判明する。
夫は妻の意思を継いで五体投地の巡礼を引き継ぐ。
そして、母ロバの死により
ひとりぼっちになった仔ロバが加わる・・・

クリックすると元のサイズで表示します

妻の思い、夫の思い、そして息子の思いが交錯し、
それがチベットの自然の中で展開する。
切ない
こんな夫婦のあり方、
こんな親子のあり方があるのか、と思いながら、
実は、世界のあらゆる場所である出来事だと思う。
そして、チベット仏教の奥深さ。
ロルジェは、僧にある儀式を依頼するが、
そこで分かる妻の亡き夫への思いに胸が震える。
そこでしたある行為が
息子の手で覆る事実が、
ラサの直前で判明する残酷さ。
時間が止まったようなチベットという風土の中で描かれる、
家族の、夫婦の、親子の物語。

ロルジェを演ずるのは、チベット人歌手のヨンジョンジャ
監督にこの企画を持ち込んだところ、
あなたが主演をしてくださいということで、
説得されて夫役を務めた。
妻ウォマ役は人気女優ニマソンソン

クリックすると元のサイズで表示します

息子役にスィチョクジャ

クリックすると元のサイズで表示します

監督は「草原の河」(2015)で注目されたソンタルジャ

クリックすると元のサイズで表示します

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/S1tJuNydQzU

3月20日まで岩波ホールで上映中。

五体投地の映像は↓をクリック。

https://youtu.be/FEfbvSQd0JI

端から見れば、普通に歩いて行けばいいのに、
と思う不合理きわまりないものだが、
宗教とは、元々不合理なものだ。
ダン・ブラウンの小説「オリジン」で、
次のようなセリフを読んで衝撃を覚えた。

「われわれは自分たちを合理的で新しい人間だと思っていますが、
最も広く信じられている宗教は
荒唐無稽な話もたくさん認めています。
──不可解にも生き返る死者や、
処女が妊娠する奇跡や、
疫病や洪水で人々を罰する神や、
死後には雲ひとつない天国か
炎の燃えさかる地獄へ行くという約束などを」

巡礼というものは、現代的視点から見れば不合理そのもので、
四国遍路も、その一つといえよう。
チベットでは約束を口にしたら、
必ず守らなければならないという厳しい心構えがあるそうで、
巡礼も途中でやめたら、恥になるという。

もし、私が始めたとしても、
おそらく半日で断念するだろう。

タグ: 映画

世界で最も健康な国ランキング  耳より情報

ブルームバーグの最新の「健康な国」指数ランキング(2019。隔年に調査)。
調査は1691の国を対象に実施。
平均寿命などに基づいてスコアを算出し、
喫煙や肥満といったリスク要因は減点した。
公衆衛生やきれいな飲料水といった
環境要因も考慮に入れている。

その結果、
トップ10のうち
6カ国をヨーロッパの国が占めた。

エキストラバージン・オリーブオイルやナッツを多用する
「地中海食」は他に比べて、
心血管疾患の発生率が低いと言われていて、
国の地理がランキングに影響している可能性もありそうだ。

ランキングは次のとおり。


1位 スペイン

クリックすると元のサイズで表示します

ワシントン大学によると、
スペインの平均寿命は
2040年までに
世界で最も長くなる見込みだ。
欧州連合(EU)ではすでに一番長い。
今後はパエリアとガスパチョが
健康的な食事としてトレンド入りするかもしれない。


2位 イタリア

クリックすると元のサイズで表示します

恵まれた天候と豊かな自然で知られ、
世界有数の健康的な食生活を送っていると考えられる。
イタリアは平均寿命も長く、
中でも生活の質が高いサルデーニャ島は「ブルーゾーン」と呼ばれている。


3位 アイスランド

クリックすると元のサイズで表示します

平均寿命は長く、
その北欧式の福祉制度は公的医療制度のモデルとされている。
公衆衛生が素晴らしい。


4位 日本

クリックすると元のサイズで表示します

シンガポールを抑えて、アジアで最も健康な国となった。
魚や米を使う和食が、
日本を世界有数の平均寿命の長い国にしている。


5位 スイス

クリックすると元のサイズで表示します

山に囲まれたスイスは、
湖や川など自然の美であふれ、
ハイカーにとって夢の場所となっている。
さまざまな果物や穀物を食べ、
アクティブかつスポーティーな文化を持つことが、
スイスのトップ10入りを支えている。


6位 スウェーデン

クリックすると元のサイズで表示します

医療制度にGDPの約12%を投資している。
これは世界で最も高い数字だ。


7位 オーストラリア

クリックすると元のサイズで表示します

スポーツ文化が根付いた、
アウトドアの活動を楽しむには最高の場所だ。


8位 シンガポール

クリックすると元のサイズで表示します

アジアの中でも平均寿命が長く、
医療制度も高く評価されている。


9位 ノルウェー

クリックすると元のサイズで表示します

2015年の時点で、
国民1人あたりの看護師および助産師の数が
ヨーロッパで最も多かった。
ただし、49歳以下の薬物の過剰摂取率や自殺率は
北欧諸国の中で最も高かった。


10位 イスラエル

クリックすると元のサイズで表示します

地中海食の素晴らしさに加え、
世界保健機関(WHO)の2017年のデータによると、
イスラエルの平均寿命は82.9歳と
世界で8番目に長い。


11位 ルクセンブルク
12位 フランス
13位 オーストリア
14位 フィンランド
15位 オランダ

16位 カナダ
17位 韓国
18位 ニュージーランド
19位 イギリス
20位 アイルランド

21位 キプロス
22位 ポルトガル
23位 ドイツ
24位 スロベニア
25位 デンマーク

26位 ギリシャ
27位 マルタ
28位 ベルギー
29位 チェコ
30位 キューバ

31位 クロアチア
32位 エストニア
33位 チリ
33位 コスタリカ
35位 アメリカ

36位 バーレーン
37位 カタール
38位 モルジブ
39位 レバノン
40位 ポーランド

41位 モンテネグロ
42位 ボスニア・ヘルツェゴビナ
43位 アルバニア
44位 ブルネイ
45位 スロバキア

46位 アラブ首長国連合
47位 ウルグァイ
48位 ハンガリー
49位 オマーン
50位 パナマ

51位 トルコ
52位 中国
53位 メキシコ
54位 アルゼンチン
55位 セルビア

56位 マケドニア


ロシア、ブラジル、インド、エジプトなどは影も形も出て来ない。



小説『罪と祈り』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

貫井徳郎による、
西浅草を舞台とした
犯罪と友情の物語。

元警察官の濱仲辰司(はまなかたつじ)の死体が隅田川で発見される。
死体は辰司の息子の濱仲亮輔(りょうすけ)が確認した。
頭に殴打の跡が見受けられ、
殺人事件として捜査本部が立てられる。
捜査員の一人、芦原堅剛(けんごう)は亮輔の幼馴染で、
幼いころに父親を自殺で亡くしたため、
辰司が第二の父のような存在である。
それどころか、
町のお巡りさんとして慕われた辰司に憧れて
警察官になったという前歴を持ち、
亮輔とは義兄弟のような間柄だった。

亮輔は父親のことを何も知らなかったことに気づき、
父親の過去について聞いてまわる。
亮輔は父親の心の中に閉ざされた部分があり、
それが何なのかを知りたかったのだ。
調べていく中、
堅剛の父であり、
辰司の親友でもあった智史(さとし)の謎の自殺が
父親の人生に影を落としていたのではないかと推察する。

亮輔は父親の遺品の中から二つのスクラップを発見する。
一つはバブル時代に
土地を売って移転した夫婦の育児放棄と自殺事件。
もう一つは、当時起こった児童誘拐事件。
この誘拐事件は、
身代金が奪われ、犯人も逮捕されなかったという
日本犯罪史上に残る事件だった。

物語は亮輔と堅剛の現代の話と
辰司と智史の28年前の話が交互に展開する。
堅剛の捜査と亮輔の独自捜査が進む中、
ある事実が判明してくるのだが・・・

特色としては、
バブルの時代、
古き良き町であった西浅草が地上げ屋によって
金と力により変えられていった背景。
もうひとつは、
誘拐事件が昭和天皇の崩御にあわせて計画され、
大葬の儀の当日に身代金の受け渡しが行われていたこと。
全国から警官が警備に駆り出された結果、
誘拐事件に関わっていられないという
間隙を縫って犯罪が行われたことだ。

昭和が終わり、平成に変わる狭間での凶悪事件が
最後に暴かれる。

ただ、いくつかの穴がある。
辰司の司法解剖の結果、
溺死と判明していたのなら、
捜査の方針が変わっていたはず、という点。
また、そうであるなら、
犯人の罪状は傷害致死ではなく、
単なる傷害罪になるはずだということ。

作者は途中で気づきながら、
あえて触れなかった形跡がある。

二代にわたる物語で、
構成も凝っていながら、
最後は、過去の罪が
白日のもとにさらされたのかどうか不明など、
もやもや感は読者に残る。

誘拐事件の犯人たちの動機も短絡的で共感できない。
辰司の事件の方も、
真相には納得できない。
登場人物の心の中も十分描かれているとは言えず、
作られた構造によって
作られた人間関係がいかにも不自然で、
文章も乱暴だ。

ただ、大葬の儀と誘拐事件をからませた着想は瞠目した。


映画『1917 命をかけた伝令』  映画関係

昨日のこと。
午後から池袋に出掛けました。

クリックすると元のサイズで表示します

何年ぶりでしょう。
サンシャイン通りを通って、

クリックすると元のサイズで表示します

ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

グランドシネマサンシャイン
去年オープンしたばかりで、初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターが1台しかないので、
エスカレーターで。
12階までは時間がかかります。

クリックすると元のサイズで表示します

12階からの池袋の町。

クリックすると元のサイズで表示します

12階にはアイマックスシアターがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

高さ18.9メートル、幅25.8メートルは、
国内最大級。

クリックすると元のサイズで表示します

座席数は国内最大で、542席

クリックすると元のサイズで表示します

プレミアクラスの席は1500円増し。

クリックすると元のサイズで表示します

最後席のグランドクラスの席は3000円増し。

クリックすると元のサイズで表示します

最前列のフラットシートは、追加料金なしに観れます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで観たのが、↓の映画。
既に1度観ていますが、
久しぶりにアイマックスで観たくなって、
都内では最も大きいスクリーンにやって来ました。


[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

1917年、第1次大戦が始まって3年のフランス。
イギリス兵のブレイクとスコフィールドに
特別任務が与えられる。
前線にいるイギリスの大隊が、
退却したドイツ軍に明日、追撃をかける。
だが、航空写真の分析により、
それがドイツ軍の罠だと気づいた司令部は、
作戦の中止を決定する。
しかし、前線への通信手段は途絶えているため、
作戦中止命令を伝える伝令になれというのだ。
突撃を中止しないと1600人の大隊が全滅する。
その中にはブレイクの兄もいる。
2人の若い兵士は命令を伝えるべく、
戦場に走り出していく。

クリックすると元のサイズで表示します

この2名の兵士に寄り添って、
カメラが随行する。
映画が始まってすぐ、それはワンカットで進行することが分かる。

私はワンカットの長回しが好物だ。
以前、その理由を次のように書いた。

なぜワンカットが好きかというと、
まず監督の「挑戦」という志。
そして、それに対する周到な準備。
入念な打ち合わせ、繰り返されるリハーサル。
撮影が始まると、終るまでの緊張感。
自分の出番が来るまで待機し、
計画通りに役割を果たした後の充足感。
テイクが完了した時の高揚感と達成感。
そうしたものを想像しただけで、胸が高まるからである。

既にワンカットの映画は沢山あるが、
この「1917」は、
戦場が舞台。
たいていのワンカット映画が屋内で展開し、
人数もそれほど多くないのに対し、
「1917」は、ほとんどが野外で、
しかも、おびただしい人数が登場する。

クリックすると元のサイズで表示します

塹壕の中を進む2人の兵士。
それをカメラが前になり、後ろになり、追いかける。
途中、塹壕で息をひそめる兵士や
野原にうずくまる兵士たち。
それがことごとく演技をする。
2人の兵士は、
退却後のドイツ軍の塹壕に入り、
そこで罠の爆発に巻き込まれる。
到達した村の納屋では
空中戦で落ちて来たドイツの飛行機の墜落にあい、
トラックに乗せられた兵士は、
落とされた橋の細い板を渡り、
建物の中でドイツ兵に撃たれる。
夜になって目がさめた彼は
燃える街区を歩き、フランス女性を助け、
銃撃を受け、川に転落する。
大隊と遭遇したスコフィールドは、
突撃作戦が始まり、爆弾が炸裂する戦場を走り抜け、
司令部に到着するが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

という、様々な出来事がワンカットの映像で描かれる。
すさまじい緊張感が続き、
観客に戦場を疑似体験させる。
この臨場感を持続させるには、
カットつなぎではだめで、
ワンカットが必然だと分かる。
つまり、表現したいものと
表現様式が一致
しているのだ。
ワンカットのためのワンカットではない。

ただし、正確にはワンカットではなく、
「ワンカット映像」。
途中、少なくとも4回くらいつないでいる。
しかし、ワンカットを続けるカメラがどう動いたか、驚異だ。
たとえば、ドイツ軍の飛行機が墜落するシーンは
どんな打ち合わせで、どんなきっかけで、
どうやって不時着させたのか。
その後のつなぎもよどみない。
トラックにはいつの間にかカメラが乗り込み、
また、降りる。
橋を渡るシーンでは、カメラが兵士の足をとらえ、
橋を横切り、川を渡る。
滝に墜落した兵士をずっと追い続け、
陸に上がるところまでついてまわる。
そして、最後には塹壕から戦場に飛び出し、
爆発の中走り抜ける兵士を追う。

クリックすると元のサイズで表示します

当然カメラはステディカム。
カメラマン用の通路が整備されていたのだろう。
また、映らない所にクレーン用の道路が舗装されており、
要所でカメラをクレーンに取り付け、
別な場所でクレーンから外してを兵士に付き添ったのだろう。
そうでないと、終盤、
塹壕にひしめく兵士たちを上からなめるように
映し出す撮影は不可能だ。

カメラの動きを伝える映像は、↓をクリック。

https://youtu.be/Y7bxPBLbTks

このように、監督の「たくらみ」を実現させる
驚異の技術力。
どれだけリハーサルし、どれだけ修正したか。
どれほど一人一人の兵士に演技を指導したか。
苦労がしのばれる。
まさに映画でしか表現できない、
映画の中の映画
労作中の労作。

クリックすると元のサイズで表示します

映像美といえる場面も多い。
夜の燃える街区。

クリックすると元のサイズで表示します

照らす照明弾。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、川を流される兵士の上に降り注ぐ白い花びら。
それに、塹壕や戦場を造形した美術スタッフの努力。

クリックすると元のサイズで表示します

本来なら2019年のアカデミー賞作品賞は、
この作品に与えられ、
監督賞もサム・メンデスに授与されるべきだったと、
つくづく感ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

5段階の「4.5」。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/GyGosOlFlZE

拡大上映中。



世界で最も強い国ランキング  耳より情報

毎度おなじみ、
米誌「USニューズ&ワールドレポート」が、
世界で最も「強い」国のランキングを発表した。

このランキング」は、
USニューズ&ワールドレポートが毎年発表している
「ベストカントリー(最高の国)」ランキングの一部。
世界の約2万1千人を対象に行ったアンケート調査の結果から、
政治力、経済力、軍事力、国家としての影響力
を総合して決定されたもの。

「最高の国ランキング」は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20200207/archive

「世界で最も強い国ランキング」は、下記のとおり。

第1位 アメリカ

クリックすると元のサイズで表示します

世界最強の国の座を2020年も守った。
世界で最も強大な経済力と軍事力を誇る。
映画やテレビ番組、音楽など文化面でも
世界に大きな影響を与えている。


第2位 ロシア

クリックすると元のサイズで表示します

北アジアから東欧まで広がる国土面積は世界1位で、
2位カナダの2倍近い。
12カ国以上と国境を接し、
領海は日本とアメリカに接する。


第3位 中国

クリックすると元のサイズで表示します

世界で最も古い文明を育み、
現在では世界で最も人口が多い国であり、
国土面積では世界で3番目に広い国。


第4位 ドイツ

クリックすると元のサイズで表示します

世界で最も強い経済をもつ国の1つで、
東西ドイツの統一以降、
国際社会の連帯を深める上での役割は着実に大きくなってきている。


第5位 イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

きわめて発展を遂げた国で、
経済、政治、科学、文化……
あらゆる分野で世界の国々に影響力を発揮してきた。
EUからの離脱を決めた国民投票は、
イギリスが世界でこれまでのような役割を果たせるか、
不安を生じさせるものだ。


第6位 フランス

過去から現在に至るまで、
フランスが世界に与えた影響の大きさははかり知れない。
王政、帝政をへて共和制に移行し、
世界で最も早く個人の権利を擁護した国の1つだ。


第7位 日本

USニューズ&ワールドレポートは、
「世界で最も洗練され、技術発展の進んだ国の1つ」と評する。


第8位 イスラエル

国土は狭いものの、
国際問題に重要な地位を占めるという意味で、
影響力が大きい。
経済力も強い。


第9位 韓国

北朝鮮との関係が気がかり。


第10位 サウジアラビア

国土面積の広さ、イスラム教の中心としての重要性から、
USニューズ&ワールドレポートは「中東の巨人」と呼んでいる。


第11位 アラブ首長国連邦(UAE)
第12位 カナダ
第13位 スイス
第14位 インド
第15位 オーストラリア

第16位 トルコ
第17位 イタリア
第18位 カタール
第19位 スペイン
第20位 スウェーデン

第21位 オランダ
第22位 シンガポール
第23位 ノルウェー
第24位 ブラジル
第25位 エジプト





AutoPage最新お知らせ