映画『リチャード・ジュエル』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

アトランタオリンピックの時に起こった
爆破テロを題材にした実録ドラマ。

1996年7月27日、
五輪会場近くの公園の音楽イベントで、
警備員のリチャード・ジュエルはベンチの下に爆発物を発見。
聴衆を避難させる途中で爆発し、
2人の死者と100人以上の負傷者を出す大惨事となった。
しかし、リチャードのおかげで
多くの人たちが爆発前に避難でき、
マスメディアは爆発物の第一発見者である
リチャードを英雄として持ち上げ、
母は息子を誇りに思った。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、FBIは違った。
爆弾犯のプロファイリングに合致することから、
リチャードに疑いの目を向け、
不法な尋問を行った。
[プロファイリング・・・
 過去の犯罪のデータベースを基に、
 犯人の動機や行動パターンを推理・分析し、
 犯人像を割り出す方法。]

クリックすると元のサイズで表示します

その上、捜査官が
特ダネを焦る記者に情報をもらしたため、
地元紙が
「FBIはリチャードが爆弾を仕掛けた可能性を疑っている」
と報じた。
一転して英雄は爆弾犯としてマスメディアの標的となり、
全米から疑いの目を向けられるようになる。

クリックすると元のサイズで表示します

FBIはリチャードの自宅に家宅捜索に入り、
あらいざらい(冷蔵庫のタッパも母親の下着も)持ち出してしまう。
クリックすると元のサイズで表示します
ジュエルはかつての職場で知り合った
弁護士ワトソン・ブライアントに連絡を取り、
ワトソンと共にこの理不尽な状況と対峙していくが・・・

という経過を実にていねいに描く。
FBIがリチャードに目を付けたのは、
かつて法執行者だった彼が
規則に厳格なあまり、悶着を起こしていたこと、
銃器収集家だったこと、
両親の離婚歴などがあるが、
何よりも注目点は容貌にあった。

クリックすると元のサイズで表示します

リチャードは太っており、
その結果、コンプレックスと孤独の固まりで、
世間の注目を浴びたくて爆弾事件を起こしたという
固定観念と先入観があったのだ。
それはマスメディアも同様だった。

弁護士もリチャードが犯人である可能性を捨てきれず、
何度も本人に確認、
爆弾設置現場から犯人がかけた公衆電話までの
徒歩時間からリチャードがやっていないと判断しながらも、
最後は、嘘発見器まで持ち出す。
その結果、診断者から「1パーセントの可能性もない」
と言われて、ほっとする有様。

特ダネをものにした女性記者は、
弁護士がしたと同じ方法で
爆弾設置現場から公衆電話までの経過時間から
リチャードはシロだと判定するが、
それで訂正記事を書くわけでもない。
リチャードの母の記者会見を聞いて涙を流しているにもかかわらず、
自分の非は認めない

捜査官も同じで、
「容疑対象から外す」という文書を届けながらも、
リチャードはクロだと断言する。

メディアと政府は誤りを認めない
それは、権威が崩れてしまうためだ。

FBIが一度目をつけたら、
犯人に仕立ててしまう恐ろしさ。
訓練と称してリチャードに署名させようとする卑怯さ。
メディアも恰好の餌食とばかりに
一人の男に襲いかかる。
その政府とメディアという二つの権力
立ち向かった一人の市井の人の記録だ。

監督はクリント・イーストウッド
40本目の作品。
今年90歳を迎えるクリントの創作意欲に敬服する。
ここのところ1年に1本、新作を発表している。
リチャードを演ずるのは、
脇役専門のポール・ウォルター・ハウザーが初主演。
かつて法執行官だったという誇りに捕らわれている一人の孤独な男を好演。
しかも、本人↓に似ている。

クリックすると元のサイズで表示します

どうして俺に弁護を頼んだ、というワトソンの問いかけに、
かつての職場でワトソンだけが
リチャードを馬鹿にせず、人間として扱ったくれた、
という言葉に彼の孤独が滲む。
なぜ怒らない、というワトソンの詰問に
「怒っているにきまっている」と怒りを爆発させる哀しみ。
アカデミー賞にノミネートされなかったのが不思議だ。

弁護士はサム・ロックウェル

クリックすると元のサイズで表示します

母親はキャシー・ベイツ

クリックすると元のサイズで表示します

記者会見の場面は素晴らしい演技を見せる。
アカデミー賞助演女優賞にノミネート

事件から7年後、
真犯人が逮捕され、
ジュエルの容疑は完全に晴れたが、
その4年後の2007年、糖尿病の合併症で死去。
44歳だった。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/9J8OqAeAwic

拡大公開中。

日本でのメディアリンチ事件としては、
松本サリン事件三億円事件の報道がある。
その件は、明日。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ