実録『ぼけますから、よろしくお願いします。』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

人を食ったような題名だが、
これは、筆者のフリードキュメンタリー作家・
信友直子さんの母親が
実際に言った言葉。
2017年の1月1日、
午前0時に年が変わった瞬間、
「あけましておめでとう」という新年の挨拶の後に、
「今年はぼけますから、よろしくお願いします」
と言ったのだという。

実は、その挨拶以前に、
母親には、認知症の症状が出ていた。
そのぼけの進行状況を
信友さんはビデオカメラに収録し、
情報番組の特集で放送した。
更に、再編集して映画にし、
2018年には映画館で公開している。

クリックすると元のサイズで表示します

この本は、母親の認知症の進行状態と、
父親の母親への老老介護の様子、
更に、介護サービスの現状を見つめ、
テレビ、映画で公開した娘の
内面の葛藤をつづる記録なのだ。

父親は現在98歳、母親は90歳。
母親がアルツハイマー型認知症と診断されたのは、
2014年のことだった。
信友さんが母親について異常を感じたのは、
それより1年半ほど前のこと。
娘は映像制作の仕事で東京暮らし。
電話のやり取りと帰郷時の様子で
母親の症状を心配した信友さんが診断を勧め、
2度目の診断で認知症と分かった。

冒頭、信友さんは、このように書く。

認知症になった人は、
ぼけてしまったから
病気の自覚もないのでは?
と思われる方もいるかもしれませんが、
実は本人が一番苦しんでいます。
母をずっと側で見てきた私が言うのだから間違いありません。
自分がおかしくなってきたことは、
本人が一番わかっているのです。
昔、できていたことが
なぜできないのか。
自分はこれからどうなってしまうのか。
家族に迷惑をかけてしまうのではないか・・・
認知症の人の心の中は、
不安や絶望でいっぱいです。


クリックすると元のサイズで表示します

不安にとらわれた母は変わってしまう。
物事を否定的に捉え、
自分を拒絶する。
そういう母親を支えたのは、
8歳年上の父で、
このお父さんの描写がなかなか男らしい。

戦争のために自分のしたいことができなかった父は、
その無念さを一人娘に向け、
やりたいことをさせたという。

「わしはやりたいことが結局やれんかった。
それが無念で仕方がない。
娘にはそういう思いは絶対させとうない。
あんたは自分の好きなことをやりなさい」


と、娘が上京することも、
映像作家になることも支持した。

認知症が進む母親の姿を
ドキュメンタリーとして放送することに対しても、
両親は反対していない。
映画として公開することも容認する。
それは一点、
「直子に任せておけば、悪いようにはしない」
という母の信頼によるものだった。

クリックすると元のサイズで表示します

老老介護の現状は、
「夫婦引きこもり」同然だったが、
介護サービスを受けるようになって一変する。

このあたりは、私も認識を新たにした。
デイサービスと称して、
老人が集まって、ゲームなどするのはまっぴらだ、
と思っていたのが、
それには、ちゃんと理由があった。
実家の近くにある「包括支援センター」の
女性職員のひと言がそれだ。

「今のお母さんには、外に出て気分転換することか必要です」

老老介護で家にひきこもり、
外からの刺激がなくて、
内にこもる生活では、
本人の気持ちもふさぐ一方で、
認知症も進むというのだ。
                                        
「デイサービスは、
半日の間にいろんなメニューが組まれているんですよ。
お風呂に入りましょう、
次は折り紙をしましょう、
こんなゲームをしましょう、
とたくさんスタッフからの指示が出ます。
それをこなしていると、
私はおかしいんじゃないか、
なんてよけいなことを考える暇がなくなります」
そしてなによりいいのは、
みんなで体操をしたり、歌を歌ったりと、
様々なレクリェーションがあるので、
新しい交友関係ができたり
身体や脳にいろんな刺激を受けたりして
認知症が進みにくくなることです、と言われました。
「人と交流して、
適度な刺激のある生活をすること。
認知症を進ませないためには、
これがぜひとも必要です」


ヘルパーさんの来訪で人と交流する。
これも効果があるのだという。

クリックすると元のサイズで表示します

一度はひきこもり状態になった父と母が、
95歳と87歳という超高齢であっても、
片方は認知症であっても、
再び社会とつながって笑顔を取り戻すことができた──
この事実は、父にとっても私にとっても、
確かな自信と大きな喜びとなりました。


信友さん自身も、そのことで、

「親子三人で引きこもっていたころは、
私も相当鬱っぽくなっていたんだな」


と気づく。
そして、テレビに出た時、
共演した認知専門医のアドバイスのひと言。

「介護はプロとシェアしなさい」

どういう意味かというと、

他人にでできることは
介護のプロの方がうまいんだからプロに任せて、
家族は家族にしかできない、
本人に愛情をたっぷり注いであげることを
自分の本分と割り切りなさい、
ということです。


たとえば入浴介助は、
研修を受けているプロの方が、
コツをつかんでいるから家族よりはるかにうまい。
本人もうまい人にお風呂に入れてもらうと、
安心できるから気持ちいい。
家族がやると、おっかなびっくりだから、うまくいかない。

本人にとっても家族にとっても、
疲れるだけでいいことはひとつもありません。
こういうのはプロに任せた方がいい。
でも逆に「その人を愛してあげること」においては、
どんなカリスマヘルパーさんでも、
家族には絶対かないません。
本人も、ヘルパーさんにどんなによくしてもらっても、
それよりも家族にやさしく接してもらうことの方が断然嬉しい。


なるほどなあ、と思わせることが多い。

現在、母は、脳梗塞で入院中で、
父は毎日病院に行って母の手を握りながら、

「おっ母、早う帰ってこいよ。
おいしいコーヒー淹れちゃるけん、
また一緒に飲もうや」


と声をかけているという。

老いという、どうしようもない現実をつづりながら、
夫婦の愛情と親子の愛情を感ずる本だった。





AutoPage最新お知らせ