映画『ジョジョ・ラビット』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

ヒトラーとナチスとユダヤ人の話は、
あふれるほどおびただしい作品が作られており、
一ジャンルと言ってもいいほどだが、
これは、そのジャンルに新しい光を当てる映画だ。

10歳のジョジョは念願かなって、
ヒトラーユーゲント
(ナチの青少年教化組織で、
後に法律によって国家の唯一の青少年団体となった。
10歳から18歳の青少年全員の加入が義務づけられた)
に参加することになった。
立派な兵士になるための、不安一杯の門出だったが、
ジョジョには想像上の心の友、
アドルフがいて、励ましてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ヒトラーユーゲントの合宿で、
命令通りウサギを殺せなかったジョジョは、
「ジョジョ・ラビット」という
不名誉なあだ名をつけられてしまう。
その上、手榴弾の投擲訓練に失敗して大ケガを負う。

クリックすると元のサイズで表示します

ジョジョはケガが完治するまで奉仕活動を行うことになるが、
亡くなった姉のインゲの部屋の隠し扉の奥に
ユダヤ人の少女エルサが匿われているのを発見してしまう。
実は、母のロージーは
ナチスと戦争に反対する地下活動をしていたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ユダヤ人は悪魔だと教えられて来たジョジョは
パニックに襲われるが、
エルサをリサーチして、
ユダヤ人を壊滅するための本を書くことになる。
聡明なエルサに接触して、
ジョジョは次第に彼女に惹かれていく。
と共に、ユダヤ人は角が生えているとか、
コウモリのようにぶら下がって寝るとかの、
ヒトラーユーゲントの教えが、
事実と異なることにも気づき始める。

戦争は末期を迎え、ジョジョの町にも
連合軍の攻撃が激しくなって来るが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

全体主義の国家で、
人種偏見に満ちた教えを受けた
十代の少年の揺れ動く魂。
罪のないウサギを殺せないという、
ごく普通のやさしさが
嘲笑の対象となってしまうような環境で、
子供心が真実を見抜いていく。

あのチョビ髭男にどうして合理的なドイツ人が
惹かれていったのか不思議だが、
冒頭のナチスの映像にビートルズの曲がかぶさるなど、
一つの熱狂の仕業だと分かる。
麻原彰晃といい、金正恩といい、
傍目からは怪異の容貌の男に
時代が巻き込まれていく。

その象徴的人物を、
ジョジョが心の友としているのがミソ。
アドルフはジョジョ以外には見えない存在で、
ヒトラーそっくりの容貌をしている。
ジョジョを変な方向に導き、
問題が起こるとさっさと逃げ出してしまうような人だ。
エルサとの交流が増えると、
次第にアドルフの出現は少なくなって来る。
それは、国家に洗脳された少年だったジョジョが、
真実に目覚めていく過程だった。

賢い母ロージーは
そんなジョジョを暖かく見守る。
戦時下でも、おしゃれを楽しみ、ダンスを踊り、
豊かで人間らしい暮らしが戻ってくることを切に願う母親。
母子の交流のシーンは心温まる場面だ。
自由を獲得したジョジョとエルサが
何をするか。
見事な幕切れだ。

クリックすると元のサイズで表示します

脚色をし、監督をしたのが、
「マイティ・ソーバトルロイヤル」などのタイカ・ワイティティ
自らアドルフを演ずる。
ヒトラーにはチョビ髭以外は似ていない。
母親を演ずるのは、スカーレット・ヨハンソンで、
アカデミー賞の助演女優賞にノミネート。

クリックすると元のサイズで表示します

ユーゲントの教官にサム・ロックウェル。
親衛隊の追究をかわす、証明書の場面はなかなかの出来。
そして、ジョジョ役には、
何か月も続いていたオーディションを一瞬で終わらせたという、
ローマン・グリフィン・デイビス
ユダヤ人少女エルサには、
ニュージーランド出身の若手女優でトーマシン・マッケンジー

アカデミー賞では、
作品賞、助演女優賞、脚色賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞
6部門にノミネート。

このような映画が作品賞の一角を占めるという、
アカデミーの姿勢を評価したい。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/OtlizKP73YU

拡大上映中。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ