映画『ジョジョ・ラビット』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

ヒトラーとナチスとユダヤ人の話は、
あふれるほどおびただしい作品が作られており、
一ジャンルと言ってもいいほどだが、
これは、そのジャンルに新しい光を当てる映画だ。

10歳のジョジョは念願かなって、
ヒトラーユーゲント
(ナチの青少年教化組織で、
後に法律によって国家の唯一の青少年団体となった。
10歳から18歳の青少年全員の加入が義務づけられた)
に参加することになった。
立派な兵士になるための、不安一杯の門出だったが、
ジョジョには想像上の心の友、
アドルフがいて、励ましてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ヒトラーユーゲントの合宿で、
命令通りウサギを殺せなかったジョジョは、
「ジョジョ・ラビット」という
不名誉なあだ名をつけられてしまう。
その上、手榴弾の投擲訓練に失敗して大ケガを負う。

クリックすると元のサイズで表示します

ジョジョはケガが完治するまで奉仕活動を行うことになるが、
亡くなった姉のインゲの部屋の隠し扉の奥に
ユダヤ人の少女エルサが匿われているのを発見してしまう。
実は、母のロージーは
ナチスと戦争に反対する地下活動をしていたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ユダヤ人は悪魔だと教えられて来たジョジョは
パニックに襲われるが、
エルサをリサーチして、
ユダヤ人を壊滅するための本を書くことになる。
聡明なエルサに接触して、
ジョジョは次第に彼女に惹かれていく。
と共に、ユダヤ人は角が生えているとか、
コウモリのようにぶら下がって寝るとかの、
ヒトラーユーゲントの教えが、
事実と異なることにも気づき始める。

戦争は末期を迎え、ジョジョの町にも
連合軍の攻撃が激しくなって来るが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

全体主義の国家で、
人種偏見に満ちた教えを受けた
十代の少年の揺れ動く魂。
罪のないウサギを殺せないという、
ごく普通のやさしさが
嘲笑の対象となってしまうような環境で、
子供心が真実を見抜いていく。

あのチョビ髭男にどうして合理的なドイツ人が
惹かれていったのか不思議だが、
冒頭のナチスの映像にビートルズの曲がかぶさるなど、
一つの熱狂の仕業だと分かる。
麻原彰晃といい、金正恩といい、
傍目からは怪異の容貌の男に
時代が巻き込まれていく。

その象徴的人物を、
ジョジョが心の友としているのがミソ。
アドルフはジョジョ以外には見えない存在で、
ヒトラーそっくりの容貌をしている。
ジョジョを変な方向に導き、
問題が起こるとさっさと逃げ出してしまうような人だ。
エルサとの交流が増えると、
次第にアドルフの出現は少なくなって来る。
それは、国家に洗脳された少年だったジョジョが、
真実に目覚めていく過程だった。

賢い母ロージーは
そんなジョジョを暖かく見守る。
戦時下でも、おしゃれを楽しみ、ダンスを踊り、
豊かで人間らしい暮らしが戻ってくることを切に願う母親。
母子の交流のシーンは心温まる場面だ。
自由を獲得したジョジョとエルサが
何をするか。
見事な幕切れだ。

クリックすると元のサイズで表示します

脚色をし、監督をしたのが、
「マイティ・ソーバトルロイヤル」などのタイカ・ワイティティ
自らアドルフを演ずる。
ヒトラーにはチョビ髭以外は似ていない。
母親を演ずるのは、スカーレット・ヨハンソンで、
アカデミー賞の助演女優賞にノミネート。

クリックすると元のサイズで表示します

ユーゲントの教官にサム・ロックウェル。
親衛隊の追究をかわす、証明書の場面はなかなかの出来。
そして、ジョジョ役には、
何か月も続いていたオーディションを一瞬で終わらせたという、
ローマン・グリフィン・デイビス
ユダヤ人少女エルサには、
ニュージーランド出身の若手女優でトーマシン・マッケンジー

アカデミー賞では、
作品賞、助演女優賞、脚色賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞
6部門にノミネート。

このような映画が作品賞の一角を占めるという、
アカデミーの姿勢を評価したい。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/OtlizKP73YU

拡大上映中。

タグ: 映画

ロサンゼルス旅行記Dユニヴァーサル・スタジオ(アッパーロット)  旅行関係

このホテルでは、
朝6時30分から9時30分まで
無料コーヒーのサービスがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーを飲みながら、
ウーバーの車を待ちます。
アメリカなのに、スマホには、日本語で表示が出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

今度も寡黙な運転手で北上。

クリックすると元のサイズで表示します

スマホのカーナビが誘導します。

クリックすると元のサイズで表示します

車種を見ていると、
日本車が多いことに気づきます。
トヨタはもちろんのこと、
ホンダやニッサンが頑張っています。
いつも車で出掛け、長距離走るので、
故障の少ない、燃費のいい日本車が好まれるのでしょう。

ロサンゼルスの町が見えて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ユニヴァーサルシティに。

クリックすると元のサイズで表示します

付属する施設。
ユニヴァーサルシティウォーク。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここの映画館に毎日通ったことがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ほどなくユニヴァーサルスタジオに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

腰を傷めたために、車椅子を借りることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

電動式もありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

混雑の中、人にぶつけてもいけないので、
手押し式にしました。
娘よ、頼む。
40ドルで25ドルは保証金なので、実質15ドル。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから視点が低くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、ハリー・ポッター・ウィザリング・ワールドへ。

クリックすると元のサイズで表示します

ハリー・ポッターの世界が作られています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これが、アトラクション、
ハリーポッターの禁断の旅

クリックすると元のサイズで表示します

ここで驚くべきことが。

ユニヴァーサル・スタジオには
ディズニーランドのようなファストパスはなく、
追加料金を払ってエキスプレスパスというパスをゲットすると、
どのアトラクションも優先的に乗ることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

追加料金は結構高く、4千円から
繁忙期には1万円もすることがあります。

ところが、車椅子で行くと、
優先的に、このエキスプレスパスのレーンに導かれます。

そのための証明書みたいなもの↓。

クリックすると元のサイズで表示します

実際は提示しなくても、車椅子というだけで優先。

悪利用されないのかと思いますが、
(このことは、後日、ディズニーランドでの違いについて書きます。)
とにかく、そういう扱いで、
すぐに乗れました。

このアトラクション、
ライド系では、これ以上のものはないと思われる、
最高峰の出来で、
ハリー・ポッターと共に、
空を飛ぶ体験を味あうことが出来ます。

その動画を見たい方は、↓をクリック。

ハリー・ポッターと禁断の旅

次は、シンプソンズ・ライド

クリックすると元のサイズで表示します

これも優先扱い。

ここは以前、バック・トゥ・ザ・フューチャー・ライドがあった場所で、
その仕掛けをそのまま活用してのアトラクション。
仕組みは、車に乗った状態で、
巨大スクリーンに映る映像を、
連動した動きで見るもの。
これもすごい。

動画を見たい方は、↓をクリック。

シンプソンズ・ライド

土産物店には、シンプソンズのグッズが沢山。

クリックすると元のサイズで表示します

バック・トゥ・ザ・フューチャーのグッズもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スタジオ・ツアー

クリックすると元のサイズで表示します

このようなトラムに乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

スタジオ内を見てまわります。

クリックすると元のサイズで表示します

以前は、途中下車もしましたが、
今では、乗ったまま。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろなオープンセットを見てまわります。

クリックすると元のサイズで表示します

おお、これは、

クリックすると元のサイズで表示します

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の時計台のセット。

この中に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

キング・コングの3D映像が見られます。

動画を見たい方は、↓をクリック。

キング・コング

ここは、ニューヨークの地下鉄のセットで、
大地震が起こり、
火を噴き、水が襲ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

動画を見たい方は、↓をクリック。

大地震

ここでは、あの映画を体験。

クリックすると元のサイズで表示します

火が起こり、

クリックすると元のサイズで表示します

ジョーズが襲います。

クリックすると元のサイズで表示します

動画を見たい方は、↓をクリック。

ジョーズ

あれ、これは、どこかで見たような。

クリックすると元のサイズで表示します

この建物と合わせると、

クリックすると元のサイズで表示します

そうです、「サイコ」のベイツ・モーテルです。
写っているのは、ノーマン・ベイツ役の役者さん。
部屋から死体を車に運び、

クリックすると元のサイズで表示します

トラムの客に目撃されたことに気付くと、

クリックすると元のサイズで表示します

包丁を持って近づいてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、斬りつける。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、面白い趣向でした。

動画を見たい方は、↓をクリック。

サイコ

これは、墜落した飛行機のセット。

クリックすると元のサイズで表示します

この中では、「ワイルド・スピード」の映像ショーが。

クリックすると元のサイズで表示します

これも、相当すごい。
動画を見たい方は、↓をクリック。

ワイルド・スピード

という1時間でいろいろな映画を体験できるツアーでした。
オーランドや大阪では
単独のアトラクションとしてあるものが、
このツアーでは行程に組み込まれています。

スタジオ・ツアーの全貌を見たい方は、↓をクリック。

スタジオ・ツアー

ユニヴァーサル・スタジオは、
↓のように2層になっており、

クリックすると元のサイズで表示します

アッパーロットを終わり
ロウアーロットに向かいます。
それはまた今度。


連作短編集『名残の花』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

江戸が東京に改まって数年後の
能役者たちの行く末を描く。

主人公は、鳥居胖庵(はんあん)。
正しくは鳥居甲斐守忠輝で、
鳥居耀蔵(ようぞう)と言った方が分かりやすい。
水野忠邦の天保の改革の下、
目付や南町奉行として
奢侈を禁じる厳しい取り締まりなどで
当時の人々からは“蝮の耀蔵”“妖怪”とあだ名され、
忌み嫌われた。
後に解任され、
全財産没収の上であちこちに預けられたが、
最後は讃岐丸亀藩に幽閉され、
明治維新の際に恩赦を受けるまでの間、
20年以上お預けの身として軟禁状態に置かれた。
東京(江戸)に戻った時は77歳。

その胖庵が維新後の東京の有様を見て、
嘆くところから物語は始まる。
武士たちが全員解雇され、
髷を切り、ざんぎり頭になっている時、
胖庵は昔のままの服装で大小を差し、
町の人々からは奇異の目で見られる。

その胖庵は十六歳の能役者の見習い・滝井豊太郎と知り合う。
江戸時代、各藩に召し抱えられていた能役者たちも
御一新後は後ろ盾を失い困窮していた。
演ずる機会もなく、
食べるのが精一杯の有様。
豊太郎は金春座(こんはるざ)の地謡方・中村平蔵を師として、
細々と修業を続けているが、将来の希望はない。

かつて豊太郎がこの家の門人になった時、
住み込みの門弟は十指に余り、
通いの弟子が朝から門前に列を成していた。
それが今はどうだ。
がらんとした屋敷に住まうのは師と自分のみ。
通いの門人も目の前の彼が去れば、
あとは物好きな商人がほんの二、三人だ。
誰もかれもが能を捨てて、
どこかに消えてゆく。
なまじかつての一座の隆盛を知っているだけに、
その事実が豊太郎にはひどく不条理に思われた。


明治政府によって演目の制限がされ、
胖庵はかつて自分がした弾圧と重ね合わせて見る。

かつて胖庵自身が行った芝居町への弾圧。
それと同じことが今、
新政府によって始まろうとしている


そして、胖庵は逆に能の世界に近づいていく。

胖庵を前にしての平蔵の言葉。

「このお方はよ。
忌々しいが、俺たちと同じく、
お江戸に置き去りにされちまったお人だ」


能の演目とオーバーラップさせながら
物語は進行する。
時代の変転に遭遇した人々の生き方が描かれる。

新しい時代を受け入れようとする喜十郎は、豊太郎にこう言う。

「この国はこれから、どんどん変わってまいります。
古きものは押し流されて消え、
やがては欧米の諸国にも負けぬほど、
国は富みましょう。
知れ切った繁栄を前に、
そなたやあの亮輔は
なおも価値のなきものにしがみつき続けるのですか」
「国が・・・国が富み栄えて、それで何になります」
豊太郎には、政(まつりごと)なぞよく分からない。
しかしながら、
守りたいと思うものを捨てねば手に入らぬ繁栄が、
果たして人に必要なのか。
胖庵は守るべき江戸を失ってもなお、
皆目、己を曲げようとしない。
平蔵は金春座の衰退を嘆きつつも、
一座の芸を磨くことに邁進している。
そんな彼らが不幸だとは、
豊太郎は微塵も思わない。
世が濁ってもなお、
老いた身を奮って澄み続ける彼らは、
憎しみに濁る喜十郎より
はるかに幸福なはずだ。


明治維新という時代の変転の中に、
滅びゆく能をぶち込み、
更にかつては弾圧した鳥居耀蔵を配するという、
なかなかのアイデアだが、
物語として、弾まず、
あまりうまくいっているとは思えなかった。

なお、丸亀時代の鳥居耀蔵を扱った小説に
宮部みゆきの「孤宿の人」がある。
その紹介ブログは、↓をクリック。

「孤宿の人」


映画『フォードvsフェラーリ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

1966年のル・マン24時間耐久レースにおける
フォードとフェラーリの対決を描く。
セリフ部分は創作だが、
事実関係は実話に基づく。

フォード・モーターを率いるヘンリー・フォード二世は、
経営危機に陥っていたイタリアの自動車メーカー、
フェラーリの買収に乗り出すが、
創業者のエンツォ・フェラーリに
土壇場で破談にされてしまう。
エンツォは交渉に当たった副社長に
「ヘンリーは所詮二世。偉大な祖父には遠く及ばない」
と言い放ち、
その言葉を報告されたヘンリー二世は激怒し、
社の総力をあげてル・マンで
フェラーリを打ち負かすことを決意する。

マシン開発の依頼を受けたのが、
キャロル・シェルビー。
1959年のル・マンの優勝者だが、
心臓病のためにドライバーから身を引き、
引退後は自らの理想のスポーツカーを作るために
シェルビー・アメリカンを設立し、
経営者兼カーデザイナーとして成功した人物。

シェルビーは開発を担当するテストドライバーとして、
ケン・マイルズに声をかける。
あるレースの現場でシェルビーはマイルズと会い、
マイルズからスパナを投げつけられるが、
レースを見て、シェルビーはマイルズの優秀さを認めていたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

イギリス人レーサーのマイルズは、
イギリス軍を除隊すると、家族とともにアメリカへ移住し、
自動車整備工場を経営しながらレースに参戦していた。
マイルズの偏屈な性格もあいまって経営は楽ではなく、
税金の滞納から整備工場を差し押さえられる始末だった。

「わずか90日で王者フェラーリを負かすマシンを作る」という
シェルビーの野心的プロジェクトに
マイルズは心を動かされ、
一旦は引退したレースの世界に戻ることになるが・・・

という実話に基づく話を
虚実ないまぜにして、人間ドラマとして展開する。
巨大組織のフォードゆえに
あちこちから横槍が入るだろうというマイルズの危惧は的中し、
見映えが悪いという理由で、マイルズは外され、
挑戦したレースでは、
フェラーリが5連覇を達成したのに対し、
フォードは全車リタイアという惨敗を喫してしまう。

フォード本社にヘンリー二世を訪れたシェルビーは、
敗因は、会長と現場の間に何十人もの人間が入り込んで
情報伝達を阻害し
様々な部署から横槍が入るフォードの体制だと直言し、
会長は本気でル・マンに勝つ気があるのかを迫る。
ヘンリー二世はそれに応え、
プロジェクトを自らの直轄として指揮系統をシンプルかつ明確にし、
再度シェルビーに仕事を任せる。

ル・マンへの再挑戦のために
シェルビーはマイルズの家を訪問し、
取っ組み合いの喧嘩の末、
再び共闘が再開される。

殴り合う二人を見物するため、
妻のマリーが家の前に椅子を出して眺める
このシーンは笑える。

もう一カ所笑えるのは、
ヘンリー二世をマシンに乗せて高速で走り、
あまりの速さにヘンリー二世が泣きだしてしまうところ。

その場面を観たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/WbMJGYJkPqI

再びマイルズを外そうという動きに対して、
実績で示し、
いよいよ1966年の
ル・マン24時間耐久レースがスタートする・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、描き方がていねい。
そしてレースの疾走感が半端ではない。

クリックすると元のサイズで表示します

実にリアルにレースを体感できる。

そして、巨大組織のフォードの体質に闘いを挑む
シェルビーとマイルズに感情移入している自分がいる。
更に、男同士の友情、夫婦愛、父子愛も十分織り込む。
まさに非の打ち所のない映画である。

監督はジェームズ・マンゴールド
シェルビーにはマット・デイモン
マイルズにはクリスチャン・ベールが務め、
共に好演。

クリックすると元のサイズで表示します

音響の良い映画館での鑑賞をお勧めする。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/uOvwe25iCP4

拡大上映中。


タグ: 映画

ロサンゼルス旅行記Cカリフォルニア・アドベンチャー  旅行関係

今日はディズニーランドの向かいにある
カリフォルニア・アドベンチャーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

ところが大変。
昨夜、退園前のアクシデントで腰を傷め
左の腰の筋肉が延びてしまったために、
まっすぐ立つことが出来ません。
右側に傾いて、腰が折れ、老人の歩き方に。
なんとか体を真っ直ぐにしても、
1分と持ちません。

パークまでの20分のこの道が苦行に。

クリックすると元のサイズで表示します

何度も休みながら、
カリフォルニア・アドベンチャーに辿り着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、ディズニーの第2パーク。
日本で言えば、東京ディズニーシーに当たります。

クリックすると元のサイズで表示します

出来立ての頃、1度訪れたことがありますが、
その時は、園内をくまなく回りました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、そういう事情により、
入ってすぐのハリウッドランドに停滞。
ここだけは、必ず、と行ったのが、
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
ミッション・ブレイクアウト


クリックすると元のサイズで表示します

建物の形から分かるように、
タワー・オブ・テラーの
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー版。

クリックすると元のサイズで表示します

この建物に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じになっていて、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

乗り物に乗ると、
それが垂直落下。
体も荷物も宙に浮かびます。

ところどころで扉が開くと、
映画のキャラクターたちが迎えます。
一カ所だけ野外が見えるのは、
タワー・オブ・テラーの名残り。

動画を観たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/luFaiyTrASY?t=72

乗るライドによって、観える映像が違います。

https://youtu.be/IZ6bfEvFLU4?t=500

もう一つ。

https://youtu.be/-sw_OawLQ7o

↓オフィシャルで、画面がきれい

https://youtu.be/BL1Dd17ht80

叫び声を上げる写真が撮られており、

クリックすると元のサイズで表示します

みんな買わずにカメラにおさめます。

クリックすると元のサイズで表示します

出たところはお土産屋で、
娘はグルートの人形を買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

2回乗った後、
ハリウッドスタジオという場所で、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなのや

クリックすると元のサイズで表示します

こんなのを見て、

クリックすると元のサイズで表示します

モンスターズ・インクの乗り物。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものに乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなのを見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

時間が来たので、
「アナと雪の女王」の劇場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

3階建ての劇場で、

クリックすると元のサイズで表示します

ここから各階に。

クリックすると元のサイズで表示します

ベビーカーがすごい。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちの席は3階の一番前。
5千席はあろうという巨大劇場です。

クリックすると元のサイズで表示します

物語は映画のままに進行。

クリックすると元のサイズで表示します

レリゴーの歌の場面もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

衣裳の早変わりが見事。

クリックすると元のサイズで表示します

普通、こういうショーは30分程度ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

このショーはたっぷり1時間

クリックすると元のサイズで表示します

ブロードウェー版とは違いますが、
こちらも堪能。

クリックすると元のサイズで表示します

このステージの動画を観たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/KemIGG9qfgQ

その後、ブレイクアウトにもう一度乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

早めに退散。
夜の光のショー「ワールド・オブ・カラー」を観たかったのですが、
仕方ありません。

一角に造成中のエリアがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

名前から見て、アイアンマンがらみ、
アベンジャーズのアトラクションでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルに戻って一休みした後、
夕食は、ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真付きメニュー。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これがアメリカの夕食。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実は、このレストラン、
ホテルと提携していて、
ルームキーの裏が
15パーセント引きのクーポンになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

明日はユニヴァーサル・スタジオへ。





AutoPage最新お知らせ